転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

QUESTION
履歴書の虚偽記載を理由に内定を取り消されることはある?
私は大学を中退しています。転職活動の際、履歴書に「大卒」と書いて内定をもらいましたが、後日そのことが発覚し、内定を取り消されてしまいました。履歴書の学歴に虚偽の記載があったというだけで、内定を取り消されることがあるのでしょうか?

中退(30歳 男性)

ANSWER
虚偽の内容や程度によっての判断になるかと思いますが、企業は面接において能力、経歴、人格などを確認したうえで内定を出したわけですから、その内容に虚偽があれば、内定を取り消されることもあると思っていた方がいいでしょう。特にあなたが「大したことではない」と思っていても、企業にとっては重要な場合もあります。

例えば「大学時代、サークルの会長をしていたという話を面接時に聞き、リーダーシップがあると判断して採用したが、実際には会長の経験はなかった」場合、虚偽記載の内容が重要だとして、内定取り消しになることもあるわけです。もちろん、虚偽記載が内定の合否に影響を与えるような内容でなければ、内定の取り消しはできないとされた裁判例も過去にあります。

とはいえ、そもそも仕事とは信頼関係の中で進めていくものであり、虚偽記載という「嘘」をつく人を企業は信用しません。内定が取り消されてもやむを得ません。就職後に虚偽が発覚すれば、企業と内定者との信頼関係も途端に崩れてしまい、会社にも居づらくなります。ですから虚偽記載などせず、誠実な求職活動を行うことが大切です。

※この情報は2014年9月2日時点のものです。

社会保険労務士法人山本労務 代表 山本法史


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