転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

IT関連技術職系 テクニカルサポート

IT関連技術職系のポイント
人間的な魅力でライバルと差をつける

技術力については、それなりの経験があれば一定レベルはクリアしていると判断されるので、基本的な技術やノウハウを細かく記載するよりも、実績・実例を挙げるほうがアピールとしては効果的だろう。資格など客観的評価基準が確立している職種だからこそ、ヒアリング、プレゼンテーションといった数値で表せない部分で、ライバルと自分を差別化しよう。英語力も武器になるので、根拠を示せるようTOEICや英検などの資格は持っておきたい。

求められるマネジメント力

経験者のPR方法としては、第一に得意分野を明確にすること。そして、第二に実績を示すこと。コンサルタントやマネジャー・リーダーに限らず、管理能力・資質があると評価は高いので、予算管理やスケジュール管理などのマネジメントのキャリアがあれば必ず記す。基本的には即戦力が求められるが、未経験から挑戦する場合は、開発分野のシステム利用経験やクライアント業界の知識をアピールしよう。

この職種に求められる能力とPR法

営業サポートや開発サポート、ユーザーサポートのほか、運用管理まで含む場合もあるので、基本的なミスマッチが起こらないよう、まずは職務内容をきちんと確認すること。 また、一見するとバックヤード的でありながら、その実、かなりのスキルを要する仕事であるため、テクニカルスキルは明確にしておく必要がある。

個別に見ればソフトウェアのインストールや環境設定レベルから、コンサルティングに近いレベルまでさまざまであるので、開発経験が少なくても語学力やコミュニケーション力を売りにしていくといった、ポイントを突いたPRができるはず。

※サンプル内にある にマウスを載せるとアドバイスが表示されます。
※「マイナビ転職」のWEB履歴書フォーマットに沿ったサンプルです。 ダウンロードはこちら。
職務内容は年表形式でまとめる

職務経験は、すべてを並列で記載すると成長が伝わりにくいので、時系列でまとめよう。長年同じ業務を続けている場合でも、担当替えや新しい方法の導入などの変化を節目にすると良い。

開発実績・環境は必須

開発実績や環境は、エンジニアのテクニカルスキルを示す最も的確な指標。必ず記載すること。

開発実績・環境は必須

開発実績や環境は、エンジニアのテクニカルスキルを示す最も的確な指標。必ず記載すること。

ビジネススキルやヒューマンスキルもPR

テクニカルスキルに比べると、ビジネススキルやヒューマンスキルは書きにくいし、忘れがち。だが、コミュニケーション力などは、大多数の企業が重視する能力とみなしているように、実はかなり重要な項目だ。裏付けも含めて、しっかりと書き込もう。

取得資格をPR

応募職種に役立つ資格は必ず記載しよう。取得できていなくても、現在継続して勉強している資格も記載することで意欲をPRできる。

業務外の経験やスキルは最後にまとめて

表彰や海外長期出張・後輩指導など業務外の経験も、プラス評価ポイントの1つ。せっかくの好材料を目立たせるためには、職歴の年表に入れ込むよりも、最後にまとめて書くほうが効果的だ。

職務経歴書欄
職務経歴書1
勤務先会社名 株式会社○○○○ソリューションズ
経験期間 20××年××月~20××年××月
勤務先業種 ソフトウェア・情報処理
勤務先資本金 5000万以上
勤務先従業員数 100名以上
経験職種 テクニカルサポート(ソフトウェア・ネットワーク)
雇用形態 正社員
年収実績 400~449万円
業務上のポジション マネジメント9名以下
職務内容 【職歴】
●20××年××月~20××年××月/セールスエンジニア
中小建設業向け自社製品(進捗管理システム、資材発注・管理システム等)のプリセールスおよびアフターサービス業務を担当。

●20××年××月~20××年××月/ビジネスアプリケーションSE
中小建設業向け自社製品のカスタマイズを担当。

<開発実績>
・資材発注・管理システム
・工程計画・管理システム
・重機配備・管理システム

<開発環境>
OS:Windows XP
データベース:Oracle9i
言語:Java

●20××年××月~20××年××月/テクニカルサポート
新規開発品をPCにインストールした際に起こる不具合の原因分析とデバッグを担当。


【習得スキル】
●コスト意識
グループリーダーを務めた労務管理経験により、常にコスト意識と効率改善を念頭に置いた業務を行うようになった。

●ヒアリング力
セールスエンジニアとして、数多くのお客様と直に接したことにより、的確にニーズを聞き出す勘所を身に付けている。このため、あるお客様からは、自分たちが意識していなかった部分までフォローしてくれたとの評価を得たこともある。

【資格】
●20××年、ソフトウェア開発技術者資格取得。


【特記事項】
●20××年××月~20××年××月
新入社員のOJT担当として、マンツーマン指導を行う。

●20××年××月~現在
開発サポートグループ(メンバー3人)のリーダーを務める。

適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