暑さ知らず!バンコク市内を快適に移動するオススメは?

暑さ知らず!バンコク市内を快適に移動するオススメは?

渋滞を避けるならBTS、MRTが便利

うだるような暑さのタイ・バンコク。誰も日中の外を歩きたくはないですよね。だからかどうかは分かりませんが、バンコク市内はとにかくいつも交通渋滞!タクシーよりも歩いたほうが早いのでは?と思うこともしばしばです。
その状況を改善するために鉄道網が整備され、バンコク近郊では複数の路線を利用することができます。中でも現地在住の日本人や観光客にも馴染み深いのが「BTS」と「MRT」です。

BTSとは?

BTSは「バンコク・スカイトレイン」の略称で、シーロム線、スクムビット線の2路線がある高架鉄道のことです。主にバンコク市内の東西を結ぶ路線で、繁華街や市街中心部をカバーしています。初乗り運賃が15バーツ(約45円)で最長距離を乗っても52バーツ(約156円)という安さです。

MRTとは?

MRTはバンコク市内を南北を繋ぐ地下鉄(一部区間は高架式)で、今でも延線工事が続いており、現在営業中のブルーラインに加え、2016年にはパープルラインが新たに開業しました。初乗り運賃が16バーツ(約48円)、1駅離れるごとに2バーツずつ増額し、最長距離を乗ると42バーツ(約126円)とこちらも安価な運賃となっています。

チケットはどうやって買うの?

BTSとMRTのどちらもSuicaやICOCAなどと同じようなチャージ式のICカードがあり、駅の窓口で購入することができます。払い戻しができますので、短期旅行者にもオススメです。1回乗車用のチケットも券売機で購入できますが、紙幣が使えない場合もあるので気をつけてください。

タクシーはメーターで!

電車で行けない場所への移動はやはりタクシー。タイのタクシーは車・バイク・トゥクトゥクとバリエーションが豊富です。

タクシー

以前のタクシーは料金交渉が大変というイメージがありましたが、今はメーターの利用が義務付けられていますので、言葉に自信のない外国人でも安心して利用することができるようになりました(メーターが動いていることはしっかり確認してくださいね!)。初乗り料金は35バーツ(約115円)で距離と時間の併用制でメーターが加算されます。バンコク市内の移動ならば100バーツ(約300円)あれば大体の場所に行くことができます。電車よりは高いですが、日本の水準と比べるとかなり安く感じますね。もっとも、渋滞はどうしても避けられませんが…。

バイクタクシー

渋滞知らず交通手段といえば、バイクタクシーです。その名の通り、バイクに、ドライバーにつかまって2人乗りで移動するタクシーです。安く、早く移動できるので利用者も多いです。料金は乗車場に表示しているか、乗る際にドライバーに聞くのが一般的です。 便利なバイクタクシーですが、事故の危険も伴うため、できるだけ普通のタクシーに乗った方が安全です。

トゥクトゥク

最後に、タイといえば一度は乗ってみたいトゥクトゥク。庶民の乗り物というイメージがありましたが、今はあまり乗る機会がありません。タクシーに押されたのか、市内でも普通に見かけることは減りました。観光地では簡単につかまえられますが料金が高く、また値段を交渉しなくてはならないので普段使いとしてはオススメできません。


(※2016年8月現在 1バーツ=3.0円)

バックナンバー

タイで働いてみて感じたこと~体験談~

私がタイで働くことになったワケ/日本で働いていたときとの違い/タイで働くやりがいは?

何歳からでもチャレンジできる!タイ転職を成功に導く3つの考え方

語学力を磨く~英語は必須、タイ語ができれば◎/日本よりもタイで評価される技能で勝負する/技術の伝道師になる~教える力が…

現地で見た!タイ女子ファッションのポイントとは?

タイ女子のファッションは「セクシー」「原色」と「ビーサン」…!?/これだけは注意!赤、黄の服は【NG】

海外転職ノウハウ

  • 海外転職Q&A
  • 英文履歴書の書き方
  • カバーレターの書き方
  • 海外転職に役立つ!国際資格完全ガイド
  • ビジネス英語ワンフレーズ
  • 人事担当者インタビュー
  • グローバル人材への成長術
  • ベトナムで働く