キープしました。
辞退しました。

国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林整備センター

【事務系職員(水源林造成事業等の企画調整、総務、経理等)】 正社員

業種:公益・特殊・独立行政法人/農林・水産
設立:2008年4月 資本金:8,232億円 (2021年4月30日現在) 本社所在地:神奈川県

情報更新日:2021/10/29
掲載終了予定日:2021/12/09

事業内容

■水源林造成事業 ・ダムの上流域などの水源かん養上重要な奥地水源地域の民有林保安林のうち、土地所有者自身による森林整備が困難な木の生えていない荒れ地(※)で、公的なセーフティネットとして早期に森林を造成し、整備する事業です。(※ 水源かん養機能が劣っている無立木地、散生地、粗悪林相地など) ・ダムや簡易水道の上流域等において、森林の持つ水源涵養機能等公益的機能を発揮するため既存の広葉樹を活用しつつ針葉樹を植栽することにより、針広混交林の造成を推進 ・造林作業を実施するための労働者の輸送や間伐・主伐等による木材の搬出に利用するため、間伐材等の丸太を活用し、丈夫で壊れにくい作業道を開設 ・再生した森林「水源林」は、国民の皆様の生活に不可欠な水源のかん養や土砂流出・崩壊の防止を通じて「緑のダム」としての機能を確保することで、国土保全等に大きく役立っています。

設立

設立:平成20年4月/創設:昭和31年7月

代表者

森林整備センター所長 志知 雄一

資本金

8,232億円 (2021年4月30日現在)

上記企業概要は前回の求人情報掲載時の内容です。
現在は内容が変更されている可能性があります。予めご了承ください。

この求人情報は掲載が終了しました。

この企業を気になるに保存しておくと新しい求人が掲載された際にお知らせします。

会員登録がお済みでない方

気になる保存は、会員のみ利用可能!

会員登録がお済みの方

外部アカウントでログイン

※Yahoo!関連サービスやFacebook、LINEへの投稿は一切行われません。