公認情報システム監査人(CISA)の求人・転職情報 | 国際資格から求人を探すなら【マイナビ転職グローバル】

詳しい条件で検索する

公認情報システム監査人(CISA)の求人・転職情報

CISAとは

CISA (Certified Information Systems Auditor)は、情報システムの監査および、セキュリティ、コントロールに関する高度な知識、技能と経験を認定する国際的な資格です。日本語では「公認情報システム監査人」と呼びます。CISAはISACA(The Information SystemsAudit and Control Association, Inc. 情報システムコントロール協会)が主催し、情報システム監査およびコントロールの専門資格として欧米の企業で広く認知されています。CISAを取得した後でも資格を維持するために「常に専門知識を収集している」ことが重視されるのが特徴で、資格保有者は継続教育活動を毎年実践し、報告する必要があることから実践的な資格としての評価を得ています。

CISA公認情報システム監査人試験は(1)情報システム監査のプロセス、(2)ITガバナンスとマネジメント、(3)情報システムの取得、開発および導入、(4)情報システムの運用、保守およびサービス管理(5)情報資産の保護合計5科目で、IS監査原則や実践および技術的内容の領域に関する知識、評価、および適用の側面を測るために構成されます。

受験日程
年2回(6・12月)
受験地
日本国内受験の場合:東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄
受験資格
年齢・性別・学歴・国籍など制限なく受験可能。
この資格を生かせる仕事この資格を生かせる求人の年収

公認情報システム監査人(CISA)の求人・転職情報 22件(1〜22件を表示中)

公認情報システム監査人(CISA)の求人・転職情報 22件(1〜22件を表示中)

勤務地
勤務地を選ぶ
職種
職種を選ぶ
年収
経験
特徴
業種
業種を選ぶ
雇用形態
キーワード
職種や業種や資格などを入力してください。
※2文字以上の文字列を入力してください。

CISAを生かせる仕事

CISA公認情報システム監査人を生かせる求人は、管理・事務職の仕事が66.67%で最も多く、続いてはITエンジニア(33.33%)の順となりました。(※2016年5月30日時点のマイナビ転職グローバル掲載求人から集計)
管理・事務職の仕事を目指している方、管理・事務職への転職を考えている方は、CISA公認情報システム監査人を取得するとチャンスが広がる可能性があります。

CISAを生かせる仕事の年収

CISA公認情報システム監査人を生かせる求人の初年度年収は900~999万円、1,000~1,099万円、1,200万円以上の割合がそれぞれ33.33%となっています。(※2016年5月31日時点のマイナビ転職グローバル掲載求人から集計)
CISA公認情報システム監査人を生かした転職で年収アップが狙えそうか、是非チェックしてみてください。

その他の国際資格をチェックする

金融・会計・貿易関連

IT関連

語学関連

その他

海外転職に役立つ!国際資格に戻る