様々な企業担当者と出会うチャンスをお手伝いする、マイナビ転職主催の転職フェア・イベント情報のご紹介です

mixiチェック

マイナビ転職EXPO 講演レポート
会場風景1

BPO人材ソリューションとしての成長戦略
〜BPOサプライヤーオンリーワンを目指して〜

キャリアリンク
代表取締役社長 成澤 素明

[プロフィール]2000年にキャリアリンク株式会社に入社。2007年に営業部長、2010年に取締役営業本部営業部長、2012年には取締役営業本部長を経て、2013年より代表取締役社長に就任し、現在に至る。

ニーズが高まる“BPO”を強みに、さらなる成長を見込む

皆さまはじめまして。キャリアリンクの成澤と申します。本日は、弊社の特徴と皆さまのキャリアビジョンを重ね合わせる機会になったら幸いです。『BPO人材ソリューションとしての成長戦略』というタイトルですが、“BPO(Business Process Outsourcing)”という言葉を初めて聞く方もいらっしゃるかもしれません。弊社は人材派遣・紹介の総合サービス企業であり、競争力を高めるためBPOに着目しています。

会社の概要・沿革・業績について簡単にお話しします。1996年設立と業界では後発に当たる会社で、最初は事務やコールセンターなどへの派遣が主体でした。2004から2005年までは土台作りの時期。2007年にBPOをスタート、おととしに東証マザーズ上場、昨年には東証二部に変更、現在は一部上場を目指して努力しています。従業員数は450名強、派遣登録者は約23万人です。

主な事業は4つ。主力であるBPOとはビジネスのプロセスを外部委託することで、官公庁や公共団体、民間企業の業務を設計から委託まで担う、成長が見込まれている分野です。弊社単独またはBPOベンダーから受注し、高付加価値な人材派遣を行っています。世の中の企業は景気に左右されますが、弊社の強みは官公庁や自治体などの内需であること。一方で民間企業向けの高付加価値人材サービスでもパイオニアとして期待されており、引き合いも増えています。人材派遣と聞くと何かと大変そうだと思われますが、ユニークな会社ですので、ぜひ話を聞いてください。

次に、BPOに関する事業環境のお話をします。こちらは、総務省発表の地方公共団体の職員数を示したグラフです。2000年を皮切りに減っているのが分かりますが、仕事そのものが減っているわけではなく、外部への委託が進み、固定費を減らしている方向です。こちらはBPO市場規模の推移と予測のグラフで、IT系・非IT系の双方で拡大基調にあります。

今後マーケットがどう拡大していくかですが、官公庁では財政健全化や“官から民”への流れが加速します。間もなく『マイナンバー制度』がスタートするのはご存じと思いますが、制度開始に伴って行政では相当量の作業が発生し、自治体との関係が強い私たちにとっては大きなビジネスとなり、さらなる成長を見込んでいます。

転職してすぐ活躍したい方も、異業種でもう一度スキルを積み上げたい方にも、弊社は今がいいタイミングです。中途入社の方なら、なるべく早く弊社に来るとチャンスがあるというのは、はっきり申し上げられます。過度なプレッシャーや余計な努力を強いることなく、お迎えすることが可能です。

本題に戻りますが、民間企業ではコア事業への集中や固定費圧縮の流れがあり、アウトソーシングの利用が加速しています。復興関連や金融機関のニーズが多く、弊社では7つの金融機関で『NISA』の立ち上げもお任せいただきました。

今後の成長戦略についてもお話しします。2017年2月の売上高200億円・経常利益6%は必達の目標です。オンサイト(お客さま先)事業を強みに、「SIer」「金融」「官公庁・地方公共団体」の3本柱でBPO案件を積極的に取りに行きます。

さまざまな経験を生かせる場が存在する、魅力ある転職先

会場風景2

BPOに関して、「付加価値って何?」というお話です。弊社が一般的な派遣会社と異なるのは、コンサル的な要素とノウハウを持っていること。単なる御用聞きでなく、企画・提案を行うことができます。小規模から大規模案件まで複数のパッケージを用意しており、必要なものにプラスアルファを乗せることが可能です。

特長の一つ目が、業務効率化と品質向上を両立させる企画提案力です。要件定義から運用、品質管理まで一貫して手掛けており、誰にでも経験を生かして活躍できる場があります。コンサル的な営業や、コミュニケーション能力を生かせる現場管理など、それぞれの専門的要素を生かすことができます。

特長の二つ目は、ユニット型人材派遣であること。100名のユニットならマネジャー1名、サブ5名、SV20名、残りがオペレーションスタッフです。これら複数のユニットをつなげ、タテ・ヨコに連携した派遣が可能です。正社員ならSVやマネジャーとして現場を管理し、業務最適化やコスト削減を提案することが仕事になります。私たちの根源には、「働く人の1人でも多くに喜んでいただきたい」という思いがあります。スローガンは「日本一親身な人材サービスカンパニー」。100名をマネジメントするのは骨が折れますが、人と接しながら喜んでもらうことをモチベーションにできる、ハートフルなマインドを持った方に、仲間になっていただきたいと思っています。

中途で入社する方も年功序列はなく、誰でも活躍することが可能です。そのための環境はそろっており、新しいポストも必要になっているので、中長期的なビジョンを描きたい方や1社で長くキャリアを醸成したい方に、最適だと思います。いろいろなポジションがあり、業種も金融や官公庁以外にもさまざまな取引があるので、経験を生かせる場が必ずあります。

弊社では、人材の育成も推進しています。社員教育制度やスタッフのフォローアップ制度など、派遣法改正を好機と捉えながら着手しています。社員教育では専門の部門をつくって全社的に推進しているほか、スタッフ教育についても同様の部門を立ち上げる計画です。

いろいろな職種があり、成長性に富んだ弊社は、魅力ある転職先として皆さまに検討していただく価値があると自負しています。ポジティブなマインドの方に来ていただいて、より強い会社になりたいと考えています。上場企業なので当たり前のことはすでにできていますが、プラスアルファのアグレッシブなこともやっていきたいと思っています。「面白そう」と感じた方は、ぜひエントリーしてください。本日は最後までご清聴ありがとうございました。

講演レポートのTOPへ戻る

他の講演を読む