転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

QUESTION
職務経歴書に退職理由は書かない方がいい?
現在失業中で、職業訓練のパソコン事務科に通っています。しかし転職回数が多くネックに思っています。この年齢だったら何回くらいだと転職が多いという基準はあるのでしょうか?

自分と同じような相談者の方の内容を拝見したところ、「職務経歴書に退職理由は書かない方がいいです」と回答されていましたが、職業訓練では、職務経歴書を作成するときには退職理由も書いたほうがいいと言われました。

退職理由は、自分のスキルアップと経験を生かし、知らない分野の新たな知識や経験を得たい、という理由なども書かない方がよいのでしょうか? 職歴は一般事務が1年8カ月、医療事務が6年(歯科1年、病院4年、診療所1年)です。やはり、退職理由を書くと不利になるのでしょうか。

うさぎ(30歳 女性)

ANSWER
職務経歴書は、うさぎさんの職務能力をアピールするツールだと考えてください。ですから、一般的には、規定のフォーマットもなく応募企業にとってプラスになる内容を強調して記載することができます。退職理由においても、前向きで応募企業にとってメリットのある内容でしたら問題ありませんが、すべてが類似した理由で退職されている場合、採用担当者は、自社においても同様な理由で、すぐに辞めてしまうのではと懸念することがあります。

退職理由について、記載するか否かは、自由です。特に転職回数が多く、「自己都合による退職」とすべての企業に記載することで、転職回数が目立ちますので、この場合あまりお勧めしません。自分のスキルアップと知らない分野の知識と経験を得たいという理由は、やや曖昧な表現です。うさぎさんの場合、通算すると4カ所にお勤めのようですが、退職ごとに理由を書くのではなく、一般事務から医療事務に転職された理由と、医療事務からパソコンスキルを高め、今後実現したい具体的な目標と関連させた退職理由を記載されてみてはいかがでしょうか。

退職理由で企業が問題にすることは、自社においても短期で辞めてしまわないか、人間関係で問題を起こさないか、金銭面や行動で問題を起こさないかといった点です。職務経歴書はうさぎさんをアピールするツールですから、退職理由がアピール材料になるのでしたら、記載しても構わないと思います。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

この記事はいかがでしたか? ★をクリック!(必須)


適性診断を受ける
履歴書の添削を受ける

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 ITエンジニア
  • 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


シゴトサプリ