第二東京弁護士会/【事務局職員】未経験、第二新卒歓迎/20〜30代の職員多数活躍中(1046886) の求人情報

  • 第二東京弁護士会
  • 【事務局職員】未経験、第二新卒歓迎/20〜30代の職員多数活躍中
  • この求人に応募する
  • 検討リストに保存
閉じる
検討リストに保存しました。
新着

第二東京弁護士会

【事務局職員】未経験、第二新卒歓迎/20〜30代の職員多数活躍中正社員

業種 : 公益・特殊・独立行政法人
従業員数:70名 資本金:- 本社所在地:東京都

情報更新日:
2017/12/08
掲載終了予定日:
2018/01/11
  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • 完全週休2日制完全週休2日制
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎

女性のおしごと 掲載中

弁護士の活動を支える、やりがいある仕事です。社会貢献できる仕事で、活躍しませんか。

ここがポイント!

  • 会員弁護士を支え、社会に貢献できる仕事です
  • 柔軟かつ的確に対応することで、相談者から感謝される
  • 新規事業もあり、行動力や提案力が発揮できます

募集要項

募集の背景

東京に3つある弁護士会の1つとして、会員である弁護士の登録事務、弁護士が行う委員会活動の支援、
法律相談センターの運営などを担う第二東京弁護士会。
第二東京弁護士会は、創立90年以上の歴史を有し、全国で52ある弁護士会の中で会員数は2番目に多い弁護士会です。

今回は職員を増員するため、採用を行うことになりました。
一つとして同じ業務はありませんので、自ら考えて、行動できる人を広く求めます。

仕事内容

会員管理、各種委員会の運営サポート、法律相談センターの運営など、会員である弁護士や法律相談をされたい方との業務がおもな仕事です。


弁護士会の幅広い活動を支えるさまざまな職務を担当してもらいます。

【具体的には】
■会員の管理業務
会員である弁護士の登録、変更手続き、
会員向けの研修の運営事務などを行います。

■各種委員会の運営サポート業務
「人権擁護委員会」や「環境保全委員会」など社会問題の解決をめざす各種委員会活動の
開催準備や会議資料・議事録の作成、連絡業務などを行います。

■法律相談センターの運営
「住宅問題で困っている」「弁護士を紹介してほしい」といった市民の方々に、法律相談の案内や受付などを行います。

【入社後は】
1年間は、教育担当として先輩が一人つくので、わからないことは気軽に相談できます。

求める人材

【大卒以上 未経験・第二新卒者歓迎 30歳までの方】 ※法学部出身でなくても大丈夫。また、法律に関する知識の有無も問いません。


■大卒以上
■未経験・第二新卒者歓迎
※法学部出身でなくても大丈夫。また、法律に関する知識の有無も問いません。
■30歳までの方(若年層の長期キャリア形成をはかるため) 

【こんな方を歓迎します!】
☆どんなことでも、主体的に取り組める方
☆当事者意識を持ち、自ら考え、行動できる方
☆さまざまな人と関わって多彩な業務ができる方
☆相手の立場に立って、提案ができる方

勤務地

本社(東京都千代田区霞が関)または、多摩支部(東京都立川市緑町)に配属します。


■本社/東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館9F

<アクセス>
東京メトロ丸の内線「霞ヶ関」駅 B1-b出口より 直通
     日比谷線「霞ヶ関」駅 A1出口より 徒歩2分
     千代田線「霞ヶ関」駅 C1出口より 徒歩3分
東京メトロ有楽町線「桜田門駅」 5番出口 徒歩8分
都営三田線「日比谷駅」 日比谷公園を通り 徒歩8分
JR線「有楽町駅」 日比谷口より 徒歩10分


■多摩支部/東京都立川市緑町7-1 アーバス立川高松駅前ビル2F

<アクセス>
多摩都市モノレール「高松駅」 2番出口より 徒歩1分

マイナビ転職の勤務地区分では…
東京都
勤務時間 9:15〜17:15(休憩1時間)
給与

月給19万500円以上(大卒新卒22歳の初任給)
※試用期間3ヶ月あり(条件に変更なし)

初年度年収

250万〜350万円

モデル年収例

年収365万円/25歳 経験3年/※月給20万4千5百円+賞与 (平成28年度例)

