ベトナムの求人・転職情報 | マイナビ転職グローバル

詳しい条件で検索する

ベトナムの転職・求人情報

ベトナムの現地採用求人には、日系企業向けの営業やオフショア開発企業のITエンジニアの求人が多いです。また、工場などで現地の従業員をリードする管理職のニーズも比較的に高くなっています。

ベトナム国内の経済が急成長しているため、ベトナム社会の成長と共に自身の成長も実感できるはずです。日本での経験やスキル・知識をベトナムで生かしながら、マネジメント力を向上させることができれば、短期間でのキャリアップを実現することも可能です。

ただし、昨今は外国人に対する労働許可書(ワークパーミット)および就労ビザの基準が厳しくなり、就く仕事の分野での実務経験を保有することが発給の条件となります。

ページ下部に、ベトナムで働く場合の福利厚生や休日休暇、物価や住宅事情など生活に関する情報をまとめていますので、ベトナムの転職の参考にしてください。

ベトナムの転職情報ベトナムの生活環境ベトナムで働く!インタビュー
海外で働く! 「元気なベトナム」で働く!

ベトナムの海外転職・求人情報 96件(1〜50件を表示中)

ベトナムの海外転職・求人情報 96件(1〜50件を表示中)

勤務地
勤務地を選ぶ
職種
職種を選ぶ
年収
経験
特徴
業種
業種を選ぶ
キーワード
職種や業種や資格などを入力してください。
※2文字以上の文字列を入力してください。

ベトナムの転職情報

日本人が活躍中の代表的な
職種・業種
職種
  • 営業 (特に日系企業向け営業)
  • ITエンジニア
  • 管理・事務
業種
  • 商社
  • メーカー
  • 物流
  • サービス
ベトナムには多くの日系企業が進出しているため、日系企業向け営業職のニーズが高いです。また、現地の従業員を指示するリーダーポジションの管理職の求人も多く見られます。
給与事情
雇用契約書に給与をアメリカドル(USD)またはベトナムドンで記載しますが、契約上アメリカドルで記載されても、実際に支払する時はその時のレートで換算し、ベトナムドンで支払う企業もあります。給与の支払いについて、アメリカドルか、ベトナムドンに換算して支払われるのか、事前に確認しましょう。ベトナムドンに換算して支払う場合、毎回その時のレートで換算するのか、一定期間の固定レートで換算するのか、企業の換算方法の基準も把握しておきましょう。
現地採用の場合
  • 事務職 1,200~1,800USD(月額 約13万~20万円)
  • 営業職 1,500~3,000USD(月額 約16万~33万円)
  • ITエンジニア職 2,000~3,000USD(月額 約22万~33万)
  • 管理職 2,500~5,000USD(月額 約28万~56万円)
※iGlocal Resource Joint Stock Company(ベトナムの人材紹介会社)のデータより
仕事上必要とされる言語スキル
英語
TOEIC700点以上が望ましい
※日系企業の場合はTOEIC600点以上が望ましい
ベトナム語
必須ではない
ベトナムの多くの企業は英語でやり取りしているため基本的に英語力は必要とされますが、日系企業の場合、それほど上級レベルの英語能力は求められません。
ベトナム語に関しては基本的に必須ではないですが、多少話せるなら現地の人のマネジメントがよりスムーズにできます。
入国手続き・ビザ
就業目的でベトナムに入国するには、労働許可書(ワークパーミット)とベトナム在留資格認定書類(就労ビザ(LD) または テンポラリレジデンスカード)の申請が必要です。
手順としては、以下(1)、(2)のいずれかになります。
(1)労働許可書を取得する前に、やむを得ずベトナムに入国する場合
15日以上の滞在予定の方は出張目的の商用ビザ(DN)を取得する必要があります。
※労働許可書を取得するまでは就労ビザ(LD)の発給はできません。

労働許可書を取得した後、テンポラリレジデンスカード(LD)への切替申請を行います。
※ビザは海外におけるベトナム大使館/領事館で発給していますので、ベトナム国内において、ビザの新規申請はできません。
※テンポラリレジデンスカードはベトナム国内の地方出入国管理局室で発給しています。
(2)労働許可書を取得した後にベトナムに入国する場合
労働許可書を取得した後、就労ビザ(LD)の申請を行います。
昨今は外国人に対する労働許可書および就労ビザ(LD)の発給が厳しくなり、実務経験がなければ、発給は難しい状況です。
※労働許可書および就労ビザ(LD)/テンポラリレジデンスカードの有効期間は、最大2年間です。
※実務上、上記(2)の場合でも2年間の就労ビザでなく3ヶ月の就労ビザを申請し、ベトナム入国後にテンポラリレジデンスカードへ切替えを行う方法が広く選択されているようです。
労働許可書(ワークパーミット)の種類
職種申請条件
管理職管理職としての実務経験を有し かつ 下記のいずれかに該当する方である。

