海外転職Q&A

海外転職検討

国内(海外関連部署)・外資系・現地企業への転職に必要な英語力(TOEICなど)について知りたい

企業が求めるのは実用的な英語力。TOEIC700点以上が目安です

転職先や担当の業務内容によって必要とされる英語力は違いますが、TOEIC700点以上が目安と考えるのが良いでしょう。ただ、企業が求めるのはテストの点数ではなく、どのようなシーンで利用してきたか、外国人スタッフと仕事のコミュニケーションが取れるかなどの実用レベルです。

レベルの高い外資系企業や専門性の高い業務の場合は、実務での経験がないと、TOEIC900点以上あっても難しい場合があります。

日系企業の場合

日系企業であっても業務で海外拠点の英語ネイティブスピーカーとのミーティングが頻繁にあるようであればビジネスレベルが求められます。

一方、海外拠点のスタッフや取引先の担当者が日本人であれば使用するシーンも限られてきますので、基礎的な英語力があれば転職できる可能性もあります。

外資系の場合

働く環境によって求められる英語力が異なりますので一概には言えませんが、社内公用語が英語の場合は、ネイティブスピーカーとコミュニケーションを取る場面が多くなるため、ビジネスレベル上級が求められます。仮にTOEICで高い点数を持っていたとしても、ビジネスとしてのスピーキングやヒアリングが苦手であれば会議やコミュニケーションに支障が出ます。

転職の際、英語での面接を取り入れる企業も多いためTOEICなどのテストはもちろん実践的な会話力を鍛える必要があります。

現地企業の場合

欧米の現地企業の場合、ビジネスレベル上級の英語力が必要になりますが、東南アジアの現地企業の場合、公用語が英語であれば、現地スタッフも非ネイティブのため、高い英語力がなくても業務を遂行することが可能です。

また日系の現地企業の場合、多くの企業が英語力を求めていますが、なかには語学力不問の企業もあります。英語が苦手な方はまずはそのような企業に入社するのも選択肢の一つです。ただし、選考においては、経験が同じであれば語学力がある人材を採用したいと考えますので、やはり今から基礎的な英語は身に付けておく必要があります。

この内容は2017年02月23日時点の情報です。
回答者:マイナビ転職グローバル キャリアアドバイザー

海外転職Q&A TOPへ
マイナビ転職グローバルTOPへ