転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

QUESTION
退職を取引先に伝える時期は?
私は今月末で今の会社を退職しますが、いまだ担当営業先には挨拶に行っていません。上司に確認しても、「まだ言わないように」との返事です。担当先には今も普通に訪問しているのに、退職寸前に突然伝える状況になることが心苦しく、今後もどこでお世話になるかわからないと思うと、しっかり挨拶をしたいと思っています。

後任者や上司とともに挨拶に行くのが常識だと言われるのはわかりますが、直前過ぎることは失礼にならないのでしょうか?

aagoo(24歳 女性)

ANSWER
業種や営業職としての関わり方によっても退職の挨拶のタイミングは異なります。後任者にすぐ引継ぎができる業務でしたら、1週間前後に申し出ても、とくに問題はありません。営業先に伝えた時点で、先方の担当者は業務を後任者と進めるようになります。

早く伝えたいというaagooさんのお気持ちもわからないことはありませんが、営業先に伝える際は、後任者を紹介するか、今後の体制をきちんと説明することが求められます。退職寸前というのは、先方も驚かれると思いますので、上司の方に営業先に伝える時期を確認されてはいかがでしょうか。

挨拶をするまでに、きちんと引継ぎができるようにして、必要であればわかりやすく書面でまとめ、引継ぎをスムーズに行えるようにしてください。営業先にとって大切なことは、aagooさんが退職されることではなく、退職後も何の遜色もなく業務を継続できることなのです。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
松ナビ無職 自己責任診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