転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

働きウーマン賢い転職のススメ vol.6 新しいスタートに向けて

転職先が決まったら、円満退職に向かって行動を 新しい会社に、フレッシュな気持ちで向かいましょう
vol.1からvol.5までを実践して、「いい転職先が決まった!」という方も油断は禁物。今の会社をキレイに退職して、転職先でスッキリと新しいスタートを切れるよう、オトナの去り方が肝心です。退職の方法は、下に挙げるポイントを参考に、それぞれの性格や環境に応じてアレンジしてみてください。そして、新しい会社でも皆さんのキャリアやスキルを発揮できるよう準備をしましょう。
“立つ鳥跡を濁さず”スムーズな退職のために
今の職場に迷惑をかけずに転職活動をするには

今の会社に内緒で転職先を探しているときは、真面目な人ほど罪悪感をおぼえやすいもの。でも、そこはキッパリ割り切ってOK。面接があって残業できないときは、事前に「用事があって」と前振りをしておいて、上手に抜け出すのもひとつの方法です。役員面接など時間指定がある場合は、思い切って有休にして臨んでも。

イラスト
今までの仕事をスムーズに引き継ぐには

内定をもらったら、自分の担当業務のマニュアルづくりをしておきましょう。退社する際は、それを渡せばスムーズに引継ぎができますし、今の会社に残ると決めたときも、業務を再確認するいいきっかけになります。また、後任が決まらないなどで引継ぎがうまくできなかったとしても、それは会社側の役割なので気にせずに。

就職先が決まって、今の会社に辞意を伝えるタイミングは

辞意はできるだけ早く直属の上司に伝えます。一般的には1カ月月前が目安となります。強く引きとめられそうなときは、「実は近親者の介護も必要となってしまい」など上手な理由を用意する方法も。また、まれにあるのが転職先の内定取り消し。口約束だけでなく、採用通知や内定通知はしっかりもらいましょう。

辞めるときのスマートな気くばりの仕方

転職が決まるとうれしくて、どうしてもハイテンションになりがちですが、目立つ言動は避けて平常心で過ごすことが大切。お世話になった方にはきちんと挨拶をし、トラブルがあった人にも社会人として最低限の礼儀は欠かさないようにします。過去に辞めた人や、辞めようとしていた人の行動はとても参考になるので、思い出してみて!

前職の同僚や上司との関係の築き方は

会社を辞めた後でも何らかの形で付き合う可能性がある場合は、礼を失しないようにします。仕事を教わった上司や自分を理解してくれる方々には、今後も仕事の相談をしたり、転職活動において、推薦人が必要な時にお願いをすることも。年賀状など季節のご挨拶を忘れず、つながりを持っておくといいでしょう。

“郷に入りては郷に従え”新しい会社に馴染むコツ
新しい職場に少しでも早く馴染むには

大部分の人は、転職後3カ月の間に「こんなはずじゃなかった!」と壁にぶつかるもの。新しい職場の空気をすばやくキャッチし、自分という人間を周りの人たちに理解してもらうために、いろいろな人と分け隔てなく話してみましょう。入社して間もない時期は社内の人とのグチやうわさ話は厳禁! 不満があったら社外の信頼できる友人と話してリフレッシュを。

イラスト
新しい職場のルールを早く見つけるには

新しい環境で実際に働き出すと、今まで常識だと思っていたことが通じないなど、カルチャーショックを受けることが多くあります。今までの自分をリセットし、前職との違いを愉しむくらいの余裕を持って!最終面接のときに、自分が働く予定の居室を見せてもらっておくと、何となく職場の雰囲気がわかるので、転職後の違和感はグンと減るはず。

自分の実力不足を感じてしまったら

新しい職場では、「がんばって成果を上げなければ」と気負いがち。しかし、周りは意外と「初めてだし、できなくて当たり前だよ」と過度な期待はしていなかったりします。できないのにムリをして間違えてしまうより、素直に聞いてスキルを身に付けましょう。また、前職のやり方と違っているときは、しばらくは転職先のやり方に従って。

面接時に提示された条件や待遇と違っていたとき

もしも入社後に給与面や職種、配属先などが面接時に提示された内容と違うと感じたら、まずは直属の上司に相談し、人事に問い合わせてもらいましょう。このようなことがないように、面接が2回目・3回目になった時に「前任者の方の残業時間はどうでしたか?」などと工夫した質問をしたり、内定した段階で女性社員に会って話を聞くなど、しっかり確認を。

「仕事内容が合わない」と感じたら

vol.1で作った“不満な気持ちのリスト”を思い出して! 自分が何を望んでいて、譲れないものは何かを見つめ直してみましょう。どうしても我慢できないことでなければ、経験してみると意外なスキルが身につくなどのメリットも。どうしてもダメだと思ったら、ある程度次へ向かうエネルギーが残っているうちにまた転職を……という決断もアリかも。

advice 転職活動は、自分を見つめ直すいいチャンス!

