転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

QUESTION
求人広告に年齢制限を設けるのは違法では?
ある会社に応募したいと思っているのですが、求人広告に示された年齢制限をオーバーしているため、二の足を踏んでいます。ところで、求人に際してこのように年齢制限を設けることは法的に問題ないのでしょうか?

法律(36歳 女性)

ANSWER
雇用対策法第10条では、原則として「労働者が持っている能力を十分に発揮するために必要であると認められるときには、労働者の募集および採用について、その年齢に関わりなく均等な機会を与えなければならない」とされています。しかし、長期的に企業内で人材を育成していこうという観点から、若年層を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合は、例外的に年齢制限を設けることが認められています(雇用対策法施行規則第1条の3)。この条件に当てはまる場合、求人広告の年齢制限は違法ではありません。

とはいえ、年齢制限を若干オーバーしていても、いい人材だと判断され、採用される可能性はあります。求人広告に年齢などの応募条件を設定するのは、あくまで会社が求める人材の目安であり、その条件を満たしていないからといって絶対採用しないとは限らないのです。ですから、本当に入りたいと思うのであれば、自身の能力や経歴を分かりやすく相手に伝わるように書き出し、応募してみてはいかがでしょうか。

※この情報は2014年9月2日時点のものです。

社会保険労務士法人山本労務 代表 山本法史


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