株式会社税務研究会【創業70年超の税務・会計専門出版社】☆★年間休日128日★☆/【記者(取材/執筆/編集)】専門誌でプロとしてのキャリアを磨く(1116190) の求人情報

  • 株式会社税務研究会【創業70年超の税務・会計専門出版社】☆★年間休日128日★☆
  • 【記者(取材/執筆/編集)】専門誌でプロとしてのキャリアを磨く
  • この求人に応募する
  • 気になる
閉じる
気になるに保存しました。

株式会社税務研究会【創業70年超の税務・会計専門出版社】☆★年間休日128日★☆

【記者(取材/執筆/編集)】専門誌でプロとしてのキャリアを磨く正社員

業種 : 新聞・出版・印刷/専門コンサルタント/広告/インターネット関連
従業員数:161名 設立:1947年4月 資本金:5,400万円 売上高:44億7,400万円(2017年3月期実績) 本社所在地:東京都

情報更新日:
2018/05/29
掲載終了予定日:
2018/07/09
  • 完全週休2日制完全週休2日制
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎
  • 転勤なし転勤なし

女性のおしごと 掲載中

社歴が浅いうちから、簡単なコラムを担当。取材には基本1人で行くなど、裁量が大きいのも仕事の魅力です!

≪創業71年目≫ 次世代を担う、若手記者を増員募集!
反響をダイレクトに感じられるやりがいある仕事です。

ここがポイント!

  • ◆盤石な経営基盤◆歴史ある税務・会計の専門出版社
  • ◇会員数10万人◇業界トップクラスのシェアを獲得!
  • ◆現場目線の記事◆今に活きる確かな情報を収集・発信
  • ◇税務・会計の知識は、入社後に身につけられます
  • ◆30代活躍中◆年齢や性別問わず活躍できる環境
  • ◇働きやすさも抜群◇賞与年3回で活躍もしっかり評価

募集要項

募集の背景

「お客さまの『成功、創発、成長』の架け橋」となるべく、
設立より70年以上に渡り、税務・会計分野における
フレッシュで確かな情報をお届けする当社。

通巻3,500号を超える『週刊 税務通信』をはじめ、
多彩な専門誌の発行を介して、
あらゆる業界企業を支援し続ける会社です。

昨年創業70周年の節目を迎え、次世代を担う記者人員の増強を目指し、
新しい仲間を募集します。

仕事内容

≪残業少なめ&年休128日!≫会計事務所や企業経理部、財務省、国税庁等の関係省庁や関係組織、業界団体への取材及び原稿執筆をお任せします。


法律や通達など公表された資料だけでは分からない
“実務に役立つ税務・会計情報”をアナログ・デジタルのハイブリッドで
毎週お届けする『週刊 税務通信』。
あなたには、『週刊 税務通信』の記者として、以下の業務をお任せします。

≪具体的な業務の流れ≫
▼税理士や会計士、経理・財務部門の方へ疑問や課題をヒアリング
▼財務省、国税庁をはじめとする関係省庁への取材
▼原稿の方向性を決定・執筆
※その他、座談会などの特集企画や外部依頼時のディレクション等もお任せします。

≪入社後は…?≫
まずは、誌面上の小さいコラムなど比較的簡単なものからスタート。
編集長より渡されるキーワードを基に、先輩の協力も得ながら取材をベースに進めます。

編集長や先輩たちのアドバイスも受けつつ、何度か取材・執筆を繰り返すことで、
当社での仕事の進め方を身につけていってください。

≪税務や会計の知識は、入社後で大丈夫です≫

社内には税務・会計に関する書籍はもちろん、生き字引のような先輩方も多数在籍しているので、無理なくスタートできます。
一方、毎年法改正があるため、編集長でも常に勉強は欠かしません。
社会に密着した分野だけに学び続ける姿勢がある方なら、世の中を多彩な観点から分析できるようになります。

≪通巻3,500号超!メジャー誌ならではのやりがい≫

◆約10万部・通巻3,500号超の『週刊 税務通信』は、
税理士や会計士、企業の経理担当など、
税を扱う実務家の中で圧倒的な信頼と知名度を誇る雑誌です。
注目度も高いため、読者から「あの情報、凄く役立ったよ!」と、ダイレクトに反響をいただくことも。
直接販売をメインとした当社ならではの特徴です。

求める人材

◎35歳までの方※/大卒以上★若手社員が多数活躍中★ ――◆編集・執筆・取材記者などの経験があれば、もちろん活かしていただけます。


≪あれば活かせる経験など≫
○編集や執筆、取材記者経験
○税務・会計の知識

≪求める人物像≫
◇専門的な情報をまとめ、伝わる文章作成を楽しめる方
◇自己満足ではなく、読者へ役立つ情報を提供したい方
◇忍耐強く学び、成長し続けられる胆力のある方
◇マーケティング的な感覚を持ち合わせている方

