株式会社ヤマハミュージックジャパン【ヤマハ株式会社100%出資】/ヤマハ管弦打・教材楽器に関する普及プロデュース業務(930120) の求人情報

mixiチェック
  • 株式会社ヤマハミュージックジャパン【ヤマハ株式会社100%出資】
  • ヤマハ管弦打・教材楽器に関する普及プロデュース業務
  • この求人に応募する
  • 検討リストに保存
閉じる
検討リストに保存しました。

株式会社ヤマハミュージックジャパン【ヤマハ株式会社100%出資】

ヤマハ管弦打・教材楽器に関する普及プロデュース業務契約社員

業種 : 総合電機/教育/専門店(電気機器関連)/精密機器
従業員数:600名 設立:2013年4月 資本金:1億円(ヤマハ株式会社100%出資) 売上高:586.8億円(単体)(2016年3月期) 本社所在地:東京都

情報更新日:
2017/02/17
掲載終了予定日:
2017/03/23
  • 完全週休2日制完全週休2日制
  • 急募急募

女性のおしごと 掲載中

【ヤマハ(株)100%出資子会社】腰を据えて働けます!

ここがポイント!

  • ■ヤマハグループの安心(ヤマハ100%出資)
  • ■楽器演奏・指導経験を活かして活躍できます!
  • ■教育現場や行政との関係を築き、普及をプロデュース
  • ■音楽を愛する多くの人たちをサポートするやりがい

募集要項

募集の背景

ヤマハミュージックジャパンは2013年、ヤマハグループ3社を統合して
スタートしたヤマハ(株)100%出資子会社です。
学校教育・吹奏楽などのクラブ活動に関わる場面での楽器活用提案・販売、また大人の音楽教室等
趣味需要層への需要提案活動も積極的に行い、高い信頼感と販売シェアを確保しています。
そこで今回は、さらなる事業拡大と人材力強化に向けて、新たな人材を増員募集します。

仕事内容

管弦打楽器・教育機器の教育現場への普及活動(音楽授業への製品提案や吹奏楽活性化を目指したプロデュース)


★エリアにおける学校・その指導者、関連団体とリレーションを持ちながら、
活動拡大・活性化などを通じて、ヤマハ管弦打楽器や教育機器・教材の使用促進を提案していくお仕事です。

【エリア全体での活動】
○管弦打楽器の演奏人口拡大に向けたイベント企画立案と実施
○営業スタッフとの連携によるシェア拡大に向けた卸営業活動
○音楽教育の振興や楽器需要拡大を目指した行政への提案 など

【教育現場への普及活動】
●小中高校の吹奏楽部で演奏レベル向上をサポートするヤマハインストラクターの育成・派遣
●授業での指導効果を上げるためのメソッド紹介などの指導者サポート

【行政にも働きかけ】
教育行政にも積極的に働きかけ、
当社の取り組みをアピールするとともに情報収集に努めます。

【活躍の場は教育現場以外にも】
大人の音楽教室、職場・市民バンド、オーケストラなど、
幅広いフィールドに携わる仕事です。

求める人材

◎大卒以上 ◎管打楽器演奏経験 ◎楽器指導経験 ◎音楽に対する愛情 ◎音楽教育の一般的な知識 ◎適切な応対能力


【歓迎】
○教員免許
○普通自動車免許

《活かせるスキル・経験》
ブラスバンド・オーケストラでの管打楽器演奏経験または専門専攻
合奏指導
指揮能力
音楽教員資格と同等の能力


《求める人物像》
誠意と熱意をもって仕事に取り組める方
素直な姿勢で物事を受け止められる方

勤務地

近畿エリア…大阪事業所/中四国エリア…在宅勤務


■近畿エリア担当…大阪事業所 大阪府大阪市浪速区難波中1丁目13-17 ナンバ辻本ニッセイビル

■中四国エリア担当…在宅勤務


【在宅勤務について】
自宅からお客様先に直行直帰する勤務スタイルです。
不定期ながら平均月3〜5日程度、大阪事業所での勤務があります。
自宅起点で交通費実費、宿泊が必要な際の規定宿泊費を支給します。

【直行直帰の担当エリアについて】
・中四国エリア…鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・香川県,徳島県,愛媛県,高知県
※原則、上記エリアを担当しますが例外もございます。

マイナビ転職の勤務地区分では…
大阪府、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県
勤務時間 9:00〜17:45(所定労働時間 7時間45分)
※フレックスタイム制度あり
給与

 月給/20万7,000円以上
※経験・能力等を考慮し決定
※年度ごとの契約になります
※試用期間3ヶ月あり(待遇同じ)

