米国公認管理会計士(USCMA)の求人・転職情報

米国公認管理会計士とは

米国公認管理会計士(U.S. Certified Management Accountant、U.S.CMA)資格は、米国管理会計士協会(IMA)が主催する管理会計に関する専門知識を認定する資格です。会計、監査、様々な数値の分析やリスクマネジメントなど、経営に関する幅広い知識が求められ、アメリカでは米国公認会計士(U.S.CPA)と並び有用な資格の一つです。米国公認管理会計士資格の所有者は、コンサルティング業務や企業内の会計・財務・企画部門などで資格を生かすことができます。

米国公認管理会計士の試験は、2科目から構成されます。
【科目1】
財務計画、業績管理と統制(Financial Planning、Parformance and Control)
【科目2】
財務的意思決定(Financial Decision Making)
科目合格制のため、どちらの科目から受験しても構いません。

受験日程
祝日を除く毎日実施。
※各会場、月により異なる場合もあります。
受験地
日本受験の場合:東京、大阪
受験資格
■4年制大学の学位を有してる者であること
■受験時にパスポートが必要
■IMAに入会すること
■ICMA(Institute of Certified Management Accountants)に受験登録すること
■IMAの倫理規定に同意すること

勤務地

職種

初年度年収

指定しない指定しない

こだわり

特徴

業種

雇用形態

キーワード

を含む
英数字の半角全角やアルファベットの大文字小文字は同じ文字として扱います。
また、「企画 営業」など、空白を挟んで複数の言葉を入力すると、一続きでなくてもすべての言葉を含む情報を検索できます。

新着・更新

従業員数

指定しない指定しない

設立

指定しない指定しない

本社所在地

除外条件

条件に合う求人0を検索する

米国公認管理会計士(USCMA)の求人・転職情報 0 0~0件目を表示中

条件に合う求人はありませんでした。

条件を変えて再検索してください。

米国公認管理会計士(USCMA)の求人・転職情報 0 0~0件目を表示中

米国公認管理会計士を生かせる仕事

米国公認管理会計士(USCMA)を生かせる求人は、管理・事務の仕事が35.23%で最も多く、続いてコンサルタント・金融・不動産専門職(27.27%)、企画・経営(23.86%)、営業(5.68%)、電気・電子・機械・半導体(3.41%)、ITエンジニアと技能工・設備・配送・農林水産がそれぞれ2.27%となっています。(※2016年5月30日時点のマイナビ転職グローバル掲載求人から集計)
管理・事務関連の仕事を目指している方、コンサルタント・金融・不動産専門職への転職を考えている方は、USCMAを取得するとチャンスが広がる可能性があります。

米国公認管理会計士を生かせる仕事の年収

米国公認管理会計士(USCMA)を生かせる求人の初年度年収は600~699万円がもっとも多く、34.15%を占めます。続いて、400~499万円(23.17%)、500~599万円(21.95%)、700~799万円(8.54%)、300~399万円(7.32%)、800~899万円(3.66%)、900万円以上(1.22%)の順となりました。(※2016年5月31日時点のマイナビ転職グローバル掲載求人から集計)
USCMAを生かした転職で年収アップが狙えそうか、是非チェックしてみてください。

英語・中国語など言語を生かした転職など海外の豊富な転職・求人情報はマイナビ転職グローバル。米国公認管理会計士(USCMA)の求人・転職情報などご希望の転職求人・条件からあなたにあった求人選びができます。

ページの
先頭へ