★記者と営業担当が一緒に外出して情報収集することも!
お客さまである税理士・会計士・企業の経理部門の方々を直接訪問するのが当社の営業スタイル。
そこに記者が同行し取材することもあります。
コミュニケーション能力に長けた方であれば、すぐに活躍できる環境です。

(※)若年層の長期キャリア形成を図るため

≪会計・税務・経理関係者に多く知られる存在≫

発行部数約10万部の『週刊 税務通信』は、税理士や会計士、企業の経理担当者など、
税を扱う実務家の中で圧倒的な信頼と知名度を誇る雑誌です。
創立70年超の信頼をベースに、安定した基盤のなか、取材活動を行うことができます。

勤務地

★「大手町駅」直結のオフィス! ★昨年10月に移転したばかりの、眺望抜群!な新しいオフィスですので、とても快適に働くことができます!

【東京本社】
東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング19階

【アクセス】
東京メトロ・都営地下鉄各線「大手町駅」B10出口直結
東京メトロ・都営地下鉄各線「日本橋駅」A3出口より徒歩3分
JR線「東京駅」八重洲北口・日本橋口より徒歩2分
東京メトロ丸の内線「東京駅」より徒歩6分

マイナビ転職の勤務地区分では…
東京都
勤務時間 9:00〜17:00(実働7時間)
給与

月給21万円以上
※上記はあくまで最低保証給となります。
 年齢・経験・能力に応じて、当社規程により決定します。

★モデル例(総合職)
年収550万円(入社2年目/31歳) ※賞与含む、諸手当含まず

昇給・賞与 昇給/年1回(4月、前年度人事考課に基づく)
賞与/年3回(6月・11月・翌3月)
諸手当 交通費全額支給
家族手当
住宅手当(家賃補助)
利子補給
資格手当
休日・休暇 ★☆★年間休日128日(2017年度実績)★☆★

完全週休2日制(土、日)
祝日
夏期休暇
年末・年始休暇
有給休暇・慶弔・特別休暇
創立記念日(10月1日)
福利厚生 社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
退職金制度
企業年金制度
社員旅行  ※ハワイ(5年に1度)、台湾・沖縄等(2年に1度)
余暇支援金
育児・介護休業制度
永年勤続休暇制度(10年勤続で5日間、20年勤続で10日間)

★仕事ができるのは家族の支えがあってこそ、という創業当初の考えから
5年に1度のハワイ旅行は家族同伴での参加が可能です。
採用予定人数 若干名

この求人の特色

  • 第二新卒歓迎
  • U・Iターン歓迎
  • 「女性のおしごと」掲載中
  • 転勤なし
  • 残業月30時間以内
  • 産休・育休取得実績あり
  • 年間休日120日以上
  • 完全週休2日制
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 社宅・家賃補助制度
  • 交通費全額支給

会社・仕事の魅力

大手町駅から直結・東京駅からも徒歩2分。昨年移転したばかりの、新しくて開放的なオフィスです!

税務・会計に関する専門知識は入社後に身につけながら、記者として長期的なキャリアを築けます。

働きやすい環境を整え、あなたの成長をバックアップ!

【70年の歴史と実績を持つ安定成長企業です】

1947年に『週刊 税務通信』の刊行からスタートした税務研究会。
以来、税務・会計分野に特化した情報発信企業として
税理士や公認会計士、経理担当者から幅広い支持を得て
業界トップクラスのシェアを獲得しています。

安定した経営基盤を構築しているので
平均勤続年数は17.3年と高い定着率を誇っています。

【当社で働く魅力の数々をご紹介します!】
社員が最大のパフォーマンスを発揮できるよう
働きやすい環境を整えています。
完全週休2日制、年間休日は128日(2017年度実績)。
残業は少なく、定時で帰ることが多く、各自が時間を有効に使っています。
昨年10月、東京駅至近の最先端ビルにオフィスを移転!
広々とした快適な職場で、新たな一歩を踏み出せます。

【コミュニケーションの取りやすいフラットな社風!】
先輩後輩にかかわらず全員「記者」の肩書を持ち、上下関係も良好。
業界他社から転職してきた社員からも
「仕事がしやすい環境」と好評です!

