転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

クリエイティブ系 放送・映像関連職(プロデューサー・ディレクターなど)

クリエイティブ系のポイント
作品では伝わらない部分を記載

一般的に個人のセンスや技量が問われる職種であるが、クライアントの要望を聞き出すコミュニケーション能力や、それに対応する柔軟性も求められる。職種に求められる能力・センスは、実際の作品を持参で判断されるので、応募書類ではスキル以外の能力、たとえば管理能力、新人育成能力などを印象的に記載するとよい。自身のブログやHPなどのURLを記載し、人間性をアピールしてもよい。

未経験者は「やる気」アピールも効果的

経験者の場合、クリエイティブ能力のほかに、企画力、プロデュース能力なども問われる。また、自分が強みとしている分野も明確にしておきたい。職務のなかで企画提案して実現させたもの、得意な分野に関する知識を、具体的に記載しよう。業務の繁忙期には激務になることも多い職種だけに、仕事に対する情熱や、自分の時間を犠牲にしてでも業務を遂行させる責任感や体力などをPRするのも有効だ。

この職種に求められる能力とPR法

放送・映像関連の知識や経験が豊富であり、応募企業において短期間で即戦力となることを積極的に打ち出そう。具体的な番組名と、その評価を記載し、実績については具体的な数値で裏付ける。

企画力、制作過程で身に付けたこと、AD等に対するリーダーシップ、他のスタッフとのコミュニケーション能力、番組制作に対する責任感などを、エピソードを交えて記載することでアピールしよう。

※サンプル内にある にマウスを載せるとアドバイスが表示されます。
※「マイナビ転職」のWEB履歴書フォーマットに沿ったサンプルです。 ダウンロードはこちら。
担当した番組を記載しよう

担当した番組名や視聴率、制作に伴うエピソードを記載しよう。経験業務の規模や身に付けたスキルが、採用担当者に伝わる。 守秘義務を考慮したうえで記載しよう。

応募職種に関連する業務をアピールする

AD経験は放送業務の基礎といえるので、積極的にアピールしよう。 仕事に対する姿勢などを、具体的に記載することで、職種や業界に対する熱意をアピールするのも有効だ。

臨機応変さをアピールする

放送や映像関連の職種では、緻密な企画力や構成力だけでなく、突発的な事態や、実現困難な企画への対応が求められることも多い。即戦力を感じさせるエピソードを記載しよう。

企画力、リサーチ力をアピールしよう

番組を制作するうえでの企画力、リサーチ力のを客観的に裏付けるためには、視聴率や評価を記載しよう。

人間性が伝わるエピソードを

担当した番組を羅列するだけでは伝わらない、人間性を感じさせるエピソードで、リーダーシップやクリエイティブ職としての奥深さもアピールしよう。

職務経歴書欄
職務経歴書1
勤務先会社名 ◎◎制作株式会社
経験期間 20××年××月~20××年××月
勤務先業種 放送・新聞
勤務先資本金 5000万円以上
勤務先従業員数 100名以上
経験職種 アシスタントプロデューサー・アシスタントディレクター・進行
雇用形態 契約・嘱託社員
年収実績 200~249万円
業務上のポジション マネジメント経験なし
職務内容 【職種】
アシスタントディレクター(AD)

【担当した主な番組】
・テレビ◎◎
「明日の日本」(ドキュメンタリー)

報道番組の要素を盛り込んだ政界関連のドキュメンタリー番組でしたが、深夜帯にも関わらず、視聴率6.5%を確保しました。

・■■放送
「飛べ・明日香」(ドキュメンタリー)
「笑って毎日」(バラエティ)
「あなたを知る」(バラエティ)

「笑って毎日」は、初めてのバラエティ番組でしたが、番組制作スタッフのチームワークも良く、当初正月特番だったものが、6カ月のレギュラー番組になりました。

・◎◎放送
選挙報道特別番組(報道)
「頑張れ! 頑張れ!」(バラエティ) 他

「頑張れ! 頑張れ!」は、週1回の放送を6カ月間おこないました。このなかで、ディレクター指示のもと、VTRも担当しました。

【仕事の姿勢】
配属当初は、ディレクターが求めていることが把握できず戸惑いもありましたが、3カ月目に「飛べ・明日香」の制作に携わるようになってからは、番組制作の全体像を描きながら積極的に行動できるようになりました。
「言われる前に自ら動く」を信条として業務に携わりました。

番組制作では、事前のリサーチを徹底しておこない、積極的にフィードバックを行いました。また、プロデューサー、放送作家、ディレクターの円滑な業務遂行のために、雑用に小まめに対応しました。小さなことですが、チームの一員として、高視聴率獲得に貢献できたと自負しております。

*退職後20××年×月~20××年×月まで、ニューヨーク在住の放送関係者の友人宅に滞在し、英語力と米国放送事情について学びました。
職務経歴書2
勤務先会社名 株式会社◎◎◎◎
経験期間 20××年×月~ (現在も就業中)
勤務先業種 放送・新聞
勤務先資本金 5000万円以上
勤務先従業員数 300名以上
経験職種 ディレクター・プロデューサー(編集・制作系)
雇用形態 正社員
年収実績 450~499万円
業務上のポジション マネジメント10人未満
職務内容 【勤務先概要】
テレビ、有線放送における番組制作会社

【職務担当】
ディレクター

【職務内容詳細】
・番組の企画立案・事前リサーチ・プレゼンテーション
・演出・撮影・編集

【携わった番組】
・◎◎放送
「ニュース△△」(現在も放送中)
*報道番組のため、取材からVTR編集まで、常に時間との戦いが要求されます。速報が入った場合、番組編成を瞬時に修正することもあるため、予測できない状況にも冷静に対応する能力が鍛えられました。

・△△放送
「面白テレビ No.1」(20××年×月~20××年×月放送)
*一般視聴者参加型の番組のため、事前の打ち合せに時間をかけました。企画では、視聴者が興味を持つテーマを放送作家と共に模索し、特にタレント◎◎が出演した、「呼吸で痩せる」をテーマにした放送では、視聴率10.9%をマークしました。

・■■放送
「ドキュメンタリー 日本の技術」(20××年×月×日放送)
*日本の技術力をテーマに、企画構想から制作まで3カ月間を費やしました。近世以降から現代までの日本発祥の技術を、アニメーションを交えることで大人から子供までが楽しみながら理解できるように構成し、視聴率9.5%をマークしました。

【ディレクターとしての姿勢】
ADへのリーダーシップを常に意識して行動しています。相手の立場になり共感したうえで、「誉める」「叱る」「指導する」といったメリハリを明確にしています。また他のディレクターとのコミュニケーションを重視し、常に互いに協力可能な体制を築いています。

放送に携わる人間として、制作に関しては妥協せず、視聴者に対する責任感を持って番組を制作していきたいと考えています。

適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