転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職した300人に聞きました! 転職活動「正直しんどかったこと」ベスト5 転職活動中は、応募書類の作成や面接対策など、お金と時間のやりくりに頭を悩ませることもしばしば。今回は、転職した300人にアンケートをとり、「正直しんどい……」と弱音を吐きたくなった転職活動中の悩みベスト5を発表します! それを乗り越えた転職経験者の体験談や、マイナビエージェントのキャリアコンサルタントのアドバイスも併せてご紹介! 転職活動真っ最中の方も、転職活動をこれから始めようとする方も参考にしてみてください。

1位
不採用通知に落ち込み、メンタルの安定が保てない

不採用通知に落ち込み、メンタルの安定が保てない

転職活動中にメンタルの安定を保つことが難しかったという意見が圧倒的な1位。どんな状況であれ、不採用の通知には落ち込みますよね……。

私はこう乗り越えた! 転職経験者の体験談

  • 落ちた時に、反省はしても出来る限り落ち込まないように、「縁がなかったのだ」と無理矢理にでもあっけらかんと開き直るようにした。(25歳 女性)
  • メンタルを安定させようと、遊べる時は思い切り遊び、ストレス解消を心掛けた。(24歳 女性)
  • 転職してやりたいことをリストアップしてテンションを上げた。(26歳 女性)

キャリアコンサルタントのアドバイス

「不採用」はあなたの否定ではない

転職活動を経て、結局、入社できる会社は1社だけです。応募したすべての会社に内定するわけではないのですから、不採用になるのは自然なこと。不採用通知が来ることは、むしろ転職先企業とのミスマッチを防ぐことができたと考え、気にしないことがベストでしょう。不採用通知をもらっても、それはあなた自身の否定ではありませんので、自信を持って転職活動を続けてくださいね。

2位
情報収集や書類作成に十分な時間がとれない

情報収集や書類作成に十分な時間がとれない

転職活動中、時間がなくて書類が出来ないまま、いつの間にか募集が終わっていた…… なんてことはありませんか? 特に在職中の転職活動の場合、休日の限られた時間しか余裕がないという声も。

私はこう乗り越えた! 転職経験者の体験談

  • 通勤の時間でなるべく求人情報を探すようにした。(28歳 男性)
  • 遅くまで残業をして、誰もいなくなってから会社で書類を作りました。(37歳 男性)
  • 休憩時間や空いた時間を利用して効率良く調整、情報収集しました。(37歳 女性)

キャリアコンサルタントのアドバイス

時間をかけなくてもいいものはできる!

求人情報が掲載されたメルマガのチェックや、応募先企業の情報収集は、スマートホンなどで、なるべくスキマ時間を見つけてやっておくと良いでしょう。
応募先企業の情報は、新卒用の採用サイトに分かりやすくまとまっている場合が多いので、転職者も参考になります。また、書類作成のための自己分析はツールやセミナーを活用して、効率的に進めていきましょう。マイナビ転職であれば、転職スタートアップセミナーや適性診断のツールが役に立つはずです。

3位
現職の仕事をうまく調整できず、面接の日程が決まらない

現職の仕事をうまく調整できず、面接の日程が決まらない

在職中の転職活動では、時に現在の仕事の就業時間中に面接が設定されることもあります。 そうした時に、うまく仕事の調整をしないと、面接をリスケせざるを得ないことも。

私はこう乗り越えた! 転職経験者の体験談

  • 面接日が近づくにつれて、咳をしたり「最近熱っぽい……」と口に出してみたりと、休んでも仕方ない雰囲気を作り出しておく。(29歳 男性)
  • 会社にはアポイントと言って外出し、面接を受けに行った。(27歳 男性)

キャリアコンサルタントのアドバイス

転職活動を始めたその日から少しずつ根回しを

面接日の度重なるリスケは応募先企業への印象が悪くなる場合があるので、約束した日には必ず面接に行けるよう調整しなければなりません。転職者の方の中には、後輩育成を積極的に行うことで担当業務を他メンバーに移管したり、業務効率化を図るなどして、転職活動の時間を捻出されている方も多くいらっしゃるようです。転職をしようと決めたその日から、少しずつそうした根回しをしてみると良いですね。

4位
思わぬ出費がかさみ、お金がない

思わぬ出費がかさみ、お金がない

転職活動は意外とお金がかかるもの。いったん退職した後に転職活動を行う場合は、生活費を含めた資金計画をきちんと練らないと、転職活動すらストップという状況も。

私はこう乗り越えた! 転職経験者の体験談

  • どうしても削れないところは、貯金を切り崩して使っていました。転職活動前に少しでも貯めておいて良かったです。(26歳 女性)
  • 退職後に転職活動しようと決めていたので、失業保険の給付について調べ、退職後に手続きをした。(30歳 男性)
  • 転職活動中、電車の利用はなるべく避け、移動は自転車をメインにした。収支を把握し、使途不明金がないよう心掛けた。(32歳 女性)

キャリアコンサルタントのアドバイス

まとまった金額を事前に用意しておこう

退職後の転職活動の場合、資金として、月給の2〜3カ月分は用意しておいたほうが良いと言われています。在職中でも、面接用のスーツを買ったり、履歴書用の写真撮影費や交通費が出費として予想されるため、ある程度は用意しておくとベター。遠方から面接を受ける場合、企業と相談のうえで電話やテレビ会議システムを利用した面接に切り替えることができる場合もあります。IT系の企業などで実例があるので、相談してみるのも良いでしょう。

5位
周囲にバレずに転職活動するのに一苦労

周囲にバレずに転職活動するのに一苦労

在職中の転職活動の場合、面接に行くための服装や有給のとり方でバレてしまうかも……? いかに周囲に内緒で転職活動をするか、苦労をした転職経験者は少なくないようです。

私はこう乗り越えた! 転職経験者の体験談

  • 普段以上に仕事をこなして、転職活動をしていることを気づかれないようにした。泊まりがけで面接を受けに行く場合は知人の結婚式や旅行などと嘘をつき、職場に土産を持って行くようにして気づかれないようにしました。(33歳 男性)
  • 職場にスーツを着て行く日を増やして、面接用の小ぎれいな格好をしていても違和感がないようにした。(29歳 女性)

キャリアコンサルタントのアドバイス

面接は、スーツでなくてOKの場合も

面接のためのスーツをコインロッカーなどに預けて行くという方もいらっしゃいますが、企業によっては、現在の職場にスーツを着て行くと転職活動がバレてしまうという事情を説明すれば、私服で面接していただける場合もあります。また、ビジネスカジュアルであれば面接時の服装はスーツにこだわらなくてもいい場合があります。まずは応募先の企業に相談をしてみてください。

吉田陽子さん

アドバイスをいただいた方

マイナビエージェント キャリアコンサルタント吉田陽子さん

就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービス、「マイナビエージェント」のIT業界専門チームに所属。ITエンジニア、IT営業、Webクリエイターを中心に数多くの転職者をサポート。一番大切にしているのは、求職者一人ひとりに合った転職を実現させること。

この記事はいかがでしたか? ★をクリック!(必須)


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 ITエンジニア
  • 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


オフィシャルBOOK
シゴトサプリ
メカラボ