米国税理士(EA)の求人・転職情報 | 国際資格から求人を探すなら【マイナビ転職グローバル】

詳しい条件で検索する

米国税理士(EA)の求人・転職情報

米国税理士とは

米国税理士(Enrolled Agent、EA)資格は、米国の内国歳入庁(Internal Revenue Service、IRS)が認可する税理士免許で、アメリカの国家資格の一つです。試験は英語で実施されるため、税務に関する専門知識および英語能力が証明できる資格です。アメリカはもちろん、日本や海外で税務業務や国際税務、経営コンサルティングなどにも活躍できます。

米国税理士の試験は、
(1)連邦個人所得税法および連邦贈与税法・相続税法
(2)事業関連の連邦税法
(3)税務代理業務および諸手続き
の3科目から構成され、各科目に合格する必要があります(科目合格制)。

受験日程
毎年5月1日から翌年2月28日までの間に各科目それぞれ4回まで受験できます。
※3月と4月は受験できません。
受験地
日本受験の場合:東京、大阪
受験資格
■18歳以上であること。
■学歴や国籍等の制限はありません。
※受験時、パスポートが必要となります。
※試験合格だけでは米国税理士(EA)を名乗る事はできません。米国税理士の資格を取得するために、試験合格後、米国内国歳入庁(IRS)に登録する必要があります。
この資格を生かせる仕事この資格を生かせる求人の年収

指定された検索結果にあう求人はありませんでした。
お手数ですが、条件を変更して再度検索をお願いいたします。

勤務地
勤務地を選ぶ
職種
職種を選ぶ
年収
経験
特徴
業種
業種を選ぶ
雇用形態
キーワード
職種や業種や資格などを入力してください。
※2文字以上の文字列を入力してください。

米国公認会計士を生かせる仕事

米国公認会計士(U.S.CPAまたはCPA)を生かせる求人は、管理・事務職の仕事が57.5%で最も多く、続いてはコンサルタント・金融・不動産専門職(37.5%)、企画・経営(5%)の順となりました。(※2016年5月30日時点のマイナビ転職グローバル掲載求人から集計)管理・事務職関連の仕事を目指している方、コンサルタント・金融・不動産専門職への転職を考えている方は、U.S.CPAを取得するとチャンスが広がる可能性があります。

米国公認会計士を生かせる仕事の年収

米国公認会計士(U.S.CPAまたはCPA)を生かせる求人の初年度年収は、500~599万円が最も多く、33.33%を占めます。続いて、400~499万円(24%)、600~699万円(20%)、300~399万円(9.33%)、900万円以上(5.34%)、700~799万円と800~899万円がそれぞれ4%となっています。(※2016年5月31日時点のマイナビ転職グローバル掲載求人から集計)U.S.CPAを生かした転職で年収アップが狙えそうか、是非チェックしてみてください。

その他の国際資格をチェックする

金融・会計・貿易関連

IT関連

語学関連

その他

海外転職に役立つ!国際資格に戻る