このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバル企業に聞く! 人事担当者インタビュー

Vol.#page_vol_wk#  日本文化に誇りを持ち、世界の人々に伝える使命。グローバルな感覚を磨く、絶好のチャンス!

株式会社 米国三越

(日本採用代行)株式会社 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 米国三越採用担当 小坂久実(こさか くみ)さん

13カ月間、米国フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド(R)で働きながら、各国の文化を世界中のゲストに紹介する――。それが米国ウォルト・ディズニー社による「カルチュラル・リプレゼンタティブ・プログラム(以下:CRプログラム)」だ。そのCRプログラムの日本におけるスタッフ採用を行っているのが、三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ(以下:IMH)である。語学力や接客スキルの向上だけでなく、グローバル感覚を養うためにも絶好のステップになるというCRプログラムの魅力、そして実際の仕事内容について、IMHでCRプログラムの採用に携わる小坂久実さんにお話を伺った。

-米国三越のCRプログラムの概要について教えてください。

米国三越CRプログラムとは、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド内エプコット(R)の日本館で働きながら、世界中のゲストに日本文化を紹介する文化交流勤務制度のことです。その日本館を運営しているのが米国三越であり、IMHでは毎年約160名程度、この日本館で活躍する人材を日本で採用しています。

CRプログラムは「勤務」だけでなく、「生活」「学習」を加えた3つの柱で構成されています。実際の仕事内容としては、日本館で「勤務」していただき、ギフトショップ、ファストフード、フルサービスのレストランで接客業務に携わっていただきます。日本代表という使命を背負い、ゲストに日本文化を伝えることがミッションとなります。同時に、世界各国からのCRプログラム参加者たちと共同で「生活」を送り、研修・教育を通じて日本代表にふさわしい「真心のおもてなし」を「学習」していただきます。

-渡米後、どういった研修・教育があるのでしょうか?

接客、語学に関する研修・教育が用意されています。 日本文化を伝えることが重要な任務になりますので、接客は基礎から学びます。立ち居振る舞いやお辞儀などの所作から始め、国際舞台にふさわしい世界最高レベルのホスピタリティを身に付けることができます。語学に関しては、接客に必要な「ホスピタリティ・イングリッシュ」をしっかり「学習」していただくカリキュラムがあります。

接客や語学以外にも、アメリカでの生活に必要な知識を学ぶ研修も用意されています。必修・任意受講のカリキュラムなど非常にきめ細かな研修内容ですので、自信を持って業務に臨むことができると思います。

-他国の人々との共同生活でも、さまざまなことが学べそうですね。

滞在中は、世界各国の人たちと専用アパートメントで共同生活を送っていただきます。お互いの国の料理を作ったり、自国の言語や文化を教え合ったり、共同生活は異文化交流の場でもあります。文化の違いで戸惑うかもしれませんが、それも貴重な体験となるはずです。ぶつかり合い、理解し合うことで、友情を育んでいただきたいですね。

勤務は週休2日制ですが、有給休暇と合わせて長期の休みをとることも可能です。休日はビーチに出かけたり、ニューヨークまで足を伸ばしてみたり、楽しくアクティブに活動している方が多いですね。アパートメントが主催するイベントなどもあり、パーティーや野球、カラオケなどを楽しむこともあります。

-採用にあたり、米国三越が求める人材の資質を教えてください。

まずは情熱ですね。世界を舞台に日本文化を紹介しますので、日本文化に誇りを持ち、それを伝えたいという強い意思が必要です。そしてホスピタリティ・マインドが不可欠です。さらに13カ月という期間で何が得たいか、しっかりとした目的意識を持っているかどうかも問われます。

英語力については、TOEIC 650点、英検準1級を目安としていますが、マストではありません。情熱や目的意識の方を、より重要視したいと考えています。

-この記事を読んでいる方々へメッセージをお願いします。

実は私自身もこのプログラムに参加し、非常に多くのことを学び、得ることができました。接客したゲストの方々、さまざまな国のルームメイト、目標に向かって一緒に頑張ってきた幅広い年齢層の同期たち。こういった“人との交流”を通して、語学や国際感覚、業務スキルが向上するだけでなく、人生が変わるような感動や、自分に対する誇りを持つこともできました。

また私以外にももちろん、このCRプログラムを終えた多くの修了生たちが現在、次のグローバル・ステージで活躍しています。例えば海外企業での勤務であったり、外資系のCA、ほかにも外国の方を対象に日本語を教えている方などがいらっしゃいます。

だからこそ多くの人に、この類まれなるCRプログラムに挑戦していただきたいと思っています。少しくらい英語力に自信がなくても、情熱を持った方は男女問わず歓迎しています。CRプログラムが、皆さまをグローバルに飛躍させる絶好のチャンスになることを願っています。

会社名 米国三越 株式会社(Mitsukoshi U.S.A. ,Inc.)
事業内容 レストラン及び小売業
従業員 約220名
このインタビューに関連する求人 注目!

この記事はいかがでしたか? ★をクリック!(必須)

バックナンバー

「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」、クリエイションを刺激する、体験型知育空間を世界に

東京大学発のベンチャー企業として知られるチームラボ株式会社。2013年に初めて開催した「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」は、「共創(...

途上国の発展を影で支える世界のプロフェッショナルと国を築く仕事

世界銀行は「世界から貧困を根絶すること」を目的として1945年に設立された国際金融機関だ。世界120カ国に約1万人の職員を配置し、発展途上国の成長を...

海外の看護職団体との交流・情報交換を通じて世界の看護全体の質・環境・制度の向上に貢献

日本看護協会には、世界との架け橋として職員が活躍する「国際部」というセクションがある。日本看護協会は世界看護師協会(ICN)においても大きな役割を担...

海外転職ノウハウ

  • タイで働く
  • 英文履歴書の書き方
  • カバーレターの書き方
  • 海外転職に役立つ!国際資格完全ガイド
  • ビジネス英語ワンフレーズ
  • 人事担当者インタビュー
  • グローバル人材への成長術