海外転職Q&A

海外転職活動

海外企業の面接はやっぱり英語?

現地企業は英語で面接することが多いですが、日系企業は日本語メインで行われることがほとんどです

勤務地や採用されるポジションにもよりますが、日系企業の場合は日本語メインで面接が行われることが多いようです。

もちろん英語圏や英語力を求められるポジションであれば、語学力のチェックとして英語面接が行われることもありますので、しっかりと準備はしておきましょう。

現地企業の場合

英語で面接をすることが多いようです。事前にしっかりと対策する必要があります。また、国によっては英語より現地語を重視する場合もあります。

日系企業の場合

欧米や東南アジアなど国によっても異なってきますが、日系企業の場合は日本語で面接する企業が多いようです。ただし、高い語学力を求められるポジションの場合は英語など外国語で面接をする場合もあります。

この内容は2017年02月23日時点の情報です。
回答者:マイナビ転職グローバル キャリアアドバイザー

海外転職Q&A TOPへ
マイナビ転職グローバルTOPへ