(1)社員総会会長・社員総会メンバー
(2)1名有限会社の会長
(3)取締役会会長、取締役
(4)社長
(5)会社の定款の定めに基づき、会社名義で各種契約を締結する権限を有するその他の管理者

※管理職経験証明書の提出が必要
専門家■外国の機関・組織・企業が発行する専門家の証明書を有する方
または
■ベトナムで行う業務の分野に関する大卒以上の学位 かつ その分野における3年以上の実務経験を有する方
技術者1年以上の専門トレーニング(専門学校によるトレーニングなど)の証明書 および ベトナムで行う業務と同様の3年間の実務経験を有する方
※ベトナム政令の新規定Decree 11/2016/ND-CPに基づき作成した株式会社I-GLOCALの「労働許可書に関する新規定」レポートより
無犯罪証明書の提出

労働許可書の申請には、直近居住地の「無犯罪証明書」 または ベトナムの「無犯罪証明書」(ベトナムに入国した経験がある方)のいずれかを提出する必要があります。

■「無犯罪証明書」は直近住居地の都道府県警察または警察庁で発行しています。
※警察官庁によって、提出先機関からの無犯罪証明書を要求する文書など、無犯罪証明書発給の必要性が確認できる書類を求められることがあります。その場合は、任命状 あるいは 労働許可書取得申請書(通達No.40/2016/TT-BLDTBXHの添付フォーム07)のドラフトを提出することで対応することが一般的です。

■過去にベトナム在住経験を有する場合はベトナムの無犯罪証明書のみを提出することになり、ベトナム現地の市・省の司法局で取得できます。
※本人が直接行うか、または 取得申請業務を他者に委任することができます。

