転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

クリエイティブ系 WEB・インターネット関連職(ディレクター・デザイナーなど)

クリエイティブ系のポイント
作品では伝わらない部分を記載

一般的に個人のセンスや技量が問われる職種であるが、クライアントの要望を聞き出すコミュニケーション能力や、それに対応する柔軟性も求められる。職種に求められる能力・センスは、実際の作品を持参で判断されるので、応募書類ではスキル以外の能力、たとえば管理能力、新人育成能力などを印象的に記載するとよい。自身のブログやHPなどのURLを記載し、人間性をアピールしてもよい。

未経験者は「やる気」アピールも効果的

経験者の場合、クリエイティブ能力のほかに、企画力、プロデュース能力なども問われる。また、自分が強みとしている分野も明確にしておきたい。職務のなかで企画提案して実現させたもの、得意な分野に関する知識を、具体的に記載しよう。業務の繁忙期には激務になることも多い職種だけに、仕事に対する情熱や、自分の時間を犠牲にしてでも業務を遂行させる責任感や体力などをPRするのも有効だ。

この職種に求められる能力とPR法

HTML、フォトショップ、イラストレーター、フラッシュ等の技術に加えて、CGIやCSSといったスキルの他、コミュニケーション能力、WEBサイトの企画から制作まで一貫して携わったディレクション業務経験が求められることもある。前職における実務経験は作品を提示し、企業の経営方針、取扱業務に共感していることもアピールしよう。ディレクターを希望する場合は、得意とする専門分野だけでなく総合的なマネージメント能力があることを記載すること。

※サンプル内にある にマウスを載せるとアドバイスが表示されます。
※「マイナビ転職」のWEB履歴書フォーマットに沿ったサンプルです。 ダウンロードはこちら。
職務経験をわかりやすく記載する

複数の業務に携わってきた場合、経歴の流れをわかりやすく説明しよう。数値を用いると業務内容がイメージしやすい。

自分の強み・仕事への姿勢を
アピールしよう

応募職種で求められる業務を意識して生かせる強みや業務への姿勢をアピールしよう。具体的な事例を記載することで、信憑性のある職務経歴書になる。

WEBデザインの作品を紹介しよう

公開できる作品があれば、URLを記載して、アピールしよう。商用目的の場合、アクセス数や売上効果などを公表できる範囲で記載すると、採用担当者は、経験業務の規模をイメージしやすい。

退職理由を記載する

契約社員や派遣社員の場合、契約満了と記載することで、円満に退職したことをアピールできる。

数値を用いて職務内容をアピールする

応募職種で生かせる職務を強調し、公開できるアクセス数や反響データを記載しよう。

マネジメント能力を記載しよう

管理職としての経験がある場合は、どのようなマネジメントをおこなってきたか、具体的に記載する。応募企業で求められる能力を強調してアピールしよう。

ディレクターとしての強みをアピールする

経験者の場合、ディレクション業務で貢献したことを、具体的に記載しよう。未経験者であっても、今までの経験を通じて、能力を満たしていることを記載する。

具体的な作品を記載しよう

ディレクターとしての能力をアピールするために、公開できる具体的な作品を記載しよう。現在制作中で公開できないものは、記載しない。

使用できるスキルを明記する

使用できるスキルを記載し、応募企業で即戦力になることをアピールしよう。現在習得中のスキルも自己啓発としてアピールできる。求められるスキルを、募集要項できちんとチェックすることが大切だ。

職務経歴書欄
職務経歴書1
勤務先会社名 有限会社▲▲デザイン
経験期間 20××年××月~20××年××月
勤務先業種 広告・出版・印刷
勤務先資本金 300万円以上
勤務先従業員数 10名以上
経験職種 WEBデザイナー・コーダー
雇用形態 契約・嘱託社員
年収実績 150~199万円
業務上のポジション マネジメント経験なし
職務内容 【職務経験】
編集課(20××年×月~20××年×月)
・地域情報誌▲▲(求人・スクール紹介、発行部数10万部)の編集

WEB制作課(20××年×月~20××年×月)
・ 自社ホームページの作成・管理
・ ホームページ作成業務(月間平均4件)

WEBデザイン専門学校卒業後、地域情報誌の編集業務と共に自社ホームページの作成及び更新業務に携わりました。自社ホームページが好評のため、地元企業から制作依頼が増えるという相乗効果が生まれ売上に貢献し、20××年×月からWEB制作専任となりました。

【業務における強み】
お客様のご要望をお聞きするところから、企画・制作まで、ディレクション業務を一貫して行いました。特にお客様との打ち合せに時間を十分に取り、上司からは、依頼主の要望を的確に理解するという評価をいただくことができました。

【納期と品質を守る】
WEB製作専任スタッフが当初私1名であったため、品質を落とさず納期を守るためには、連日深夜までの作業が必要でしたが、幅広い実務経験を積むことができ、非常にやりがいを感じました。WEBサイトにおいては細かい改修が依頼主の売上に影響するため、修正・更新も短期間で対応することを心がけました。

【制作実績(一部)】
http://×××・・・×× (自社HP)
http://×××・・・×× (◎◎株式会社様)
http://×××・・・×× (△△商店様) 

【使用スキル】
HTML/Illustrator/Photoshop/Flash

【退職理由】
契約期間満了のため退職しました。
職務経歴書2
勤務先会社名 株式会社■■ネットワーク
経験期間 20××年×月~ (現在も就業中)
勤務先業種 インターネット関連
勤務先資本金 1000万円以上
勤務先従業員数 50名以上
経験職種 WEBプロデューサー・ディレクター
雇用形態 正社員
年収実績 500~549万円
業務上のポジション マネジメント9名以下
職務内容 【職種】WEB制作ディレクター
WEBデザイナーとして入社しましたが、実績を評価されて
20××年×月からWEBディレクターに昇格しました。

【職務内容】
・月間30万PV(20××年×月)を超える通販サイト「○○通販」の企画、デザイン、レイアウト考案等のディレクター業務
・新規コンテンツの企画・運営
・法人・企業のサイトデザイン、ディレクション(平均5社担当)
・SEO対策責任者

【ディレクターとしての実績】
「○○通販」の運営では、商品の魅力を伝えるための企画、コピー立案、運営全般に携わりました。顧客の興味や目を引くデザインと機能性を重視し、制作チームが一つにまとまるよう進捗状況を把握することに努めました。
コンテンツ企画では、顧客の要望を最大限引き出すためにヒアリングを重視するだけでなく、市場を分析し6カ月通算で150万PVを超えるサイトに成長させました。新規依頼についても、サイトデザインだけでなく、企画からディレクション業務までに携わり実績を伸ばしてきた経験から、WEB制作を全体像として捉えることができます。

【ディレクターとしての強み】
・コンテンツ企画・制作・販売促進まですべてに携わることができます。
・経験分野は、通販・占い・住宅情報等、多岐に渡ります。
・PVを伸ばし、企業の売上・知名度向上に貢献することができます。
・クライアントが期待する結果以上のものを制作することを信念としています。

【コンテンツ企画の実績】
ディレクターとして下記コンテンツ企画・制作・運営に携わりました。
「◎◎占い」 http://×××・・・××
「△△企業研究」 http://×××・・・××
「○○通販」 http://×××・・・××
「◆◆住宅情報」 http://×××・・・××

【使用スキル】
HTML/Illustrator/Photoshop/DreamWeaver/Flash/CSS

適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