様々な企業担当者と出会うチャンスをお手伝いする、マイナビ転職主催の転職フェア・イベント情報のご紹介です

マイナビ転職EXPO 講演レポート
会場風景1

JR東日本の「変わらぬ使命」と
「無限の可能性の追求」

東日本旅客鉄道(JR東日本)
人事部ダイバーシティ推進グループ 課長 齋藤 俊樹

[プロフィール]1998年4月 東日本旅客鉄道(株)入社。駅および乗務員業務に従事/2000年9月 支社営業部にて駅業務の効率化などを担当/2002年12月 本社人事部にて賃金制度・システムの構築などを担当/2008年6月 乗務員区にて社員管理などを担当/2010年2月 本社人事部にて人事・賃金制度見直しのプロジェクトに従事。現在は制度の見直しおよび採用業務を担当している。

JR東日本が目指すモノと4つの事業について

当社は毎年約1,700名の人材採用を行っており、その内30〜40%が社会人採用となっております。今日ここにお越しの皆さんにもぜひ、その転職先の選択肢の一つとして加えていただければと思います。

まず始めに、当社がどんな会社で何を目指しているのか、ということを改めてご紹介させていただきます。JR東日本は、ご存じの通り関東から甲信越・東北までを統括する鉄道会社です。70線区・7,512.6km・1,700駅・従業員数5万9,370名・グループの売上高2兆6718億円といった規模になります。2012年秋に“グループ経営構想V 限りなき前進”という新しい経営構想を発表しました。これを支える2つの重要な柱が“変わらぬ使命”と“無限の可能性の追及”と言うことになります。それらを経て、事業の持続的成長を目指していきたいと考えています。

“変わらぬ使命”には、3つの基本的な方向性があります。「究極の安全に向けて〜災害に強い鉄道づくり」「サービス品質の追及〜鉄道ネットワークの拡充」「地域との連携の強化〜震災からの復興、観光流動の創造と地域の活性化」です。
また“無限の可能性の追及”についても、「技術革新〜エネルギー・環境戦略の構築、ICTの活用、高速化」「新たな事業領域への挑戦〜グローバル化」「人を伸ばし、人を生かす企業風土づくり」といった3つの目標があります。
これらを進めるうえで、もう一つのコンセプトワードが生まれました。それが“地域に生きる。世界に伸びる”ということ。私たちはこの実現を目指しながら、より大きく、強い会社へと成長していきます。

JR東日本の事業は、大きく“鉄道”“生活サービス”“IT・Suica”“鉄道製造”という4つに分かれます。まず“鉄道”は、先ほどの“変わらぬ使命”と“無限の可能性の追及”に最も深い関係があります。ここで目指すのは、「究極の安全」「ネットワークの充実」「観光立国・インバウンド戦略の推進」「技術革新」「グローバル化」。さまざまな側面から当社の基幹事業である鉄道を、より意味のあるものへと育てていく覚悟です。次に“生活サービス”について。ここでは駅を中心とした街づくりを進めています。具体的には、ターミナル駅を中心とした駅の機能性の向上と、首都圏を中心に各ターミナル駅を中心とした街づくり。その中で、新たな人の流れを創出して地域を活性化させることが、私たちの役目だと考えています。そして、“IT・Suica”。鉄道だけでなく、エキソトやコンビニエンスストアなどでの活用を推進しています。また、2013年の春からは、ほぼ全国の鉄道会社で使える、IC乗車券としてもその利便性を向上させることができましたので、その効果にも期待が掛かっています。そして最後に“鉄道製造”。ここでは新たな事業領域のへの挑戦として、2011年に自社の総合車両製作所であるJ-TRECを設立。これまで培ってきたノウハウを生かして、主に海外への事業展開を計画しています。

大きな事業を支える、日々の小さな積み重ね

会場風景2

このように私たちの事業は大変大きく多岐にわたりますが、仕事という観点から見ると、決して派手なものばかりではありません。“列車を走らせて、安全に、正確に、快適に、お客さまを目的地までお連れすること”と“鉄道を中心にお客さまの生活をより便利で豊かにすること”が当社で働く私たちのミッションです。そのためには、社会インフラを支えるという使命感を持って、多彩な事業のフィールドで、6万人の人材のチームワークを発揮して働くことが重要だと考えています。

具体的な職種についてもいくつかに分かれます。まず“技術”。一言で技術といってもさまざまなフィールドがあります。鉄道運行に直接携わる部分としては、保線・保守土木、列車制御システム・電力設備・情報通信、車両のメンテナンスから製造・開発。駅でいえば、Suica・出改札機器・空調などの新調・改良・メンテナンス。また大きくは、駅などの大規模建設プロジェクトの建設工事や、安心して快適にご利用いただける街づくりにおける建築なども“技術”が求められる仕事です。
“駅”での業務については、大きく2つに分かれます。切符の販売や案内などの接客と、車両の運転や信号の操作など、車両運行に関わる仕事です。さらに“鉄道営業”と呼ばれる業務もあります。これは、東京圏・東日本に広がるネットワークを活用して、人の流れを創り出すための仕事。地域と連携した観光開発やターゲットに応じた営業戦略、安全で快適なサービスの追及などを行っています。
その他、一般的な企業と同じように、経営企画・総務・財務・人事といった部門もあり、特にこれらの部署では社会人採用も多く、教育・研修制度の確立やワークライフプログラミング、技術アカデミーによる意欲ある若手社員の啓発など、さまざまな取り組みを行っています。

当社の選考の際、ポイントとなるのは2点。「どの分野であなたの能力を生かしたいか」と「どのエリアに密着して働きたいか」という点です。2012年度は、約600名の社会人採用を行い、すでに重要な仕事を任されている方も大勢いらっしゃいます。皆さんにもぜひ、経験を生かして当社でご活躍いただきたいと考えています。ありがとうございました。

講演レポートのTOPへ戻る

他の講演を読む