このエントリーをはてなブックマークに追加

転職者プロフィール
日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・ビジネス・サービス事業 コンサルティングサービス
上野高純さん(32歳・入社1年目)
【仕事内容】
仕事内容:SAP ERPの導入支援(設計・実装、テスト、運用保守)
販売モジュールのチームリーダー

グローバル案件でSAP ERPの導入支援
モジュールのチームリーダー
SAP ERP導入支援の企業から、日本IBMへの転職

これからのシステムは、1から“作る”のではなく、サービスを組み合わせて“使う”時代になる。

そのためには、エンジニアはどのような能力が必要か。どのようなエンジニアが「世の中に必要とされる」のか――。

上野高純さん(32歳)は、9年間にわたりSAP ERP導入支援を行ってきたエンジニアだ。だが、「世の中に必要とされるエンジニアになりたい」という思いで転職を決意、2011年1月に日本IBMに転職した。

上野さんが考える「世の中に必要とされるエンジニア像」はどんなものか、そのエンジニアに必要なスキルは何か。そして今は日本IBMで目標実現のためにどのような活躍をしているのか――話を聞いた。

SAP ERP導入のほぼ全工程に関わり、チームリーダーを経験

上野さんは、中堅のIT企業で9年間、製造企業向けのSAP ERP導入支援を行ってきた。新卒入社時は開発・保守運用からスタートし、システムの企画や提案、開発にテスト、保守運用と、SAP ERP導入のほぼ全工程に関わった。上野さんは特に、販売物流のシステム案件に強く、ここ数年は販売関連のモジュールを担当するチームリーダーを任されていた。

「基幹システムの導入は、企業にとっては一大イベントです。そのイベントに立ち合い、無事に導入できたときに感謝されると、とてもうれしかったですね」と、当時の仕事のやりがいを語る。

「大きな案件が終わるたび、次の仕事へのモチベーションをもらっていた」という上野さんは、仕事内容や人間関係にも特に大きな不満はなかったという。だが2009年、彼が30歳の時に、転職について考え始めたという。


自分に必要なのは、2つの「プラスアルファのスキル」

「30歳になった時に考えたんです。どういうスキルを身に付けたら、“世の中に必要とされる人材になれるか”と。今後、“必要とされる人材”を目指してキャリアアップしていくためには、自分にはプラスアルファのスキルが必要だと思いました」

そこで上野さんは、あらためて自分のキャリアを見直した。具体的に「自分は何ができて、何が足りないか」というスキルと経験の棚卸しをしたという。

SAP ERPの販売物流モジュールの知識、SAP ERP導入の全工程を経験しているし、開発の知識もある。だが、導入前の段階、つまりお客様と直接やりとりをして「どうすれば企業が持つ問題をうまく解決できるか」を考えて提案するコンサルティングは経験していない。

これまでに培ったSAP ERPのスキルと知識を生かしつつ、より「必要とされるエンジニア」になるためにはどうすればよいか――。上野さんが行き着いた答えは、2つの「プラスアルファのスキル」だった。

1つ目は、システムを導入する前フェイズである「導入支援コンサルティング」に関わること。2つ目は、「SAP ERP“以外”のアプリケーション」の知識を習得することだ。

9年以上SAP ERPの仕事をし、企業の課題解決と、より良い事業運営のためのシステムの導入・運用を支援してきた上野さんは、「SAP ERPの知識だけでは限界がある」と感じていた。「SAP ERPを導入することだけが、必ずしも“解”ではない」からだ。

「SAP ERPの枠にとどまらない幅広い選択肢の中から適切なプランを提案し、コンサルティングできる人材になりたい」

上野さんのキャリアアップの方向性は絞られた。

プロジェクトの切れ目を契機に、転職活動を開始

ある程度キャリアプランは描いたものの、実際に行動には移ったのは、担当プロジェクトが一段落した2010年の6月からだった。上野さんは転職エージェントに登録し、企業からのオファーメールにも目を通すようにするなど、具体的な転職活動を開始した。

転職先を選ぶに当たり、条件は2つあった。1つは、SAP ERPを含む幅広いソリューションを扱っている企業であること。もう1つが、グローバルな仕事ができるチャンスのある企業であること。

「システム導入は、もはや日本国内だけの仕事ではなくなってきています。グローバルプロジェクトの経験は、今後のキャリアアップにつながると考えました」

必然的に対象となる企業は絞られてくる中、タイミング良く人材紹介企業から日本IBMの紹介を受ける。同社はこれまでに身に付けたSAP ERPのスキルを活用できることに加え、自社製品を持ち、グローバルで事業を展開している。まさに上野さんが考えていた条件を満たす企業だった。

「自分がこれまでやってきた9年の実績が認められるのだろうか」という一抹の不安はあったものの、上野さんは見事2回の面接を通過。2010年10月には採用通知を受け取ることができた。 そして2011年1月、上野さんは日本IBMに転職した。

転職直後にグローバルプロジェクトにアサイン!