※株式会社I-GLOCALの「現地採用に関する手続き」レポートより
平均休日・休暇
年間祝日:約10日
祝日が週休と重なった場合、その週休の翌日を振替休日にできます。日本の場合、祝日が土曜日と重なったら、振替休日はありませんが、ベトナムの場合、土日を週休と定めた企業なら、祝日が土曜日と重なったら振替休日は生じます。
※外国人の場合、母国の伝統的な正月に1日、および建国記念日に1日休むことができます。
一般的に企業の夏休みがなく、ベトナムの大型連休はテトという旧正月の5日間のみです。テト期間は日本のお正月と同じく休業する企業が多くあります。
※テトの期間は政府が定めるため、毎年日にちが異なります。1月の下旬~2月の上旬あたりになることが多いようです。
2017年のテトは1月26日~2月1日までと決められました。
福利厚生
雇用形態
正社員と契約社員
※ベトナムでは最初の採用は契約社員で契約するのが一般的です。契約社員の契約終了後、正社員に切り替える場合があります。
諸手当
ベトナムで働く外国人は強制的にベトナムの健康保険に加入されます。
※2018年からベトナム人と同様、①健康保険に加えて、②社会保険も強制的に加入する必要があります。
※出所:
  • ベトナム政府法務省:http://www.moj.gov.vn/vbpq/en/lists/vn%20bn%20php%20lut/view_detail.aspx?itemid=10507#
  • ベトナム政府労働省:http://www.molisa.gov.vn/en/Pages/Detail-document.aspx?vID=635
  • ベトナム政府労働省:http://www.molisa.gov.vn/vi/Pages/ChiTietVanBan.aspx?vID=33116
福利厚生は企業によって異なりますが、交通費や住宅手当は給与に含まれる企業が多いです。
また、年に1回あるいは3年目から一時の帰国航空券を負担してくれる企業などもあります。
ベトナムは、時間外労働の割増賃金が高く、特に週休日や祝日の時間外は割高です
  • 通常勤務日の時間外労働:       150%
  • 週休日の時間外労働:         200%
  • 祝日または有給休暇の時間外労働:   300%
※出所:
  • ベトナム政府労働省:http://www.molisa.gov.vn/en/Pages/Detail-document.aspx?vID=538
  • ベトナム政府計画・投資省:http://vbqppl.mpi.gov.vn/en-us/Pages/default.aspx?itemId=6a4ad319-f097-43dd-8cb2-3627cabff248&list=documentDetail
※日本の場合
  • 通常勤務日の時間外労働:       125%
  • 休日労働:              135%
法律的に時間外労働が発生する場合、高い割増賃金を支払う必要がありますので、各企業は基本的に残業なしを推奨しています。
賞与
一般的に年1回(ベトナムの旧正月(テト)に1カ月分の給与で支給)
※業績・成績によって支給されない場合もあります。
生活費の平均(1ヶ月)
ライフスタイルにより生活費は異なりますが、下記の主な物価を参考にしてください。
加工品
  • インスタントラーメン 1袋 約5,000~10,000VND(約25~50円)
  • チョコパイ 1箱(6個入り)約30,000VND(約150円)
  • 板チョコレート 約30,000VND(約150円)
  • ポテトチップス 1袋 30~60g 約10,000~20,000VND(約50~100円)
飲み物
  • ミネラルウォーター 500ml 約5,000~10,000VND(約25~50円)
  • お茶 500ml 約10,000~15,000VND(約50~75円)
  • 缶ビール 330ml 約10,000~20,000VND(約50~100円)
  • 缶コーヒー 240ml 約10,000~15,000VND(約50~75円)
  • 缶コーラ 330ml 約8,000~10,000VND(約40~50円)
外食
軽食
  • 春巻き(ライスペーパーで包んだ生春巻き)
    1本 約10,000~20,000VND(約50~100円)
  • バイン・ミー(フランスパンで作ったベトナム風サンドイッチ)
    約15,000~20,000VND(約75~100円)
  • バイン・セオ(もやしや玉ねぎと豚肉を焼いた生地で包んだベトナム風お好み焼き)
    約20,000~30,000VND(約100~150円)
  • チェー(ベトナム風ぜんざい)
    約10,000~20,000VND(約50~100円)
一般的なメニュー
  • フォー(米粉の麺を使用した麺料理)
    約30,000~50,000VND(約150~250円)
  • ブンティットヌン(炭火焼肉をのせた米麺料理)
    約20,000~50,000VND(約100~250円)
  • コムタム(炭火焼きスペアリブのせご飯)
    約20,000~50,000VND(約100~250円)
  • ティットコー(ベトナム風豚の角煮)
    約30,000~70,000VND(約145~340円)
※上記の値段は屋台で食べる場合の値段の目安になります。レストランで食べる場合、多少高くなります。

日用品
  • トイレットペーパー 12ロール 約30,000~50,000VND(約150~250円)
  • 生理用品 普通サイズ 8個入り 約15,000~20,000VND(約75~100円)
  • 石鹸 約10,000~20,000VND(約50~100円)
  • 歯磨き粉 約30,000~50,000VND(約150~250円)
  • 歯ブラシ 約6,000~10,000VND(約30~50円)
住宅事情
ベトナムで現地採用の日本人に人気の物件は、ランドリーやハウスキーピングサービスなどサービスがついているサービスアパートメントです。
プールやスポーツクラブはないですが、部屋の中に家具や電気製品が完備されるのが一般的です。節約したい人は、警備員サービスと最低限必要な家具のみついているところを選ぶケースが多いです。
ベトナムは電車・地下鉄が発達していないため、可能であれば会社の近くに住んだほうが通勤は便利になります。
オフィス街・日系企業が多いエリア
  • ホーチミン:1区
    サービスアパートメント 面積30~40m²
    家賃平均約:500~700USD(約57,500~80,500円)
  • ハノイ:ホアンキエム区
    サービスアパートメント 1ルーム 面積30~40m²
    家賃平均約:600~800USD(約69,000~92,000円)
    ※2017年3月/自社調べ
家賃相場は住宅のタイプやエリアによって幅があります。
こちらの記事で詳細をご紹介しています。
ベトナム転職で気になる!ホーチミンの住宅事情~いくらで住めるの??
ベトナムではベトナムトンとアメリカドル2つの通貨標記を使用しています。部屋を借りる時、一般的に家賃や保証金などをアメリカドルで表示します。最近、ベトナムドンで表示するところも増えましたので、契約する際、アメリカドルとベトナムドンが両方記載されることに注意してください。
ベトナムで部屋を借りる時、家賃のほかに家賃の1月分を保証金として支払う必要があります。この保証金(デポジット)は、退去時に全額返金されます。家賃の支払は6カ月~12カ月分の一括払いが一般的です。
通勤事情
ベトナムは公共の交通網が発達していないため、可能であれば会社の近くに住み、徒歩での通勤がおすすめです。
主な交通法
  • (1)バス (市内移動の場合:基本的に一律料金ですが距離と時間帯によって変わります。5,000、6,000、7,000、10,000VND (約25, 30, 35, 50円)の4パターンがあります)
  • (2)タクシー (初乗り運賃約10,000~13,500VND 約50~67円)
  • タクシー配車アプリ
    最近注目されている配車アプリ「Uber」や「Grab Taxi」はベトナムで人気が高まっています。事前に調べた行き先を指定すれば、ベトナム語が分からなくても目的地に辿り着きます。通常より料金も安くなり、運転手の顔写真も見られるため、比較的に安心してタクシーを利用できます。但し、天候が悪い日はタクシーが掴まらないため、値段が2~3倍上がるケースもあります。

