安い!ウマい!辛い!だけじゃない、タイのグルメ基礎知識

安い!ウマい!辛い!だけじゃない、タイのグルメ基礎知識

激辛とパクチーだけがタイ飯じゃない!

日本でもおいしいタイ料理がいろんな所で食べられますが、やっぱり本場の味は一味違います。とにかく「どこでも安くてウマい!」のが現地のタイ料理。タイに移住した多くの日本人が虜になるのも納得のクオリティなのです。

筆者が良く耳にするタイ料理のイメージは「辛い」と「パクチー」(笑)。もちろん間違いではないのですが、それだけじゃない!と声を大にして言いたいくらい、タイ料理はバラエティに飛んでいます。身近なものだと「パッタイ」。タイ料理初心者にもオススメできる、辛くないのにウマい!の代表選手。「タイ風焼きそば」とも言われていて、甘めのタレが絡んだモチモチの米粉麺がやみつきになること必死です!

他にも、「ガパオ(鶏肉や豚肉などのバジル炒め)」「カオパット(タイのチャーハン)」「バーミー(タイのラーメン)」など、辛すぎず(人によるかも知れません!)、どれも40~50バーツ(約120円~150円)とお手軽&安ウマメニューが豊富で、タイ在住日本人の間で鉄板の人気です。

タイで楽しむ世界のグルメ

タイ料理にどっぷりハマった筆者のような人間でも、たまには違うものが食べたくなるのが人情(笑)。そんな時でもバンコクだったらノープロブレム!世界有数の国際都市バンコクには世界中のグルメが揃っており選び放題(もちろんお財布と相談ですが…)。

筆者のオススメは中華料理。タイは元々中国と深い関係があり、中華系の人々も多い国なので、中華料理はタイ人の間でもポピュラーな存在。バンコクにはヤワラートという有名な中華街があり、庶民的な中華料理から高級食材のフカヒレまで、バリエーションに富んだ中華が楽しめます。

他にもインド料理、フランス料理やイタリア料理など、各国料理のレストランが揃っており、お店選びに困ることはありません。もちろん和食も充実しているのでご安心を。バンコクは日本人が多いこともあって、日本の有名店もたくさん進出しています。日本の味が恋しくなったらいつでも変わらぬ味が味わえるって、結構嬉しいポイントですよね?

これだけは覚えておきたい、食事のマナー5つ

「郷に入れば郷に従え」。たとえ外国人でもその国のマナーを守ることが大切です。
タイの食事マナーは日本より堅苦しいものではないのですが、日本とは違う点もあるので気をつけたいところ。簡単なマナーをいくつか紹介します。


【1】お皿を手に持ってたべない。
【2】食べ終わってないお皿は重ねない。
【3】音を立てて食べない。
【4】器に口を付けない。
【5】かぶりつかない。

この5つのマナーを守ればだいたいの場合は問題なし。どれも簡単なものなので、気をつけておくと、タイの人たちに好印象を与えられるかも知れません。

(※2016年8月現在1バーツ=3.0円)

バックナンバー

タイで働いてみて感じたこと~体験談~

私がタイで働くことになったワケ/日本で働いていたときとの違い/タイで働くやりがいは?

何歳からでもチャレンジできる!タイ転職を成功に導く3つの考え方

語学力を磨く~英語は必須、タイ語ができれば◎/日本よりもタイで評価される技能で勝負する/技術の伝道師になる~教える力が…

現地で見た!タイ女子ファッションのポイントとは?

タイ女子のファッションは「セクシー」「原色」と「ビーサン」…!?/これだけは注意!赤、黄の服は【NG】

海外転職ノウハウ

  • 海外転職Q&A
  • 英文履歴書の書き方
  • カバーレターの書き方
  • 海外転職に役立つ!国際資格完全ガイド
  • ビジネス英語ワンフレーズ
  • 人事担当者インタビュー
  • グローバル人材への成長術
  • ベトナムで働く