日立オートモティブシステムズ株式会社/自動車部品の金型エンジニア(設計・製作・加工)(869802) の求人情報

mixiチェック
  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • 自動車部品の金型エンジニア(設計・製作・加工)
  • この求人に応募する
  • 検討リストに保存
閉じる
検討リストに保存しました。

日立オートモティブシステムズ株式会社

自動車部品の金型エンジニア(設計・製作・加工)正社員

残り5

業種 : 輸送用機器(自動車含む)
従業員数:39700名 設立:2009年7月 資本金:150億円(株式会社 日立製作所 100%) 本社所在地:東京都

情報更新日:
2016/09/09
掲載終了予定日:
2016/10/06
  • 業種未経験OK業種未経験OK
  • 完全週休2日制完全週休2日制
  • 急募急募

日立だからこそできる次世代に車づくりにチャレンジしてください!

日立の競争力を高めるモノづくりに挑みませんか。

ここがポイント!

  • 国内外約900社・社員数約32万の日立製作所グループ
  • 80年超の歴史を誇る自動車部品づくりで原点回帰
  • 素形材技術開発棟新設など金型づくりに本腰入れて挑戦
  • 自動車業界以外のエンジニアも歓迎します

募集要項

募集の背景

次世代自動車を先取りする開発力、自社製品だけでクルマ一台を作り上げられるほどの幅広い製品群とノウハウ――世界の自動車部品メーカーを相手に傑出したモノづくり力で勝負する、日立オートモティブシステムズ。

日立グループがグローバル展開を推し進める中、品質やコスト等の面で世界と戦える製品づくりを実現するため、金型の内製化を加速させていきます。今回はその最前線で活躍していただけるエンジニアを募ります。

仕事内容

◆金型設計(ダクタイル模型)・ダクタイル模型設計・金型設計の日程管理・工法開発・プロセス改善 ◆鋳造技術・造形技術開発・生型砂管理技術


経験やスキルに応じて、以下いずれかの業務を担当していただきます。

◇金型設計(ダクタイル模型)
・ダクタイル模型設計
・金型設計の日程管理・工法開発・プロセス改善
・CAE技術と融合した金型設計の開発

◇鋳造技術
・造形技術開発・生型砂管理技術
・鋳造欠陥(FCD)のメカニズム解析と対策検討
・超音波深傷調査など

求める人材

金型設計・製作・加工に関する実務経験があり、金型内製化に強い意欲と情熱を持って取り組んでいただける方


【具体的には】
●高専以上
●下記いずれかの経験をお持ちの方
L 金型製作(切削、研削、材料、放電、表面処理、組立・仕上、CAD/CAM/CAT)の経験
L 板金・ブレス金型設計(製品:センサーターミナル、積層モーターコア、バスバー)の経験
L 金型製作3次元CAD/CAM(切削、研削、旋削、放電)の経験
※業界不問。

【活かせる経験・スキル】
◎ダグタイル・ダイカスト・プレス・冷間鍛造・グラビティなどの知見
◎材料・熱処理・切削・研磨・材料・放電・表面処理などの知見
◎プレス金型CAD/CAMの知見(TOPsolid、SolidWorks)
◎3DCAD/CAMの知見(WorkNC、CimatronE)

勤務地

●福島県東白川郡棚倉町大字福井字一里檀1番地

※日立オートモティブシステムズハイキャスト(株)に出向にて業務を行っていただきます。

マイナビ転職の勤務地区分では…
福島県
勤務時間 8:00〜16:50
※フレックスタイム制勤務制度、育児・介護短時間勤務制度あり
給与

月給/207,000円(2016年4月/学部卒初任給実績)※左記が今回の採用における最低保証額です。
月給/230,500円(2016年4月/修士了初任給実績)

※年齢・経験・能力を考慮の上、当社規定により優遇いたします。

昇給・賞与 給与改訂/年1回
賞与/年2回(6月、12月)
諸手当 交通費全額支給
残業手当、家族手当、住宅手当など
休日・休暇 完全週休2日制 、年次有給休暇(勤続1年未満22日、勤続1年以上24日 ※特別年次有給休暇を含む)、年末年始休暇、リフレッシュ休暇など
福利厚生 各種社会保険完備
財形制度
年金制度
独身寮・社宅制度
カフェテリアプラン制度 など

この求人の特色

  • 急募
  • 業界経験者優遇
  • U・Iターン歓迎
  • フレックス勤務
  • 女性管理職登用実績あり
  • 産休・育休取得実績あり
  • 育児中の社員在籍中
  • 年間休日120日以上
  • 5日以上連続休暇取得可能
  • 完全週休2日制
  • マイカー通勤可
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 社宅・家賃補助制度
  • 交通費全額支給

