「食事が美味しい」ご当地ランキング

執筆:ブランド総合研究所

“食が美味しいご当地”の印象が強いのはどこ?

ジモト見聞録、まずは第一弾として“食”にフォーカスをしてみました。
以下のランキングは47都道府県について、国民が「食事がおいしい」と感じている順位です。ご当地グルメや伝統料理、銘柄牛、特産フルーツに野菜、人気のレストランなど。まるで関係者あるいは毎日食べているかのように、一度口を開いたら熱っぽく語り続ける人が日本中に溢れかえっています。
そこで、実際に日本の国民にとって、「食事がおいしい」と感じる都道府県はどこかをランキングにしてみました。

※ランキングの元データは「北関東がワースト3」などでお馴染みの「地域ブランド調査2016」(ブランド総合研究所)の結果から、各都道府県について「食事がおいしい」と感じている人の割合(%)です。

「食事が美味しい」ご当地ランキング上位10位のリスト
参照:地域ブランド調査2016(ブランド総合研究所) 
※前年度と比較して順位がアップしたものに↑をつけています

食の王国は北海道!

北海道のカニ料理の写真

その結果、第一位は、北海道でした。なんと36.5%の人が北海道は「食事がおいしい」と回答していましたが、これは2位以下の倍以上というダントツの1位でした。
北海道の食の魅力は、カニ、ホタテ、じゃがいも、とうもろこしという豊富な食材。かつては米が作れないと嘆いていた時代もありましたが、平成27年の食味ランキングで、北海道産のお米としてはゆめぴりか、ななつぼし、ふっくりんこの3つが最上級の「特A」に選ばれています。
料理では何と言ってもラーメン。今や札幌はラーメン激戦区。市内に300軒以上があり、「ラーメン観光」と言わんばかりの大賑わい。旭川や函館のラーメンも大人気です。その他には、伝統料理の代表としては石狩鍋、近年はスープカレー、ジンギスカンなど続々流行しています。さらに白い恋人、夕張メロン、利尻昆布、ロイズ、小樽寿司など数え上げたらきりがありません。

食は関東より近畿が上!

1位が北の北海道なら、2位は南の福岡県。博多明太子と博多ラーメンが代表格。北海道のラーメンは様々ですが、福岡のラーメンはとんこつが主流。実はルーツは沖縄そばで、それが長崎ちゃんぽんとして伝わり、久留米ラーメンを経て、博多ラーメンとして定着したという説があります。南の島で生まれて博多で定着したとしたら、まるで食のシルクロードのようなものでロマンがありますね。
3位は京都府と大阪府が同率で並びました。食文化では関東を凌駕しています。
5位に富山県、6位に石川県と北陸新幹線で賑わう北陸勢がランクイン。新潟県は昨年より少し順位を落としましたが10位とベストテンに踏みとどまっています。
7位には昨年10位から上昇した青森県、8位には20位から急上昇した宮城県、9位は秋田県と東北勢がそろい踏みです。

「食事が美味しい」ご当地ランキング11位以下のリスト
  • 1
  • 2
  • ジモタスとは ジモトでの転職活動や仕事さがしを応援する、マイナビ転職が'ジモトの魅力'をテーマに情報を発信するメディアです。
  • JIMOQ あなたのジモトで、あなたに合った求人がすぐに見つかるジモトに根ざした求人情報サイトです。