編集長や先輩たちによる教育・フォロー体制があるため
早期から担当コラムを持ち、自由に取材・執筆を行う等
大きな裁量が与えられることも当社ならではの特徴。

毎週1本、しっかりとした記事ができれば
取材先や時間の使い方も自分次第。

裁量の大きな環境で、自由度高く腕を試したい方にとっても
最適なフィールドとなるでしょう。

社員インタビュー

新卒入社
31歳
横山

私は報道写真に興味があり、大学でも専攻していたため、新卒時には新聞社等を中心に受けていました。
より専門性の高い分野で活躍したいと思い当社に決めました。専門出版社ならではの安定性も魅力でした。
入社後は、現在まで一貫して「税務通信」の記者として活動しています。税理士の先生方や経理部の部長クラスの方へ取材させていただき、実務上の課題や疑問を伺い、国税などの税務当局等への取材を通じて記事にするのが主な仕事です。
入社当初は知識がなく分からないことだらけでしたが、今ではどのような情報がネタになるのか、その重要性も判断しながら、自分なりの基準も持って執筆に臨めるので楽しいですね。裁量を与えられているので、自由度高く取り組めています。
社内はとても風通しが良く、他部署の方と一緒に取材に伺うことも多いです。私がそうであったように、知識や経験のない方も前向きに学ぶ姿勢があれば、必ず成長できると思います。

会社情報

設立 1947(昭和22)年4月
代表者 代表取締役社長 山根 毅
従業員数 161名(2018年4月現在)
資本金 5,400万円
売上高 44億7,400万円(2017年3月期実績)
事業内容 ■税務・経理・会計に関する専門誌の編集・発行
『週刊 税務通信』『週刊 経営財務』『月刊 税務QA』『月刊 国際税務』
■書籍・小冊子の制作・販売
■研修会の開催
■会員制度によるより充実した実務情報の提供
■インターネット等による税務・会計情報の提供  等

<加盟団体>
一般社団法人日本書籍出版協会
公益社団法人日本専門新聞協会
出版健康保険組合
一般財団法人日本出版クラブ
日本電子出版協会(JEPA)
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング19階
企業ホームページ https://www.zeiken.co.jp/

取材後記(マイナビ転職編集部から)

今後は電子版などのデジタルコンテンツにも注力。記者としてのキャリアを磨く上で、将来性も抜群の環境だ。

1947年の創業以来、税務・会計分野の専門出版社として、税理士や会計士、企業の経理・会計担当者が日々必要とする“現場に役立つ実務情報”を提供し続ける(株)税務研究会。
70年にも及ぶ歴史と実績により、多くの顧客から厚い信頼を受ける安定成長企業である。
今回募集する『週刊 税務通信』などの定期刊行物のほか、多彩な書籍やDB、セミナー等を展開。
近年では雑誌や書籍のデジタル化も推進しており、2000年に『週刊 税務通信』のネット版もスタート。
現在は電子版(アプリ)の提供も開始。今後さらにデジタルコンテンツにも力を入れ、“情報発信企業”を目指し、事業を拡大させていくという。
業界のリーディングカンパニーで専門性を養い、記者としての腕を磨いていきたいという方は、この機会を逃すことなく挑戦して欲しい。

応募方法

応募方法 ■マイナビ転職の「応募フォーム」よりエントリーしてください。
※現在就業中の方でもお気軽にご応募ください。
 入社日は相談に応じます。
※個人情報は採用業務にのみ利用し、他の目的で第三者へ譲渡・開示することはありません。
※履歴書等は原則返却いたしません。
※ご不明な点がございましたら、お電話やメールにて、お気軽にお問い合わせください。
※ご質問は、マイナビ転職の「質問フォーム」をご利用ください。
応募受付後の連絡 書類選考の結果は、応募者全員に原則メールでご連絡いたします。
※ドメイン指定等をされている方はお気を付けください。
採用プロセス ▼ 書類選考
お送りいただいた応募データをもとに書類選考。追って面接のご案内を差し上げます。

▼一次面接+適性テスト

▼二次面接

▼内定
一次面接から採用内定までは3〜4週間程度を予定しております。
面接回数 1〜3回
選考の特徴
入社時期応相談

問い合わせ先

株式会社税務研究会【創業70年超の税務・会計専門出版社】☆★年間休日128日★☆

ホームページを見る
住所

〒 100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング19階 【地図を見る】

採用担当 採用担当
E-mail
電話番号 03-6777-3451

応募を悩んでる方にオススメ

匿名で企業に質問する

この求人について「気になる点がある」「もっと詳しく知りたい」という場合は、企業に質問することができます。個人情報や職務経歴を非公開にして、匿名で質問することも可能です。質問が集中した場合など企業の状況によっては、すべての質問に回答できないこともあります。その点ご了承の上、ご利用ください。締切間近の求人に関して応募をお悩みの場合は、応募フォームに質問内容を記載して、応募することをオススメします。

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。