会社・仕事の魅力

【PHOTO】佐和事業所

日立への信頼と期待に応える金型づくりの体現者に

1930年に自動車用電装品の国産化に着手して以来、高品質な各種自動車部品を供給し続ける日立グループ。最近は急速に進むクルマの電子化・電動化の流れを支え、世界中の自動車メーカーのグローバルなクルマづくりを牽引しています。

そんな私たちは今、よりよいモノづくりを実現する体制構築に向け、技術基盤の強化に取り組んでいます。特に金型などに使われるダイカスト/樹脂モールド/鍛造プレスなど「素形材」の技術蓄積は最注力すべきテーマのひとつ。

2012年11月には、茨城県の佐和事業所に「素形材技術開発棟」を新設。各種マシンも取り揃え「素形材工法技術」の開発を進める体制を整え、数年内には金型技術の海外展開も視野に入れています。その担い手として、金型づくりの知見を持つエンジニアを求めています。

万全の環境のもと、金型づくりの、そして素形材のプロとして世界を相手に手応えある仕事に打ち込んでいきませんか。

社員インタビュー

担当マネージャー

今回は金型づくりの技術力や知見を持った、即戦力となれる人材の応募に大きな期待を寄せています。国内外の完成車メーカーに供給する多彩な自動車部品に関する金型づくり、そして素形材工法の社内ナレッジの再構築がテーマです。サプライヤーなどで活躍中の方はもちろん、自動車業界以外で活躍する技術者も歓迎します。設計や製品開発のエンジニアと連携しながら、世界で戦えるモノづくりを実現するチャンスです。

会社情報

設立 2009年7月1日
代表者 社長執行役員&CEO 関 秀明
従業員数 39,700名(2016年4月現在)
資本金 150億円(株式会社 日立製作所 100%)
事業内容 自動車部分品及び輸送用並びに産業用機械器具・システムの開発、製造、販売及びサービス
本社所在地 東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
企業ホームページ http://www.hitachi-automotive.co.jp/

取材後記(マイナビ転職編集部から)

【PHOTO】厚木事業所

日立の自動車機器事業は1930年、自動車用電装品の国産化に端を発する。1964年には自動車機器事業部を設立し、旧トキコ・日立ユニシアオートモティブとの3社統合を経て、国内外で事業を拡大。2009年には、国際競争力の強化・意思決定の迅速化などを目的に日立製作所から分社独立し、日立オートモティブシステムズが誕生した。

同社は新生企業としての「開拓者精神」を武器に、80年超積み重ねてきた自動車機器事業の技術力と、日立グループが強みとするエレクトロニクス技術を結集。電子化・電動化が進む自動車業界をリードするシステムサプライヤーとして、全世界93拠点によるグローバル化を推進中だ。

そんな同社が、より一層の成長に向け、基盤技術領域である金型や素形材工法の開発を担う技術者を募る。専門部署も設立し、ダイカストマシンや様々な評価ツールも次々導入する中、モノづくりと真正面に向き合う手応え充分の仕事に挑めるはずだ。

応募方法

応募方法 ◆◇マイナビ転職の「この求人に応募する」よりご応募ください◆◇

できるだけ多くの方とお会いしたいと考えております。
当社に興味をお持ちの方は、ぜひご応募ください。!

*応募の秘密は厳守いたします。
*応募頂く個人情報は採用業務のみに利用し、他の目的での利用や第三者への譲渡・開示することはありません。
応募受付後の連絡 書類選考の結果は、応募受付後に応募者全員に
メール、もしくはお電話にてご連絡差し上げます。
採用プロセス ▼書類選考
お送りいただいた応募データをもとに書類選考をいたします。
*選考後、今後の面接日程などについてご連絡いたします。
  面接の希望日時等がある方は、ご相談ください。

▼1次面接

▼2次面接

▼内定

※応募は「株式会社才蔵」を通して受付させていただきます。
エントリー後の流れについては、株式会社才蔵よりメールまたは
お電話にてご連絡いたします。

問い合わせ先

日立オートモティブシステムズ株式会社

ホームページを見る
住所

〒 100-0004
東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル 【地図を見る】

採用担当 株式会社才蔵内 日立オートモティブシステムズキャリア採用事務局
E-mail
備考 お問い合わせはメールのみにて受け付けます。電話でのご連絡はご遠慮ください。

応募を悩んでる方にオススメ

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。