中国の求人・転職情報 | マイナビ転職グローバル

詳しい条件で検索する

中国の転職・求人情報

中国で働きたい方向けの海外転職・求人情報を掲載。中国の首都は北京で、その他主要都市としては上海や重慶や広州などが挙げられます。2015年の中国の人口は約13億7600万人で、1950年と比較すると約2.5倍増加しています。(国際連合(UN) World Population Prospectsより)マイナビ転職グローバルで勤務地が海外の求人のうち、中国の求人は約24.7%です。※2017年6月30日現在。「条件を変更して検索」欄より、英語や中国語などの語学や営業や建築・土木などの職種を条件に追加して検索することも可能です。

中国で働く新着・人気求人を探す

中国の海外転職・求人情報 62件(1〜50件を表示中)

中国の海外転職・求人情報 62件(1〜50件を表示中)

勤務地
勤務地を選ぶ
職種
職種を選ぶ
年収
経験
特徴
業種
業種を選ぶ
雇用形態
キーワード
職種や業種や資格などを入力してください。
※2文字以上の文字列を入力してください。

中国の転職情報

入国手続き・ビザ
中国での報酬が発生する就労には、一般的に「Zビザ」が必要です。
中国では、就労する外国人をA~C類の3ランクに分けていて、中国の発展に貢献できるハイレベルな人材を優遇し、その他の外国人の就労については制限がかかっているのが現状です(中国政府が発表した「外国人来華工作分類標準」の資料にて、ランク分けの基準が掲載されています)。
申請条件の一例

・関連分野で2年以上の就労経験がある
・学士以上の学歴
・管理職や専門技術者など
・外国語教員
・60歳以下


取得までの流れ
・「外国人工作許可通知」の申請
・「外国人工作許可通知」取得後、Zビザを申請
・中国入国後15日以内に、「外国人工作許可証」を申請
・中国入国後30日以内に、雇用企業所在地の公安機関出入境管理機構で「工作類居留証件」を申請

中国の就労ビザは、2017年に制度の改変が行われ、取得や手続きに関する情報が不足している状況です。取得時点での詳細な条件や最新の情報は外務省ホームページや中国大使館に確認してください。ただし、ビザの申請については、中国大使館・領事館の認可を受けて運営されている中国ビザサービスセンターで行います。実際の取得時には、雇用先の企業がサポートしてくれることがほとんどでしょう。
※出典:中国大使館(http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/hzqzyw/)

中国の生活環境

面積
約960万平方キロメートル(日本の約26倍)
首都
北京
人口
約13.76億人
在留日本人の数
124,162人(2017年10月1日現在)
在中国日企業の数
32,349拠点(2017年10月1日現在)
言語
漢語(中国語)
通貨単位
人民元(RMB)
為替レート
1人民元=16.36 円(2018年7月23日時点)
主要産業
製造業、工業、金融業、卸小売業、サービス業、建築業
平均休日・休暇
年間祝日:11日
気候
広大な国土をもつ中国の気候は、暖温帯、温帯、亜熱帯、熱帯、赤道地帯、寒温帯の6つに分かれていて、エリアによってまったく異なります。
  • 華北エリア(北京):夏と冬の気温差が大きい(最高気温35℃超え、最低気温マイナス10℃前後)
  • 華中エリア(上海):東京の気候に近い
  • 華南エリア(広州):最低気温が10℃を下回ることなく温暖で、年間を通して降水量が多い
  • 東北エリア(ハルビン):中国でもっとも寒く、1月の平均気温はマイナス30℃ほど
  • 西北エリア(西安):中国でもっとも乾燥したエリアで、昼と夜の気温差がとても激しい
  • 西南エリア(成都):盆地部は夏蒸し暑く、冬は東京の気温に近い
日本との時間差
1時間(日本のほうが1時間進んでいます)
※出典:■外務省ウェブサイト
「中国基礎データ」(https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/data.html)
「海外在留邦人数調査統計 平成30年要約版」(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000368753.pdf)
■中華人民共和国国家観光局 大阪駐在事務所ウェブサイト
「中国の法定休日」(http://www.cnta-osaka.jp/general/holiday)
「中華人民共和国について」(http://www.cnta-osaka.jp/general/index)

中国で働く!インタビュー

中国で働く!インタビュー【愛さん】

海外拠点は少数精鋭。
社会人5年目でも日本では経験できないような仕事を任されるから面白い!

【中国で働く!インタビュー】第1回:愛さん
営業未経験から今ではマネージャーを任されている愛さん。5年間の中国生活でさまざまな刺激を受けて、仕事もプライベートも充実している愛さんに、中国転職のきっかけや中国での仕事・生活について伺いました。