キープしました。
辞退しました。
公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターの企業ロゴ

建築知識が活かせる【建築系総合職】★残業少なめ ★土日祝休 公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター 住宅に関するトラブルの解決を支援する団体です。

  • 正社員
  • 450万~550万円
  • 職種・業種未経験OK
  • 急募
  • 転勤なし
  • 完全週休2日制
情報更新日:2020/10/16
掲載終了予定日:2020/11/12

この求人のポイント

住宅トラブル・紛争の解決をサポートする公益財団法人。 建築の知識を社会貢献に活かしてください!
【特徴】国指定の行政代行型法人で将来も安定 【専門性】建築士の経験を活かし更に成長可能 【将来性】ゼネラリストとして財団の幹部候補に 【資格取得支援】一級建築士や宅建士などにも挑戦
公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターのPRイメージ
国土交通大臣の指定を受け、住宅に関するトラブルを解決するための、さまざまな支援を行っている公益財団法人です。

現在、当財団では将来の体制強化のため幹部職員候補となる人材を採用するべく来年4月1日より就業できる方を募集中です。

建築関連の専門知識を活かしながら、総合職として広く当財団の責務を担うことができる、ゼネラリストとなれる方を歓迎いたします。

仕事内容

【建築の専門性を活かして活躍!】財団法人の総合職として相談窓口の運営管理から調査研究まで、ジョブローテーションで幅広い業務をお任せします。

具体的には

入職後は経験・適性により配属先を決定します。

住宅相談

電話相談「住まいるダイヤル」や面談相談等、当財団が行っている相談事業の運営管理。

  • 相談員の研修/育成(約40名の一級建築士が相談員として在籍)
  • 専門家(弁護士/建築士)による面談相談への橋渡し
  • 消費者団体や建築関係団体との連携/講師派遣等

情報管理

住宅に関するトラブル支援の参考情報を、弁護士や建築士に提供。

  • 弁護士/建築士へ提供する「住宅紛争処理技術関連資料集」作成
  • 大学教授等の外部有識者による委員会の運営等
  • 住宅に関する相談事例/紛争処理事例/裁判例等の収集/整理

調査・研究

  • 住宅相談と住宅紛争処理に関する調査・分析等

対象となる方

【一級建築士の方やその取得を目指す方歓迎】◆大学の建築関連学部/学科卒で、設計/施工の実務経験2年以上 ◆ワークライフバランスを大事にできる環境

必須条件

  • 大学の建築関連学部・学科卒
 (一級建築士の受験資格を得られる課程)
  • 建築系学部卒業後、設計・施工の実務経験2年以上
※一級建築士の受験資格があればブランクのある方でも可

歓迎する資格・経験

  • 一級建築士
  • 行政での実務経験(住宅施策・建築指導など)

こんな方を求めています

  • コミュニケーションが得意な方
  • 文章を書くことが得意な方
  • 専門分野に限らず柔軟に、新たな知識や技術を学ぶ姿勢のある方
  • 当財団でゼネラリストとして、キャリアアップする意欲のある方

募集要項

雇用形態
正社員
勤務時間

9:30~17:30(実働7時間/休憩1時間)

勤務地

東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービル3階

マイナビ転職の勤務地区分では…


東京都
交通アクセス
JR・東京メトロ有楽町線「市ヶ谷駅」より徒歩5分
給与

月給:286,000円~336,000円 + 各種手当

※給与は国家公務員の給与水準に準拠しています。
※別途諸手当あり
<扶養手当、住居手当(いずれも該当者のみ)、通勤手当、他>

<モデル年収例>

年収550万円/30代後半職員(役職:副調査役(係長相当職)、扶養:配偶者、子供2人)
年収880万円/40代後半職員(役職:課長、扶養:配偶者、子供2人)

初年度の年収

初年度年収は、入社後向こう一年間に支給される予定の金額で、基本給に諸手当と前年度の標準的な査定ベースの賞与額を加えたものです。 諸手当には、採用対象者に一律支給される予定の固定手当、平均残業時間を基準とした想定される時間外勤務手当を含みます。歩合給やインセンティブは含みません。 初年度年収は、入社される方のスキルや経験によって必ずしも一定ではありませんので、検索した年収額と実際に入社した際の金額は異なる場合があります。
450万円~550万円
昇給・賞与
  • 昇給/年1回(7月)
  • 賞与/年2回(6月・12月)年間4.5月(2019年度実績)
諸手当
  • 通勤手当(月5万5000円まで)
  • 扶養手当(配偶者:6,500円、子ども0歳~15歳:10,000円、16歳~22歳:15,000円)
  • 住居手当(月28,000円まで)
休日・休暇
  • 完全週休2日制(土日)
  • 祝日
  • 年末年始休暇(12月29日~1月3日)
  • 有給休暇(年20日付与。半日単位または1時間単位で取得可能)
  • 夏季休暇(3日)
  • 慶忌休暇
  • 結婚休暇
  • 介護休暇・育児休暇
など
福利厚生
  • 各種社会保険完備
  • 定期健康診断
  • 退職金制度
  • 企業年金(確定給付型+確定拠出型)
  • 財形貯蓄制度
  • 福利厚代行サービス
  • 自己啓発支援制度
など
幅広い知識を身に付けられます
当財団は「住宅品質確保法」と「住宅瑕疵担保履行法」に定められた業務の運営が基本。住宅相談や紛争処理に必要な法令や税制の知識、構造、設備、規格など建築の幅広い知識も求められます。各部署には建築士の資格を持つ先輩職員がいるため、業務を通じて学び、成長していってください。
この求人の特徴
  • 急募
  • 業界経験者優遇
  • U・Iターン歓迎
  • 転勤なし
  • 残業月30時間以内
  • 原則定時退社
  • 年間休日120日以上
  • 完全週休2日制
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 社宅・家賃補助制度
  • 交通費全額支給

