ITエンジニアコラム:きたみりゅうじのエンジニア転職百景

著者プロフィール

きたみりゅうじ
もとは企業用システムの設計・開発、おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。あまりになんでもありでほとほと疲れ果てたので、他社に転職。その会社も半年であっさりつぶれ、移籍先でウィンドウズのパッケージソフト開発に従事するという流浪生活を送る。本業のかたわらウェブ上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり、現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。
遅筆ながらも自身のサイト上にて、4コマまんがは現在も連載中。
http://www.kitajirushi.jp/

著書紹介

キタミ式イラストIT塾
「ITパスポート試験」 平成22年度


出版社:技術評論社
定価:¥2,079(税込)
http://www.amazon.co.jp/dp/4774142026


★このコーナーが本になりました!
SE・エンジニアの
本当にあった怖い転職話


出版社: 毎日コミュニケーションズ
定価:1,470円(税込)
 

新卒で入り、矛盾を覚え、やがて転職を意識する。E本さんもまた、そうした道をたどった一人です。そんな彼女に採用担当者がつげた、「ひとつ問題が」とは果たしてなにか。こんな偶然あるのねぇ……、今回はそんなお話。

「アウトソーシング」に心が折れた

E本さんの勤める会社は、小さな小さなベンチャー企業。ただ、新卒入社の彼女にとっては、一番年が近い方でも12歳違うという、皆さん一回り以上年の離れた、男社会の会社でありました。
そんな中でE本さんは、「周りに少しでも早く追いつきたい」と、懸命に仕事へと取り組みます。「できない」という言葉だけは使わない。それが、キャリアの浅い彼女にとって、唯一の抵抗といえるものでした。
そんなガムシャラな新人時代。ところが一年が過ぎ、周囲を見渡す余裕も生まれた時、彼女はふと「あれ? 忙しくしてるの私だけ?」という現実に直面します。
「なんで?」
自分が5日で仕上げてみせる作業に、なぜかみんなは10日もかけている。その案件、そんなペースだと赤字だろう…と思うのに、別に気にする風もなく、赤字のままで済ませている。
でもなぜか私には、「キミなら余裕でしょう」と、いつもギリギリの仕事が舞い降りてばかり…。結果、いつも終電や泊まり込みの彼女に対して、みんなはのんびり定時あがりばかり。
「なんで?なんで?」
 ところが、そんな状態にあっても、若手の彼女には思うような評価が下りません。赤字の受注案件を彼女の努力で「なんとかトントン」のとこまで持ってきても、「黒字じゃないから」と、まるで給与は上がらないのです。  それでも、それでも私は開発者としてがんばるんだ!それが私のプライドなんだ!
そうやって自分を支える彼女のもとへ、上司からある方針が伝えられました。
「今後は開発業務をすべてアウトソーシングする」
これで、彼女の心はポキンと折れたのでした。

引っ越し先は知れた場所

実開発に携わっていたい。仕様だけ決めて丸投げするようなSEにはなりたくない。そんな信念のもと、提案から設計から開発までやるためにと、このベンチャー企業を選んだつもりでした。そして、がんばってきたつもりでした。
その前提が一気に崩れてしまう……。
尋常ではない凹みように、同じ現場で作業していた派遣の人が「飲みに行かない?」と。その鬱屈ぶりはただごとではなく、こりゃ話を聞いてやらねば……と思ったそうです。
その人が社員さんだったら、また違ったんでしょうけどね。
朝まで思いの丈をぶちまけて、少しは心の毒が抜けたE本さん。その勢いで、そのまま転職サイトに登録して……。
その一週間後には、新しい会社から内定をもらっていました。
新しい会社も、やはり同じくベンチャー企業です。しかし、今度は社員の7割がエンジニアで、皆が何かに特化したスキルを持つ方ばかり。平均年齢も若く、風通しがとてもいい。そしてなにより、「エンジニアが自分たちでサービスを築き上げる」ことに誇りを抱く風土が最高でした。しかもちょびっと技術向上の遊び心を入れてみたりするとこも。
「会社の説明を聞きにいった時、『ここに入れなかったら泣いてしまう』と思いました」と、E本さん。さらには「ここに入れても泣いてしまう」とも思ったのだとか。 いっけんトントン拍子に決まった彼女の転職活動でしたが、最後の最後で採用担当者が言ったのは…。
「ただ、ひとつだけ問題があってですね」
この少し後に、社の引っ越しを検討しているというその会社。なんと引っ越し先は、E本さんの勤める会社の、そのいっこ下のフロアであったのです。
今は新しい会社で幸せに働くE本さん。果たしてなんと答えたのでありましょうか。

オチの一コマ

本日の一句

我慢して、我慢して、我慢して。それだからこそ、「自分はこうありたい!」と信念を持つことができた。きっとE本さんはそうだったんだろうな…と思います。
そうして浮き彫りになった気持ちがあったからこその、「嬉し泣き」だったのではないでしょうか。
楽しい仕事と、おいしいランチ。う~ん、実にスバラシイ。今はとにかく、おめでとうございます。きたみアイコン

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド