キープしました。
辞退しました。

原子力損害賠償・廃炉等支援機構

この求人は現在募集を行っていません。

「掲載お知らせ」に登録しておくと、この企業が求人を再開した際にメールでお知らせします。

★レア求人★【執行役員】◎残業月20h ◎在宅ワーク可能 原子力損害賠償・廃炉等支援機構 【福島の復興を支える】◎年休120日以上

掲載終了日:2022/10/17

この求人のポイント

【組織発足以来の初公募】40代・50代の中途職員も多数活躍中。業界・職種経験を制限しないレアな募集です。
[貢献度]廃炉や賠償等の支援を通じて福島の復興に貢献 [注目度]世界的にも前例のないプロジェクトに挑戦 [上位職]組織を代表して国際機関との交渉も担う役割 [環境]土日祝休み・残業少なめ・リモートワーク活用
ここまで壮大で、社会的貢献性の非常に高いプロジェクト。携われる機会は、そう訪れるものではありません。
東日本大震災をきっかけに、未曾有の原子力損害を生じさせた東京電力福島第一原子力発電所の事故。

前例のない事故炉の廃炉を一層推し進めるために、国内外の有識者の知恵を収集し、国際機関や各国からの協力を仰いでいくのが、今回公募で初めて募る『執行役員』です。

まだどこも成しえておらず、社会意義の高さ・スケールの大きさで群を抜く
挑戦しがいのあるミッションであることは確かです。

仕事内容

【海外交渉の重要部分に関わる国際プロジェクトの取りまとめ役です】福島第一原子力発電所の廃炉における関係機関との連携・調整等◎リモートワーク可

具体的には

◆ルーティンの仕事はありません。

さまざまな事案に応じて、所属グループの垣根を越えた連携を図り、プロジェクトに係る人員・進捗管理を行います。

特に諸外国や国際機関とのやり取りにおいては有益な情報の獲得や組織としての意思伝達のためにフロントに立ち交渉を進めていただくポジションです。

~具体的には~

◆国際機関との連携・調整
◆国際戦略の全体統括
◆国際フォーラム開催に関わる全体のコーディネート
◆次席執行役員としてグループ員のマネジメント
◆筆頭執行役員の補佐(会談のアレンジ) 等

◎入構後はグループ内の執行役員からのアドバイスやサポートが期待できます。

配属先の編成

組織は賠償支援部門と廃炉支援部門の2部門で構成されています。

配属先である国際グループが属する廃炉支援部門では、約70名の人員のうち13名の執行役員は40代・50代が活躍中です。

電力会社、重電メーカー、行政機関のほか商社や外資系企業といった様々なメンバーが在籍し、多彩な経験を活かし活躍しています。

入社後の流れ

各機関の代表者クラスとの対応窓口を担うことで、相手の意図や思惑の理解力や交渉力などが洗練されていく環境です。

また、国やメーカーからの出向者、国内外の専門家などとの、やり取りで得られる情報のほか、当組織には各領域のさまざまな先端知識が結集。

交渉に必要十分な情報が容易に入手できます。

対象となる方

\\公募は、初めてのポジションです// ◆TOEIC900点以上、または同程度の英語スキルなどが必須です●社会人経験10年以上の方歓迎
※経験職種・業界は限定しませんが、以下3項目を満たす方からのご応募をお待ちしています。

◆TOEIC900点以上、または同程度の英語スキル
◆国際機関やそれに準ずる組織・団体、外国政府機関等との、渉外・調整の経験または同程度の経験
◆マネジメント経験(10名程度)

※必須ではありませんが、原子力や電力関連の知識があれば交渉時に活かせます。
→関連分野の知見がない方には、入構後、必要な知識を速やかに得られるような研修やサポートを行います。
取材担当者からみた「向いている人」「向いていない人」をお伝えします!

この仕事に向いている人

◎転職に仕事の意義を求める人

日本として取り組まなければならない福島第一原子力発電所の廃炉は、世界の注目が集まる事案です。中核メンバーとしての仕事は、大きな手応えとやりがいを感じられるでしょう。

この仕事に向いていない人

▲交渉事が苦手な人

一定の裁量の下で組織を代表して国際機関との交渉の席につく機会も多いそう。組織としての方針や意思、今後の計画などを踏まえた対話が求められ、発言には当然、責任が伴います。

マイナビ転職
編集部より

募集要項

雇用形態
正社員
勤務時間
実働7時間45分、休憩1時間(12:00~13:00)

■下記の3パターンから選択
【1】8:30~17:15
【2】9:00~17:45
【3】9:30~18:15

■残業は月平均20時間程度です。
※繁忙期(6~8月)は異なります。
勤務地
《転勤なし/溜池山王、虎ノ門ヒルズよりアクセス良好》

■本部
東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館5階
~アクセス~
・南北線、銀座線「溜池山王駅」14番出口より徒歩4分
・日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」より徒歩7分

■新型コロナウイルス感染対策のため、
 在宅勤務を推進しています。
 週1~4日程活用している職員もいます。

マイナビ転職の勤務地区分では…


東京都
給与
月給23万円~ + 賞与年2回 + 諸手当(家族手当、住宅手当など)
 
※弊機構の規定に基づき、経験などを考慮して決定いたします。
※試用期間3カ月(待遇に違いはございません)

■標準年収例

550万円(30歳 本俸月額+地域手当+賞与)
600万円(35歳 本俸月額+地域手当+賞与)
800万円(40歳 本俸月額+地域手当+扶養手当+賞与)

初年度の年収

初年度年収は、入社後向こう一年間に支給される予定の金額で、基本給に諸手当と前年度の標準的な査定ベースの賞与額を加えたものです。 諸手当には、採用対象者に一律支給される予定の固定手当、平均残業時間を基準とした想定される時間外勤務手当を含みます。歩合給やインセンティブは含みません。 初年度年収は、入社される方のスキルや経験によって必ずしも一定ではありませんので、検索した年収額と実際に入社した際の金額は異なる場合があります。
1000万円~1200万円
昇給・賞与
■昇給:年1回/1月
■賞与:年2回/6月、12月
諸手当
■残業手当(全額支給)
■交通費(規程に基づき支給)
■家族手当(例:配偶者6,500円/月、子(1人)10,000円/月)
■住宅手当(最大2万8千円/一定額を超える家賃を支払っている場合)
休日・休暇
年間休日120日以上
■完全週休2日制(土日)
■祝日
■年末年始休暇(6日間)
■夏季休暇(3日間)
■慶弔休暇
■有給休暇(1/1に20日付与、入構時は按分)
■産前・産後休業、育児休業(男性の取得実績有)
福利厚生
■各種社会保険完備
■退職金制度
この求人の特徴
  • 急募
  • 業界経験者優遇
  • 学歴不問
  • U・Iターン歓迎
  • 「女性のおしごと」掲載中
  • 転勤なし
  • 残業月30時間以内
  • 海外勤務・出張あり
  • 英語を使う仕事
  • 年間休日120日以上
  • 5日以上連続休暇取得可能
  • 完全週休2日制
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 社宅・家賃補助制度

会社情報

この企業の特徴
  • 中途入社5割以上
  • 産休・育休取得実績あり
  • 育児中の社員在籍中
設立
2011年9月12日
代表者
理事長 山名 元
資本金
140億円(政府出資:70億円、原子力事業者等12社:70億円)
事業内容
原子力損害賠償・廃炉等支援機構法(平成23年法律第94号)
(旧:原子力損害賠償支援機構法)
(特別の法律に基づく認可法人)

大規模な原子力損害が発生した場合において、原子力事業者の損害賠償のために必要な資金の交付等の業務を行うことにより、原子力損害賠償の迅速かつ適切な実施及び電気の安定供給等の確保を図ることを目的として、平成23年9月12日に原子力損害賠償支援機構が設立されました。
平成26年8月18日からは原子力損害賠償支援機構法の一部を改正する法律の施行に伴い、原子力損害賠償・廃炉等支援機構に改組し、廃炉等の適正かつ着実な実施の確保を図ることを目的に加え、新たに廃炉等を実施するために必要な技術に関する研究開発、指導助言及び資金管理の業務も行っております。
本社所在地
東京都港区虎ノ門2-2-5
企業ホームページ http://www.ndf.go.jp/

応募方法

選考の特徴
  • WEB面接OK
  • 面接日程応相談
  • 入社時期応相談
応募方法
◆マイナビ転職「応募フォーム」よりエントリーをお願いいたします。

※応募の際の秘密は厳守いたします。
※応募書類はご返却できませんので、予めご了承ください。
※ご応募いただく個人情報は採用業務にのみ利用し、他の目的での利用や第三者へ譲渡・開示することはありません。
応募受付後の連絡
Web書類選考の結果は、応募受付後1週間以内に、書類通過者のみにメールもしくはお電話にてご連絡差し上げます。
採用プロセス
  1. STEP
    1

Web書類選考

マイナビ転職よりWebエントリー。まずはお気軽にご応募ください。
  1. STEP
    2

面接(2~3回)+適正診断

◎履歴書、職務経歴書、指定のレポート、筆記用具をご持参ください。
◎WEB面接もご相談ください。
  1. STEP
    3

役員との面談

  1. STEP
    4

内定・入社

入社日や在職中で今すぐ転職できない方はご相談ください。
面接回数
2~3回を予定
面接地
■本部
東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館5階
~アクセス~
・南北線、銀座線「溜池山王駅」14番出口より徒歩4分
・日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」より徒歩7分
問い合わせ
原子力損害賠償・廃炉等支援機構

住所
〒 105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館5階
地図を見る

備考
■新型コロナウイルス感染対策について
 マスクの着用、除菌剤の利用など、
 新型コロナウイルス感染対策もしっかり行っています。
※掲載写真は撮影のためマスクを外しております。
※面接時は面接官もマスクを着用しますのでマスク着用OKです。

会社・仕事の魅力

組織のフロントとして、交渉等にスキルを活かす。

自身が確かに必要とされている実感

国内外の専門機関や有識者と連携し、私たちが挑むのは、事故炉の廃炉という世界でも前例のないプロジェクトです。

あなたがこれまで培ってきた英語スキルや渉外・外交の経験を活かし得た情報や協力が、数十年掛かると想定されている計画をわずかでも短縮するかもしれません。

また、計画が着実に進む様子は、地域住民の方に安心感も与えられます。

多くの学びを得られる対話機会が多数

組織の代表として臨む会議の交渉相手は、各領域で名の知れた専門家や世界各国のそうそうたる顔ぶれ。

また当組織の理事長である山名は世界に名が知られ、国際会議でキーノートスピーチを頼まれるほどですし、同僚には国際会議で議長を務める人物も在籍しています。

社内外の粒揃いのメンバーとの多岐にわたる会話から、多くの知見や刺激、学びを得られるでしょう。
廃炉に関わる戦略策定、技術支援など…「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」が貢献する領域は多岐にわたるが、設立以来、絶やさず継続する取り組みのひとつに、福島の一般市民とのコミュニケーションがある。組織主催の国際フォーラムには専門家だけでなく地域住民や学生なども招き、廃炉についての不安や悩みに耳を澄ますとともに理解を促進する役割も担う社会的貢献性の高い団体だ。

マイナビ転職
編集部より

この求人に応募した人はこちらも検討しています

注目のキーワード