会社情報

この企業の特徴
  • 中途入社5割以上
  • 女性管理職登用実績あり
  • 産休・育休取得実績あり
  • 育児中の社員在籍中
設立
1984年2月
代表者
理事長/杉藤 崇
従業員数
80名
資本金
事業内容
公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターは、住宅政策の推進の一翼を担い「住宅品質確保法」「住宅瑕疵担保履行法」に基づき、消費者の利益の保護や住宅紛争の迅速、適正な解決を図るため、住宅紛争処理の支援、住宅相談等の幅広い業務を行っています。
また消費者が安心してリフォームを行える健全なリフォーム市場の環境整備に取り組んでいます。

■住宅紛争処理の支援
■住宅相談
 ・電話相談(新築・リフォーム等)
 ・リフォーム見積チェックサービス
 ・専門家相談
■消費者支援
■リフォーム市場の環境整備
■調査・研究
本社所在地
東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービル3階
資格取得支援制度あり
一級建築士を目指している方には、専門学校や受験費用などの7~8割を支援(上限あり)。ほかに宅地建物取引士、マンション管理士など、関連資格の資格取得支援も行っています。

入職後は前職経験を考慮した係長相当級からスタートして経験値に応じた昇給昇格が可能です。
長く活躍できる環境です
国から指定された事業を行っており、また、国家公務員に準拠した待遇で将来的にも安定した人生設計が可能です。安心して幹部候補として成長してください。
企業ホームページ http://www.chord.or.jp/

応募方法

選考の特徴
  • 面接日程応相談
応募方法
◇◆◇ マイナビ転職の「応募フォーム」よりご応募下さい ◇◆◇

※合否に関するお問い合わせには一切お答えできません。
 また、提出書類の返却はできかねますので、あらかじめご了承ください。

<応募書類の取り扱いに関して>

個人情報は採用業務にのみ利用し、当財団の個人情報保護方針に基づき、適切な利用、管理、保護に努めます。
他の目的で第三者へ譲渡・開示することはありません。
応募受付後の連絡
★書類選考を通過された方は、追って面接日時のご連絡をさせていただきます。
採用プロセス
<書類選考>
応募データをもとに書類選考いたします。
ご応募から概ね1週間程度で合否のご連絡をいたします。

<一次選考>
WEBによる適正テストと筆記試験・面接試験を行います。
日時は相談に応じます。

<二次選考>
面接試験を行います。
日時は相談に応じます。
面接回数
2回
面接地
【本社】
東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービル3階
問い合わせ
公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター

住所
〒 102-0073 東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービル3階
《アクセス》
JR・東京メトロ有楽町線「市ヶ谷駅」徒歩5分

地図を見る

会社・仕事の魅力

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターの魅力イメージ1

建築の専門性を活かし、公益財団で社会に貢献!

住宅の不具合や契約上のトラブル、被災住宅の復旧など住宅に関する相談や紛争解決の支援を行政に代わって行っているのが私たちです。住宅相談員は全員が一級建築士。相談業務の指導・育成を行ったり、弁護士や建築士の専門家に紛争処理に役立つ技術情報の提供を行うのが建築関連の知見を持つ私たちの重要な役割。新たな情報や知識を学びながら、専門家の皆さんに頼られる存在となり、互いに高められる環境で活躍しませんか?
公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターは1984年に設立。2000年に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、国土交通大臣より住宅紛争処理支援センターに指定された。建築士の知識・資格をフル活用できる環境であるが、1級建築士資格を持たない人には資格取得支援制度も充実しているので、やりがいを求める人に、応募してほしい求人だ。

マイナビ転職
編集部より

インタビュー

先輩社員にお話を伺いました

情報管理部 技術情報課職員 (2019年入職)
前職の経験 ハウスメーカーの設計職
私はハウスメーカーの設計職でしたが、建築の知識を活かしながら、もっと消費者に寄り添い、公共の福祉に携わる仕事に就きたいと思いマイナビ転職で探していたところ当財団に出会いました。現在は1級建築士を目指し、学校にも通いながら仕事と両立。業務でも研修など新たな知識を学ぶことが多く充実しています。ワークライフバランスの面でも安心できるため、将来は仕事と家庭を両立させながら、長く働き続けていきたいです。
Q

あなたの感じる職場の雰囲気は?

個人主義 チーム主義
個人の裁量が大きい ルールに従う
成果主義 プロセス重視
オフタイムの交流が少なめ 多め
トップダウン ボトムアップ
※個人の感想です。
  • この求人に応募する
  • 気になる
    気になるとは?

    ・気になる求人を保存できる
    ・求人を保存すると企業から応募や面接の依頼メッセージが届く可能性があります!

応募を悩んでる方にオススメ
企業に質問する

この求人について「気になる点がある」「もっと詳しく知りたい」という場合は、企業に質問することができます。質問が集中した場合など企業の状況によっては、すべての質問に回答できないこともあります。その点ご了承の上、ご利用ください。締切間近の求人に関して応募をお悩みの場合は、応募フォームに質問内容を記載して、応募することをオススメします。

この求人に応募した人はこちらも検討しています

注目のキーワード

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター 住宅に関するトラブルの解決を支援する団体です。

建築知識が活かせる【建築系総合職】★残業少なめ ★土日祝休