入社後すぐ、上野さんはグローバル・ビジネス・サービス事業部で、SAP ERPの導入プロジェクトにアサインされた。夏まではメンバーとして入り、システムが正式稼働を迎えた9月からは、モジュールチームのリーダーとして、保守と追加対応を行っている。

プロジェクトは、「日本に本社がある企業の中国拠点にSAP ERPを導入する」という内容で、まさに上野さんが希望していた「グローバル」なプロジェクトを早速担当するチャンスが訪れた。

このプロジェクトはかなりの大規模で、顧客企業は実に10年ぶりに基幹システムを入れ替えるそうだ。さらに、上野さんが担当する中国拠点は最も規模が大きいため、ここで導入したSAP ERPをグローバルテンプレートとして他の海外拠点にもすべて導入する予定だという。

「お客さまは海外でのビジネスをどんどん展開していて、まさに今“成長している”段階です。会社の大きな転換期に立ち会えるのは、大きな喜びです。さらに、自分が携わったシステムがさまざまな国でも使われるため、責任感と使命感は強いですね」――上野さんは、仕事のやりがいをこう語る。

また、国際的な舞台で仕事ができている、ということ自体にも、「純粋に、刺激的な仕事ができている、という実感がある」そうだ。

知識の幅が広がっていくことが、面白い
「新しいことを知るのは、大変だけど面白い」

もちろん、大変なこともある。グローバルプロジェクトで特に意識しなければならないのは「国ごとの法律」だ。特に、基幹システムは法律と密接に関わる部分があるため、法律を考慮しながらカスタマイズを行う必要がある。さらに、このシステムをグローバルテンプレートとするため、知らなければならない知識の幅が増えた。だが、上野さんは「大変だけど面白いです」と、新しい知識の習得に意欲的だ。

また、上野さんは独学で英語の勉強にも取り組んでいる。現在のプロジェクトでは、現地法人とのやりとりは通訳を通して行っているが、さまざまな国籍の人と一緒に働く上で、英語の必要性をあらためて実感したという。

「これまでも頭では『英語は必要なもの』だと思っていましたが、転職したことでその必要性をひしひしと感じましたね。また、今後中国案件がもっと増えてくる場合には、中国語も習得しておいて損はないでしょうね」

そう語る上野さんだが、「実は、あまり英語は得意ではないんです」と明かす。「面接のとき、英語のスキルはあるかと聞かれ、『入社後に身に付けます』と答えました。なので今、頑張っているところです」

「これから世の中に必要とされる人材」が持つべき能力とは

「必要とされる人材」を目指したキャリアアップのために、今後はシステム導入前の提案フェイズも経験していきたい、という上野さん。必要なSAP ERP以外の知識を身に付けるために、自社製品の社内勉強会にも参加しているそうだ。「まだまだ勉強中ですが、SAP ERPとIBM製品の違いが見えてきて興味深いですよ」と、上野さんは語る。

では具体的に、上野さんが考える「必要とされる人材」に必要な能力とは何なのだろうか。

上野さんはここで、「クラウド」というキーワードを挙げた。

「クラウドが浸透していけば、システムはますます、1から“作る”のではなく、すでにあるソリューションを組み合わせて“使う”時代になっていきます。その時エンジニアに求められる能力は、幅広い知識に基づいた提案力、だと思います」

まずは、世の中にどういうソリューションがあるか、幅広く知っていること。そして、その知識を持った上で、「お客さまの課題解決のために、どのソリューションを組み合わせれば良いか考え、的確な提案ができる」ことなのだという。そのために、上野さんは転職して、自分が持つ知識の幅を増やすことを選んだ。

実際、上野さんはそういった人材になるために、目下勉強中だ。「まずは、IBMの持つさまざまな製品の勉強をしています。また社内にいれば、必然的にSAP ERP以外の知識が深い人との関わりも増えています。知識欲が満たされる、実に良い環境です」と、笑って話す。

自分のキャリアの方向性に対し、明確なビジョンを持って転職活動に臨んだ上野さんは、着実に自分の希望をかなえていっている。キャリアアップを図りたいエンジニアは、まずは「自分が将来どんなエンジニアになりたいか」を、具体的に思い描いてみることが第一歩かもしれない。

人事に聞く、上野さんの評価ポイント

前職で、一貫したSAP ERPプロジェクトの経験があったこと、特に要件定義から運用保守まで幅広く経験していたこと、販売物流領域についての経験が豊富で、大規模なプロジェクトも経験していたことを評価しました。

上野さんはチームリーダーとしての経験があり、お客さまと話を詰める泥臭さから逃げない姿勢を、面接で感じ取ることができました。また、コミュニケーションスキルや、リーダーシップといったコンサルタントとしてのコア能力も身に付いていると評価しました。

これまでの経歴に裏付けされた実績と、「コンサルタントへキャリアアップしたい」という本人の強い思いが伝わり、即戦力での活躍が見込めたため、採用に至りました。

※企画・制作:@IT自分戦略研究所編集部
※JOB@ITの記事(2011年11月)に再編集を加えて掲載しています。
このインタビューに関連する求人 注目!
バックナンバー

まだ見ぬ景色を求めて――執行役員まで上り詰めたエンジニア、33歳の新たな挑戦

評価を求める、役職を求める、給与アップを求める――転職のゴールは人それぞれだ。執行役員にまで登り詰めることと、ゴールテープを切ることはイコール...

私は“MoE(Mother of Engineer)”――エンジニアの母と呼ばれた男

転職の目的、スタイル、その後の展開は人それぞれだ。今回紹介するエンジニアは、大手SI企業からコンサル企業、そして新進気鋭のネット企業への転職を...

未来を見通す力がないなら、「必要とされる自分」になればいい

「クービック」が提供するサービスは、ひと言で言えば「予約システム」だ。ちょっとした空き時間に、さっと予約できる仕組みがあれば、サービス提供者の...


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