海外転職Q&A

海外転職検討

海外転職する前に語学留学や短期留学は必要?

転職では語学力を高めるより実務経験を積んだほうが有利です

海外転職では即戦力が求められるため企業が重要視するのは今までの職務経験です。語学留学によって語学力は上がるかもしれませんが、経歴にブランクが出来てしまい転職活動において不利に働く可能性もあります。

まずは日本で英語の学習をしながらしっかりと職務経験を積むことをおすすめします。どうしても留学をしたいのであれば、留学先として転職したい国の大学や大学院を選ぶと今後の転職に繋がるでしょう。

欧米などの英語が公用語になっている国で働きたい場合

英語が話せることを前提としているため、英語力があったとしても経験がなければ転職成功には繋がりません。ただしある程度経験があり、英語力をアップさせることで希望のポジションに就けるというご状況であれば、経歴にブランクが出来てしまいますが留学するのも良いでしょう。その場合、留学先や期間などは慎重に検討すべきです。

東南アジアなど英語公用語ではない国で働きたい場合

ビジネスの場では現地語ではなく英語を使うことが多いですが、実はそれほど高い英語力を求められるわけではありません。日本人が採用されるポジションは日系企業がクライアントになることが多いので日本語のみで業務を行うこともあります。

もし希望するポジションに就けるご経験がないようであれば、英語力を高めるより日本で実務経験を積むことをおすすめします。

海外にある日系企業の場合、基本的に日本語でやり取りするため、それほど高いレベルの語学力は求められません。仕事しながら、または転職してから語学の勉強をする方法もあります。

この内容は2017年02月23日時点の情報です。
回答者:マイナビ転職グローバル キャリアアドバイザー

海外転職Q&A TOPへ
マイナビ転職グローバルTOPへ