  • (3)バイクタクシー (ベトナム語で「セオム」と呼びます)
    ※バイクタクシーは、行き先を伝えてから金額を交渉して乗りますが、料金は不明です。個人経営が多く、トラブル発生の可能性と安全な面を考えると、おすすめしません。
※ベトナムには現在地下鉄がありませんが、建設計画進行しています。
・ハノイ:2017年半ばにカットリン (Cat Linh)~ハドン (Ha Dong)区間を走行する「第2A号線」の運転開始見込み
・ホーチミン:2020年にホーチミン市内を走行する地下鉄を計画
ビジネスに対する価値観
ベトナムのビジネスに対する価値観はいくつか日本と異なるものがあります。仕事に支障が生じないように下記のことに気をつけましょう。
注意したいマナー
  • (1)家族や親友とのプライベートな用事があれば、休みを取る。
    ベトナム人は仕事より家族・親友を大事にしているので、休みを許可しない場合、仕事をやめることに繋がる可能性があります。
  • (2)休日・祝日出勤はNG
    元々ベトナムの休日・祝日が少ないこともあって、休みの日は家族との時間を大事にしています。休日・祝日出勤に対して前向きではありません。
  • (3)人の前では叱らない。
    ベトナム人は対面を保つことを重視する傾向があり、人の前で叱ることを控えた方がいいです。

ベトナムの生活環境

面積
32万9,241平方キロメートル(日本の約0.89倍)
首都
ハノイ
人口
約9,270万人(2016年 越統計総局)※1
在留日本人の数
14,695人(2015年10月現在)※1
在ベトナム日企業の数
1,481社
※ベトナム日本商工会およびホーチミン日本商工会の会員数のみ
  • ・ベトナム日本商工会(ハノイ、ハイフォン、北部ベトナム)657社(2017年3月)
  • ・ホーチミン日本商工会 824社(2016年4月)
標準語
ベトナム語
通貨単位
ドン(VND)
為替レート
100円=20,103.65 ベトナム ドン (2017年3月1日時点)
主要産業
農林水産業、鉱業、工業※1
気候
ベトナムは北部と南部の気候がそれぞれ亜熱帯気候と熱帯に属しているため、地域によって気候が大きく異なります。
北部(ハノイ)
四季があって、年間の気温差が激しい。(平均温度:24度)
冬12~2月、 春2~4月、 夏5~8月、 秋9~11月
南部(ホーチミン)
年間を通して高温。(平均温度:27度)
雨季5~10月、 乾季11~4月
日本との時間差
2時間(日本のほうが2時間進んでいます)
※1 出所:外務省のウェブサイト(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/vietnam/data.html#section1)
監修:iGlocal Resource Joint Stock Company(ベトナムの人材紹介会社)

ベトナムで気になる!現地情報

シンガポール在住・寿司職人

ベトナム転職で気になる!ホーチミンの住宅事情~いくらで住めるの??

旅行先として、また海外勤務先でも人気上昇中のベトナム・ホーチミン。経済が発展し日系企業の商業施設も完成し、日本人の居住が増えています。今回は、現地採用としてホーチミンに居住する場合、どのような部屋に住めるのか、家賃はどれぐらいかかるかなどをご紹介します!

海外で働く! 「元気なベトナム」で働く!