漢語水平考試(HSK)の求人・転職情報

漢語水平考試 (HSK)とは

漢語水平考試 (Hanyu Shuiping Kaoshi、HSK)は中国政府が認定する世界共通基準の中国語資格です。HSKは、様々な国と地域で実施され、世界的な認知度も高い資格試験です。中国語母語話者以外の中国語学習者を対象とし、中国語能力を測る指標として中国国内の大学や海外の企業で採用や研修の評価基準としてよく使用されます。日本国内ではHSK日本実施委員会が主催として筆記試験と口頭試験を実施します。

漢語水平考試(HSK)の筆記試験は、1級(初級)から6級(上級)の6段階に分かれています。試験は中国語の聴解能力、読解能力、作文能力を測る3つのパーツで構成されています。※1級・2級の試験には作文力を測る試験のパートはありません。
口頭試験は、初級・中級・高級の3段階に分かれており、高級では中国語全般にわたる高度な運用能力を有し、流暢に自分の意見を表現することができるレベル、と定められています。

受験日程
年6回(3・6・7・9・10・12月)
受験地
試験会場毎回異なります。
受験資格
特になし


勤務地

職種

初年度年収

指定しない指定しない

こだわり

特徴

業種

雇用形態

キーワード

を含む
英数字の半角全角やアルファベットの大文字小文字は同じ文字として扱います。
また、「企画 営業」など、空白を挟んで複数の言葉を入力すると、一続きでなくてもすべての言葉を含む情報を検索できます。

新着・更新

従業員数

指定しない指定しない

設立

指定しない指定しない

本社所在地

除外条件

条件に合う求人0を検索する

漢語水平考試(HSK)の求人・転職情報 0 0~0件目を表示中

条件に合う求人はありませんでした。

条件を変えて再検索してください。

漢語水平考試(HSK)の求人・転職情報 0 0~0件目を表示中

英語・中国語など言語を生かした転職など海外の豊富な転職・求人情報はマイナビ転職グローバル。漢語水平考試(HSK)の求人・転職情報などご希望の転職求人・条件からあなたにあった求人選びができます。

ページの
先頭へ