今って円高?円安?バーツ円の相場観と両替テクニック

今って円高?円安?バーツ円の相場観と両替テクニック

超基礎!タイのお金は「バーツ」と「サタン」

タイの通貨は「バーツ(THB)」というのはご存知の方も多いと思いますが、さらに細かい単位で「サタン」という単位があるのをご存知でしたか?100サタンで1バーツになります。スーパーなどでは良く目にしますので覚えておくと役立ちます。
一般に流通しているお金は、紙幣が1000、500、100、50、20バーツの5種類。硬貨は10、5、2、1バーツ、50サタン、25サタンの6種類。ただし2バーツは流通量が少ないので、あまり見かけないお金です。

気になる日本円との為替レートは!?

ここ1、2年※の為替レートは、1バーツ3円~3.8円くらいで変動をしています。2015年には一時4円近くまで対円で上昇しましたが、2016年はゆるやかに下降しており2016年8月の時点では3円前後にとどまっています。1バーツ3円で計算する人も多いので、3円前後に収まっていれば金額感も把握もしやすいですね。
※2016年時点

タイで現地採用として勤務する場合、給与はバーツで支払われるのが普通なので、普段の生活だけでなく貯金や投資などの資産形成もバーツで行うのが基本です。なので、普段はそれほど為替変動を意識しなくても大丈夫ですが、日本への一時帰国などの際にはお得なレートで円に替えていきたいですよね。帰国が近づいたら為替を日々チェックして、良いレートの日に両替をすると良いかも知れません。

現地で両替するなら~パターン別オススメ

タイ、特にバンコクなど観光客の多い都市部では、日本よりも良いレートで両替することができます。街のあちこちで見かける銀行系両替所の換金レートはほぼ横並びのため、1、2万円程度の両替ならば手間や交通費を考えて手近な両替所で済ませたほうが便利かもしれません。額が大きい場合、例えば10万バーツを日本円に両替するなどの際は僅かなレートの差で数万円違ってくるので、レートが良い街中の私設両替所まで足を運ぶ方がお得な場合が多いです。
各両替所のレートをほぼリアルタイムで表示するWebサイトもあるので、前もって調べてから両替に行くのがオススメです。

バックナンバー

タイで働いてみて感じたこと~体験談~

私がタイで働くことになったワケ/日本で働いていたときとの違い/タイで働くやりがいは?

何歳からでもチャレンジできる!タイ転職を成功に導く3つの考え方

語学力を磨く~英語は必須、タイ語ができれば◎/日本よりもタイで評価される技能で勝負する/技術の伝道師になる~教える力が…

現地で見た!タイ女子ファッションのポイントとは?

タイ女子のファッションは「セクシー」「原色」と「ビーサン」…!?/これだけは注意!赤、黄の服は【NG】

海外転職ノウハウ

  • 海外転職Q&A
  • 英文履歴書の書き方
  • カバーレターの書き方
  • 海外転職に役立つ!国際資格完全ガイド
  • ビジネス英語ワンフレーズ
  • 人事担当者インタビュー
  • グローバル人材への成長術
  • ベトナムで働く