昇給・賞与 ■賞与/あり
諸手当 通勤費(近畿エリア担当のみ)
時間外 他

★在宅勤務者の交通費支給について
自宅起点で交通費実費、宿泊が必要な際の規定宿泊費を支給します。
休日・休暇 週休2日制(原則土日祝日)
夏季休日
年末年始休日
各種特別休暇
福利厚生 各種社会保険完備
ヤマハ総合保障保険
ヤマハ共済会 など

この求人の特色

  • 急募
  • 業界経験者優遇
  • 「女性のおしごと」掲載中
  • 女性管理職登用実績あり
  • 産休・育休取得実績あり
  • 年間休日120日以上
  • 完全週休2日制
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 交通費全額支給

会社・仕事の魅力

「音楽に関わる仕事をしたい」

当社の楽器が、吹奏楽部や音楽の授業で
多数採用されていることはよくご存知でしよう。
今回募集するヤマハ管教育楽器・弦打楽器普及スタッフは
当社の製品を、より多くの現場で、
より有意義にお使いいただくために、
行政機関や学校、特約楽器店に対して、
きめ細かなサポートを行います。
音楽を愛する気持ちと学校音楽現場に対する情熱をお持ちの方には
最高の選択肢となるはずです。

会社情報

設立 2013年4月
代表者 代表取締役社長 小林 和徳
従業員数 約600名
資本金 1億円(ヤマハ株式会社100%出資)
売上高 586.8億円(単体)(2016年3月期)
事業内容 国内における楽器・音響機器販売および教室事業
本社所在地 東京都港区高輪二丁目17番11号
事業所 【東京(本社)】
東京都港区高輪2丁目17-11

【大阪】
大阪府大阪市浪速区難波中1丁目13-17 ナンバ辻本ニッセイビル

【浜松】
静岡県浜松市中区中沢町10-1
グループ会社 株式会社ヤマハミュージックリテイリング
ヤマハサウンドシステム株式会社
企業ホームページ http://www.yamahamusicjapan.co.jp/

取材後記(マイナビ転職編集部から)

世界中の演奏家に愛され、豊かな文化の創出に貢献しているヤマハの楽器や
音響機器等の国内における卸販売、英語教室等の事業を展開しているヤマハミュージックジャパン。
2013年、ヤマハグループの3社を統合し、新たにヤマハ(株)100%出資企業とした。

今回募集する普及スタッフは、ヤマハの楽器がより多くの教育現場で採用されるように幅広い普及業務を担当する。
教諭、生徒からプロ・アマ演奏家までさまざまな人と出会い、時には相談に乗り、時には指導を行う。
吹奏楽バンドのレベルアップ、そしてプロ・アマの音楽活動の振興に貢献するやりがいは計り知れない。

「学生時代に吹奏楽に打ち込んだが、一般の社会人となってからは活動していない…というような方も、熱意があれば歓迎します。
また、ジャズ系の方にも門戸を開いています」とのこと。
少しでも興味をもった人には、臆することなく工ントリーすることをお勧めしたい。

応募方法

応募方法 下記URLよりエントリーをお願いします。
http://www.yamahamusicjapan.co.jp/recruit/index22.html

※応募の秘密は厳守いたします。またご応募いただく個人情報は採用業務にのみ利用し、他の目的での利用や第三者へ譲渡・開示することはありません。在職中の方も、気兼ねなくご応募ください。

●応募受付窓口は、(株)ヤマハビジネスサポート 採用担当が行います。
応募受付後の連絡 ご応募より、通常2週間ほどでご連絡いたしますが、応募・選考状況によって通常より時間を要する場合がございます。
採用プロセス お送りいただいた応募データをもとに書類選考いたします。

■選考ステップ
※あくまでも予定になっております。状況に応じて内容や日程は変更する場合がありますので、予めご了承ください。
 
書類応募


 ▼

書類選考
※通常、2週間ほどお時間をいただいておりますが、応募・選考状況によって、通常より時間を要する場合がございます。

 ▼

面接・適性検査
※「履歴書(写真貼付)」持参でお越しください。

問い合わせ先

株式会社ヤマハミュージックジャパン【ヤマハ株式会社100%出資】

ホームページを見る
住所

〒 108-8568
東京都港区高輪2丁目17-11 【地図を見る】

採用担当 採用窓口/株式会社ヤマハビジネスサポート ヤマハミュージックジャパン 採用担当
E-mail
電話番号 053-460-2091(直通)
備考 ※(株)ヤマハミュージックジャパンの採用受付窓口は(株)ヤマハビジネスサポートが担当しています。

応募を悩んでる方にオススメ

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。