転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
採用担当者の質問には意図がある!面接でよくある質問の回答45例採用担当者の質問には意図がある!面接でよくある質問の回答45例

答えにくい質問仕事量や長所・短所に関する質問が想定されます。

  • 男女にかかわりなく、かなりハードな仕事になりますが大丈夫ですか?

    言葉のとらえ違いがないか確認したうえで、現実にどこまでなら対応できるかを伝える!

    採用担当者は、職務内容の理解度と仕事に対する意気込みを確認したいと考え、この質問をします。 採用担当者は、あなたの回答だけでなく表情や語調からあなたの気持ちをくみ取っています。
    男女分け隔てなく仕事を行う企業では、残業、出張、休日出勤といった業務が予測できますので、入社後に「こんなはずでは……」と嘆くことのないよう、面接時に職務内容について確認を行い、 「ハードというと、具体的にはどのようなイメージでしょうか?」など、どのようにハードなのか把握しておきましょう。

    お手本回答例

    会社やお客さまにとって必要な業務であれば責任を持って最後まで取り組みたいと考えておりますので、残業や休日出勤については問題ありません。
    仕事のハードさについては、具体的にどのようなイメージなのかつかめない部分もありますので、よろしければ教えていただけますでしょうか。

    ありがち失敗回答

    「たぶん大丈夫だと思いますが……」など、あいまいな回答は避けましょう。実際に残業などが難しい場合は、面接時にきちんと伝えておくことが大切です。

  • 長所について教えてください

    応募企業で求められている人物像をイメージして回答する

    粘り強い営業力を求めているのであれば、「私の長所は、粘り強く最後まで諦めないことです。前職では、30回お客さまを訪問し、最終的に大口の契約を取ることができました」と回答し、長所だけでなく具体的な経験事例を添えて回答してください。
    面接官は具体的な経験事例から、あなたの活躍する姿をイメージしますので、最後まで諦めないという長所であれば「3日間徹夜して納期を守った」、交渉力に優れているのであれば「他部署の協力を得て成果を上げた」など、インパクトのある事例を含めて回答してください。

    お手本回答例

    「仕事における人間関係の円滑化には協調性が必要だと思っております。また人の意見にも素直に耳を傾けることで、良好な人間関係を築いていくことができると思っております。前職では少し気難しい技術者とも、良好な人間関係を構築し成果を上げることができました」

    ありがち失敗回答

    「長所は粘り強さです」のみなど、経験事例がないとどうしても抽象的な表現になり、面接担当者の印象に残りません。

  • 短所について教えてください

    面接官の印象に強く残らない当たり障りのない回答を

    面接担当者は、短所が仕事にどのように影響するかを気にします。
    長所と短所は表裏一体と捉えて、短所が長所とも言えるような回答を意識してください。更に短所を回答するだけでなく、短所に対して改善意識を持って行動していることも合わせて回答すべきです。
    短所の回答から具体的なエピソードを求められることがありますので、事前に用意しておきましょう。

    お手本回答例

    「短所は、熱中してしまい時間を忘れてしまうことがありますが、時間管理をきちんと行うよう意識して行動しています」と回答すれば、長所として集中力があると受け取ることもできますし、短所を自覚して行動している点も評価できます。

    ありがち失敗回答

    「私の短所は短気なところです」と回答すれば、面接官は、既存の社員や顧客と問題を起こすのではと懸念を抱くかもしれません。

  • 将来的には転勤もありえますが大丈夫ですか?

    譲れない条件である場合はきちんと伝えることが必要

    転勤に関する質問は、自社の労働条件との一致はもちろん、自社の職務内容や事業への理解(全国展開している、全国拡大を予定しているなど)、また家族の転勤に対しての理解などを確認しています。
    転勤ができないにも関わらず、それを隠すのはリスクがあります。転職において「転勤が難しい」のであれば、双方のためにもきちんと伝えることをおすすめします。

    お手本回答例

    「全く問題ございません。入社後は転勤を経験することで御社の全体を知り、経験とスキルを身に付け、多くの方から学び仕事の幅を広げていきたいと思います」
    「はい、転勤は可能です。経験が浅いうちはさまざまな土地で生活を経験したいと考えていますので、転勤には積極的に応じていきたいと思っています」
    もし、何らかの事情で今すぐの転勤はできなくても、数年後は転勤可能な場合は、「現在は家庭の事情があり、入社後すぐの転勤は無理なのですが、1年後以降ならば転勤可能です」と回答すれば、転勤に対して柔軟性を示すことができます。

    ありがち失敗回答

    「家族と話し合わないと難しいと思います」「たぶん大丈夫だと思います」など、あいまいな回答は避けましょう。事業や職務に必要な場合、採用担当者は「自社の条件と一致しているのか」が判断できません。

このシーンの
ここがポイント

残業や出張、転勤など自身の転職先に求める条件で譲れないことであれば、HPや求人情報などで十分に調べたうえで、面接時に確認しておくことも大切です! また、長所や短所は面接であることを意識したうえで、自身のアピールになるような回答を準備しておくのが良いでしょう。


面接コーチが教えるあなたに合った想定質問と回答例
適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと