独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 /正規職員【事務系総合職】障害者職業カウンセラー・事務(946721) の求人情報

mixiチェック
  • 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
  • 正規職員【事務系総合職】障害者職業カウンセラー・事務
  • この求人に応募する
  • 検討リストに保存
閉じる
検討リストに保存しました。

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構

正規職員【事務系総合職】障害者職業カウンセラー・事務正社員

残り5

業種 : 公益・特殊・独立行政法人/教育/専門コンサルタント/サービス(その他)
従業員数:6385名 設立:2003年10月 資本金:3,986億円 本社所在地:千葉県

情報更新日:
2017/04/06
掲載終了予定日:
2017/05/01
  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • 完全週休2日制完全週休2日制
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎

募集要項

募集の背景

平成30年4月入社に向けて採用を行います。

仕事内容

障害者に対する就労支援、総務、経理、企画及び高齢者事業、障害者事業、職業能力開発事業に係る事務等


利用者との相談業務が主な業務です。

●障害者職業カウンセラー職
 主に地域障害者職業センターに勤務し、障害者に対してハローワーク(公共職業安定所)と協力して、就職相談、職業能力等の評価、就職前の支援から就職後の職場適応のための援助まで、個々の障害者の状況に応じた継続的なサービスを行います (心理学、教育学、社会学、社会福祉学を学んだ職員が多く在籍しています)。

●事務職
 配属部署に応じて総務、経理、企画といった管理に関することや、当機構が担っている高齢者事業、障害者事業、職業能力開発事業等に関する各種イベント等の企画・運営・広報、助成金の支給業務、施設運営等、多岐にわたる業務に携わります(法学部、経済学部や文学部等、学部・学科を問わず様々な職員が多く在籍しています)。

求める人材

1984(昭和59)年4月2日以降に生まれた方で、四年制大学を卒業した方又は平成30年3月卒業見込みの方(若年層の長期キャリア形成を図るため)


1984年4月2日以降に生まれた方で、四年制大学を卒業した方、
または平成30年3月卒業見込みの方(若年層の長期キャリア形成を図るため)

【求める人物像】
◎機構の基本的任務に共感される方
◎高齢者と障害者、求職者に対する温かい心と現状を分析できる冷静な判断力を併せ持つ方
◎機構内はもちろんのこと、機構外の関係機関や企業とも連携できる協調性を持った方
◎困難に対しても挫けず解決の道を探る粘り強さを持つ方

勤務地

(1)機構本部(千葉県千葉市美浜区)
(2)都道府県支部(各都道府県)
(3)地域障害者職業センター(各都道府県)
(4)職業能力開発促進センター、職業能力開発促進センター訓練センター(各道府県)
(5)職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校
(6)国立職業リハビリテーションセンター(埼玉県所沢市)
(7)国立吉備高原職業リハビリテーションセンター(岡山県加賀郡吉備中央町)
(8)職業能力開発総合大学校(東京都小平市)

※各施設の所在地は当機構HPをご覧下さい
http://www.jeed.or.jp/index.html

マイナビ転職の勤務地区分では…
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
勤務時間 8:45〜17:00(勤務場所により若干異なる場合があります)
給与

月給182,700円 + 地域手当27,405円  
月収例 210,105円
※上記地域手当は、千葉市で勤務した場合。
 勤務地により地域手当が異なります。(0%〜15%)
 実務経験等により加算があります。

昇給・賞与 昇給 年1回
賞与 年2回 (平成28年度実績4.3ヶ月分)
諸手当 扶養手当
通勤手当
住居手当
休日・休暇 完全週休2日制(土曜、日曜)
国民の祝日
年末年始(12月29日から1月3日)
年次有給休暇
夏季休暇
育児休業
介護休業 等
福利厚生 健康保険
雇用保険
厚生年金
労災保険等の各種社会保険完備
財形貯蓄制度

研修制度(入構1年目):新規採用職員研修、事務職フォロー研修、厚生労働大臣指定講習専門第一期研修
採用予定人数 障害者職業カウンセラー職15名程度、事務職150名程度

この求人の特色

  • 募集人数10名以上
  • 第二新卒歓迎
  • 女性管理職登用実績あり
  • 産休・育休取得実績あり
  • 育児中の社員在籍中
  • 年間休日120日以上
  • 5日以上連続休暇取得可能
  • 完全週休2日制
  • 社宅・家賃補助制度

会社情報

設立 平成15年10月1日
代表者 和田 慶宏
従業員数 6,385名
資本金 3,986億円
事業内容 当機構は「誰もが職業をとおして社会参加できる共生社会」を目指し、高齢者、障害者及び求職者等に対する総合的な雇用支援を行う厚生労働省所管の独立行政法人です。
具体的には、高齢者や障害者の雇用支援のための相談や助言、助成金の支給、職業リハビリテーション、障害者雇用納付金の徴収、また、求職者や在職者等に対する職業訓練など、国の高齢者雇用、障害者雇用、職業能力開発施策の多くを、国に代わって実施しています。
本社所在地 千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1番2号 高度訓練センター内
障害者職業カウンセラーについて 障害者職業カウンセラー職は、主に全国の地域障害者職業センターに勤務し、障害者に対して、ハローワーク(公共職業安定所)と協力して、就職相談、職業能力等の評価、就職前の支援から、就職後の職場適応のための援助まで、個々の障害者の状況に応じた継続的なサービスを行います(心理学、教育学、社会学、社会福祉学を学んだ職員が多く在籍しています)。
事務職について 事務職は配属部署に応じて、総務、経理、企画といった管理に関することや、当機構が担っている高齢者事業、障害者事業、職業能力開発事業等に関する各種イベント等の企画・運営・広報、助成金の支給業務、施設運営等、多岐に渡る業務に携わります(法学部、経済学部や文学部等、学部・学科を問わず様々な職員が多く在籍しています)。
企業ホームページ http://www.jeed.or.jp

応募方法

応募方法 下記応募書類を連絡先へ送付ください
●履歴書・自己紹介書・受験票・職務経歴書(職歴のある方のみ)
 当機構指定の用紙:当機構HPよりダウンロードして使用。
●成績証明書
●卒業(見込)証明書
●返送用封筒4枚
 ※長形3号全てに住所・氏名を記入、82円切手を貼付

※封筒に「履歴書在中」と朱書きして下さい
※平成29年5月9日(火)締切(当日消印有効)
応募受付後の連絡 応募受付後、第1次試験の1週間前頃までに提出いただいた受験票を返送いたします。(応募者多数の場合は、第一次試験の前に書類選考をさせていただく場合があります。)
採用プロセス ●受験票の送付
第1次試験の1週間前頃までに受験票を送付。
(書類選考をする場合あり)
  ↓
●第1次試験
(1)障害者職業カウンセラー職及び併願者
   6月3日(土) 9:30〜18:00 (終了予定)
(2)事務職
   6月3日(土)又は4日(日)のいずれか当機構が指定する日
   9:30〜18:00 (終了予定)

[試験会場]
千葉(障害者職業総合センター、高度訓練センター)
宮城(ベルエア会館)
大阪(TKPガーデンシティPREMIUM心斎橋)
福岡(天神チクモクビル)

※合否に関わらず、受験者全員に結果を通知します

●第2次試験:7月1日(土)〜7月2日(日)までの指定する日時
※詳細は、試験合格者あて通知します。
※千葉会場 障害者職業総合センター、高度訓練センター

●第3次試験:7月24日(月)〜7月27日(木)までの指定する日時
※詳細は、第2次試験合格者あて通知します。
※千葉会場 高度訓練センター
面接回数 3回
面接地 第1次試験:宮城、千葉、大阪、福岡
第2次試験及び3次試験:千葉
選考の特徴
入社時期応相談

問い合わせ先

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構

ホームページを見る
住所

〒 261-8558
千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2 【地図を見る】

採用担当 総務部人事課
E-mail
電話番号 043-213-6098(直通)
備考 JR京葉線 海浜幕張駅より徒歩15分
JR総武線 幕張駅より徒歩25分

※施設見学をご希望の方は、当機構の施設を随時見学することが可能となっております。見学を希望する施設に直接連絡を取り、日程を調整してください。

応募を悩んでる方にオススメ

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。