転職活動は“知的トライアスロン”だと思うんですね。「自分はどうありたいのだろうか?」からスタートして、自分に合った求人探し、そして最終面接。この経験では、情報収集力・コミュニケーション能力・瞬時の判断力など、さまざまな力が要求されます。自分の持っている力を集約して向かわなければならないので、もちろんしんどいことも多いのだけれど、 “自分自身を見直しする”本当にいいチャンスだと思います。

ただ、転職を目指すその前に、ぜひ一度トライしてほしいこともあるんです。それは、“自分の手で、今の職場の環境を変えてみる”こと。いま、さまざまな制度が整っている会社も、最初からそうではなかったはずですよね。そこには必ず、フロンティアとしてがんばった先輩たちがいます。自分で環境を作るという活動は、業務改善と同じ能力が必要なので、大きなスキルアップにもつながると思います。

これから転職を目指す皆さんには、vol.1の特集を思い出して“自分がどうありたいか理解する”ことを大切にしてほしいですね。同じ女性であっても、それぞれの考え方によって働き方も変わってくるはず。そしてそこからもう1歩広げて、女性だからというだけでなく“いち個人として働く”ということを考えていきましょう。個人は“自分が何を求めているか”にもとづいて、力を充分発揮できる会社を選ぶ。会社は“今後どういう方向に向かうのか”のビジョンを提示する。それができれば、会社と個人の双方にプラスになる、本当に働きやすい職場環境が生まれると思います。

錦戸かおりさん 錦戸かおり(にしきど かおり)さん
キャリア・カウンセラー/セミナー講師
13年間、個人と企業を結ぶ仕事に従事した後、03年に「がんばれ工房」を設立。6000人以上の転職相談の経験から、転職するのがベストの選択かどうか、生き方・働き方から共に考える転職相談を行っている。 一人一人と長いお付き合いをすることで、キャリアのホームドクターとして活動中。

pick up 男性の育児休暇取得を推進し、男女共に活躍できる会社を目指す企業 株式会社ココロ 人事部から
男性の育児休暇取得を推進し、男女共に活躍できる会社を目指す企業
COCOLO

男性・女性を問わず、個人が自分のありかたを考え、会社がビジョンをしっかり提示する、“本当に働きやすい環境づくり”にトライしている会社をご紹介します!

株式会社ココロ 人事部から 

当社が大切にしているのは、“社員の幸せと公平を考える”ということです。例えば育児休暇や介護などは、女性だけでなく男性であっても避けて通れない問題で、それを応援していくことは、企業として必要不可欠だと思っています。実際に、製造部門の要となるリーダー格の男性社員が、育児休暇を取ったという例もあるんですよ。

男性の育休は初めてのケースで、彼も最初は「絶対にムリだろう」と思っていたようです。そこで代表と話し合うことになったのですが、そのときには「社員が1人欠けてまわらなくなってしまうようでは、企業とは言えない。残された社員のスキルアップにもいい機会だ」「法律で認められた大切な権利を、願いがあれば否定できない。夫婦の結論を尊重する」という見解を示したということです。やはり当初は戸惑いもありましたが、担当者が協力し合い、仕事の移行など充分な引継ぎをして欠員を乗り切りました。休暇を取った本人も、素晴らしい育児体験ができたようですし、他のメンバーのスキルも上がり、個人と企業の双方にメリットのある経験になったと思いますね。

back_b
担当者Yの目
今回は最終回ということで、キャリア・カウンセラーの錦戸かおりさんから新しくスタートする皆さんへ心強いメッセージをいただきました。転職活動では自分の持つ様々な能力を発揮する場でもあるので、転職だけでなく人間的にも大きく成長するきっかけになるのだと思いました。

6回にわたって、女性の皆さんへ賢い転職に役立つ情報を連載して参りました。この連載が、皆さんのこれからの転職活動に大きな力となりますようにと願っています。
INDEX
vol.1 まずは気持ちを整理整頓!
vol.2 転職に便利な情報・サービス
vol.3 働く女性の意識大調査!
vol.4 働きやすい会社の見分け方1
vol.5 働きやすい会社の見分け方2
vol.6 新しいスタートへ向けて

この記事はいかがでしたか? ★をクリック!(必須)

バックナンバー

vol.5 働きやすい会社の見分け方2

働く女性が出産・育児を経験したあとも働き続けるためには、育児休暇や復職制度などのサポートが不可欠。でも読者アンケートでは、57%もの人が「今の会社で...

vol.4 働きやすい会社の見分け方1

さて、いよいよ女性にとって働きやすい会社の選び方です。今回は、「vol.3 働く女性の意識大調査!」でも取り上げた“職場における男女格差”をクローズ...

vol.3 働く女性の意識大調査!

「vol.1 まずは気持ちを整理整頓!」「vol.2 転職に役立つ情報・サービス」はご覧になりましたか? 前回までのステップで、自分が"働くこと"に...


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ
  • 女性のおしごと