米国税理士(EA)の求人・転職情報

米国税理士とは

米国税理士(Enrolled Agent、EA)資格は、米国の内国歳入庁(Internal Revenue Service、IRS)が認可する税理士免許で、アメリカの国家資格の一つです。試験は英語で実施されるため、税務に関する専門知識および英語能力が証明できる資格です。アメリカはもちろん、日本や海外で税務業務や国際税務、経営コンサルティングなどにも活躍できます。

米国税理士の試験は、
(1)連邦個人所得税法および連邦贈与税法・相続税法
(2)事業関連の連邦税法
(3)税務代理業務および諸手続き
の3科目から構成され、各科目に合格する必要があります(科目合格制)。

受験日程
毎年5月1日から翌年2月28日までの間に各科目それぞれ4回まで受験できます。
※3月と4月は受験できません。
受験地
日本受験の場合:東京、大阪
受験資格
■18歳以上であること。
■学歴や国籍等の制限はありません。
※受験時、パスポートが必要となります。
※試験合格だけでは米国税理士(EA)を名乗る事はできません。米国税理士の資格を取得するために、試験合格後、米国内国歳入庁(IRS)に登録する必要があります。

勤務地

職種

初年度年収

指定しない指定しない

こだわり

特徴

業種

雇用形態

キーワード

を含む
英数字の半角全角やアルファベットの大文字小文字は同じ文字として扱います。
また、「企画 営業」など、空白を挟んで複数の言葉を入力すると、一続きでなくてもすべての言葉を含む情報を検索できます。

新着・更新

従業員数

指定しない指定しない

設立

指定しない指定しない

本社所在地

除外条件

条件に合う求人0を検索する

米国税理士(EA)の求人・転職情報 0 0~0件目を表示中

条件に合う求人はありませんでした。

条件を変えて再検索してください。

米国税理士(EA)の求人・転職情報 0 0~0件目を表示中

米国公認会計士を生かせる仕事

米国公認会計士(U.S.CPAまたはCPA)を生かせる求人は、管理・事務職の仕事が57.5%で最も多く、続いてはコンサルタント・金融・不動産専門職(37.5%)、企画・経営(5%)の順となりました。(※2016年5月30日時点のマイナビ転職グローバル掲載求人から集計)管理・事務職関連の仕事を目指している方、コンサルタント・金融・不動産専門職への転職を考えている方は、U.S.CPAを取得するとチャンスが広がる可能性があります。

米国公認会計士を生かせる仕事の年収

米国公認会計士(U.S.CPAまたはCPA)を生かせる求人の初年度年収は、500~599万円が最も多く、33.33%を占めます。続いて、400~499万円(24%)、600~699万円(20%)、300~399万円(9.33%)、900万円以上(5.34%)、700~799万円と800~899万円がそれぞれ4%となっています。(※2016年5月31日時点のマイナビ転職グローバル掲載求人から集計)U.S.CPAを生かした転職で年収アップが狙えそうか、是非チェックしてみてください。

英語・中国語など言語を生かした転職など海外の豊富な転職・求人情報はマイナビ転職グローバル。米国税理士(EA)の求人・転職情報などご希望の転職求人・条件からあなたにあった求人選びができます。

ページの
先頭へ