昇給・賞与 昇給/年1回
賞与/年2回
諸手当 交通費全額支給
扶養手当
住宅手当
超過勤務手当 など
休日・休暇 ☆★☆ 年間休日120日以上 ☆★☆

完全週休2日制(土・日)
祝日
年末年始休暇
有給休暇
夏期休暇
リフレッシュ休暇
産前産後・育児休暇 ★取得実績有!
介護休暇
慶弔休暇 など
福利厚生 各種社会保険完備(健康・厚生年金・雇用・労災)
退職金制度
財形貯蓄制度 など

この求人の特色

  • 第二新卒歓迎
  • 「女性のおしごと」掲載中
  • 中途入社5割以上
  • 女性管理職登用実績あり
  • 産休・育休取得実績あり
  • 育児中の社員在籍中
  • 年間休日120日以上
  • 完全週休2日制
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 交通費全額支給

会社・仕事の魅力

市民からの相談内容を丁寧にヒアリングし、法律相談のご案内をすることも大切な業務です。

行動力と提案力で、社会に貢献できる仕事です!

私たち第二東京弁護士会には、約5,300名の弁護士が登録しています。

相談者の、それぞれの事情を聴き取り、問題の解決の手助けができるように
また、会員弁護士をサポートし、委員会が円滑に進むように、
調整を図るのが主な仕事です。

法律の知識は必要ありません。
様々な課題に対する行動力と提案力を存分に発揮してください。
幅広い職務に柔軟かつ積極的に取り組んでいきましょう。

会社情報

設立 1926年
代表者 会長/伊東 卓
従業員数 約70名
資本金 -
事業内容 弁護士会における諸事務
・弁護士の登録事務
・様々な法律や社会の諸問題を検討する委員会の運営事務
・法律相談センター、仲裁センターの運営 など
本社所在地 東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館9F
企業ホームページ http://niben.jp

取材後記(マイナビ転職編集部から)

机上での作業だけでなく、自らが主体となって動くことが多いので、フットワークの軽さが求められます。

弁護士は司法試験に合格しただけでは弁護士としての活動はできない。
弁護士の指導・連絡・監督などを行うために法律に基づいて設立された
全国にある52の弁護士会のいずれかに入会登録しなければならない。
また、弁護士は国や自治体などを相手取った裁判を
手掛けることもあるため、弁護士(会)には監督官庁がない。
会員の会費によって運営されている、完全な自治運営(弁護士自治)なのだ。

第二東京弁護士会は、東京に3つある弁護士会の1つ。
自由闊達であることや、フラットな組織であることが特長だ。
弁護士たちによる様々な委員会活動が活発に行われており
支援する事務局職員にもフットワークの軽さが求められる。

一方では、同会は時短勤務や育休なども完備し
ライフスタイルが変わっても長く働き続けられる環境がある。
男女問わず活躍できるため、社会に貢献したいという志がある方には
願ってもないフィールドになるはずだ。

応募方法

応募方法 『この求人に応募する』からエントリー後、履歴書(写貼)、職務経歴書を郵送してください。
※2018年1月12日(金)必着
※応募書類の返却はいたしません(ご応募から6ヶ月以内に責任廃棄)

個人情報は採用業務にのみ利用し、
当社の個人情報保護方針に基づき、適切な利用、管理、保護に努めます。
他の目的で、第三者へ譲渡・開示することはありません。
応募受付後の連絡 書類選考・試験・面接いずれも、選考通過者のみにメールにてご連絡いたします。
採用プロセス ▼エントリー・書類選考
『この求人に応募する』から必要事項を入力をのうえエントリー後、履歴書、職務経歴書を郵送にてお送りください。
お送りいただいた履歴書、職務経歴書をもとに書類選考をさせていただきます。

※2018年1月12日(金)必着
※履歴書には必ず写真貼付、メールアドレスを記載してください。
※書類選考の上、通過者のみに一次選考のご連絡を差し上げます(1月18日(木)頃を予定しています)。
※郵送先:〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 第二東京弁護士会 職員採用係 

▼試験・面接など
一次選考:1月27日(土)午前(筆記を予定)・午後(面接を予定) ※終了時刻は16:00頃の予定

▼二次選考:2月7日(水)17:00〜(面接を予定)

▼内定 ※勤務開始:4月1日
選考の特徴
入社時期応相談 応募から内定まで1カ月以内

問い合わせ先

第二東京弁護士会

ホームページを見る
住所

〒 100-0013
東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館9F 【地図を見る】

備考 <アクセス>
東京メトロ丸の内線「霞ヶ関」駅 B1-b出口より 直通
     日比谷線「霞ヶ関」駅 A1出口より 徒歩2分
     千代田線「霞ヶ関」駅 C1出口より 徒歩3分

応募を悩んでる方にオススメ

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。