学校法人Adachi学園/専任職員【英語教員・クラス担任等】(1056981) の求人情報

  • 学校法人Adachi学園
  • 専任職員【英語教員・クラス担任等】
  • この求人に応募する
  • 検討リストに保存
閉じる
検討リストに保存しました。

学校法人Adachi学園

専任職員【英語教員・クラス担任等】契約社員

業種 : 教育/専門コンサルタント
従業員数:1865名 設立:1967年1月 資本金:2078億円 本社所在地:東京都

情報更新日:
2018/01/09
掲載終了予定日:
2018/02/05
  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • 転勤なし転勤なし
  • 急募急募

女性のおしごと 掲載中

窓口での対応など学生とも関わる仕事なので、間接的に学生たちの夢をサポートするやりがいを感じられます!

ここがポイント!

  • 【創立50年】国内でも歴史のある観光専門学校
  • 【英語科主任候補】マネジメント職として活躍できる
  • 【高い就職率】担任として学生の夢をサポートできる
  • 【年間休日117日】安心の働く環境&正職員登用あり

募集要項

募集の背景

創設以来、50年の歴史を誇る「東京観光専門学校」。
観光系学科とサービス系学科、計10学科により、
2学年で約1,100名の学生が観光業、サービス業への就職を目指し学んでいます。
今回は、学生たちの夢をサポートする専任職員として、
より充実したカリキュラムの開発、スタッフマネジメントにより
「英語科」をリードしてもらえる人材を募集します。
あなたの経験を活かし、本校でさらなるキャリアアップを目指しませんか?

仕事内容

【英語科主任候補としてお迎えします】東京観光専門学校の専任職員として、英語科の授業やマネジメント、クラス担任などをお任せします。


<担任・一般教養・科目指導>
◆クラス担任(出席・成績の管理)
◆ビジネスマナー等の一般教養の指導
◆英語クラス(英会話・TOEIC等)指導
◆就職指導・相談業務
(授業数は週10コマ程度です)

<学校運営>
◆オープンキャンパス等での学生募集活動
◆各種学校行事の企画・運営
◆新しいカリキュラムの構築・提案
◆英語科講師のマネジメント

【英語科主任として活躍してください】
非常勤講師をマネジメントし
「こんな授業をしてほしい」
「こんな英語力を身につけさせてもらいたい」など
カリキュラムや指導法について指示を出したり
自ら新しい指導計画を作っていったりすることも可能です。

また新たなカリキュラムの開発や講師の採用など
幅広い権限・裁量を持って英語科を作っていける立場です。

どうすれば学生たちが就職に直結する英語力を身につけられるか。
魅力的な英語の授業で、大きな使命に挑戦してください。

求める人材

【英語指導経験をお持ちの方】マネジメント経験、観光・サービス業界での実務経験がある方は歓迎します。学生に生きた英語を教えてください!


★教員免許・学歴不問
★観光・サービス業界で「使える英語」を指導できる方は歓迎!

【歓迎する経験・スキル】
◆TOEICや英会話の指導経験
◆マネジメント経験

【こんな方はぜひご応募下さい】
◇英語教師・講師からのキャリアアップを目指したい方
◇コミュニケーションが好きで面倒見の良い方
◇リーダーシップやマネジメント力のある方

【正職員登用制度あり】
実績もありますので安心して長く活躍できます!

勤務地

◆専門学校 東京観光専門学校
東京都新宿区市谷田町3-21

〈アクセス〉
JR中央線・総武線、東京メトロ南北線・有楽町線、都営大江戸線「飯田橋駅」より徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷駅」より徒歩6分
JR中央線・総武線・都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩10分

マイナビ転職の勤務地区分では…
東京都
勤務時間 9:00〜18:00(実働8h/シフト制あり)
給与

年俸制300万円〜
※あなたの年齢・経験・能力を考慮のうえ、当社規定により決定いたします


★☆★非常勤講師も同時募集中です!詳細は別途お問合せください!★☆★

諸手当 ◆交通費支給 (規定あり)
休日・休暇 ◆週休2日制(曜日交代制)
◆有給休暇
◆慶弔休暇
福利厚生 ◆各種社会保険完備
◆系列ホテルの優待利用制度有り
採用予定人数 若干名

この求人の特色

  • 急募
  • U・Iターン歓迎
  • 「女性のおしごと」掲載中
  • 転勤なし
  • 産休・育休取得実績あり
  • オフィス内禁煙・分煙

会社・仕事の魅力

夢を持って学ぶ、学生たちの未来をサポートする仕事

東京観光専門学校では、観光やサービス業への就職を目指し
意欲を持って英語を学ぼうとする学生たちが集まっています。

英語の授業やクラス担任として
あるいは入学前のオープンキャンパスから
学生たちの成長を見守っていけるだけでなく
自らリーダーとして英語科を作っていけるなど
大きな裁量で活躍できるのが、この仕事の醍醐味。

この年末年始は14連休となるなど
年間117日間、しっかり休める環境も整ってます!

会社情報

設立 1967年1月
代表者 安達 暁子
従業員数 1865名
資本金 2078億円
事業内容 各学校の運営
●専門学校 東京デザイナー学院
●専門学校 東京スクールオブビジネス
●専門学校 東京ビジュアルアーツ
●専門学校 東京ネットウエイブ
●専門学校 東京観光専門学校
(その他、名古屋・大阪・福岡に計17校の専門学校・日本語学校を展開)
本社所在地 東京都千代田区神田駿河台2−11−16 さいかち坂ビル

取材後記(マイナビ転職編集部から)

1960年の設立以来、東京スクール・オブ・ビジネス、東京デザイナー学院、東京ビジュアルアーツなど、全国で17校の専門学校を展開するAdachi学園グループ。東京観光専門学校は1967年創立の歴史ある1校であり、その名の通り、観光業やサービス業への就職を目標とする学生が毎年500名以上も入学してくる国内有数の専門学校だ。卒業生はホテル、空港、鉄道、旅行会社など、私たちに身近な業界で活躍する姿を見られるのもこの仕事の醍醐味だろう。

今回募集する英語科の専任職員は、将来のリーダー候補として活躍できるポジション。専門学校ならではのカリキュラム構築の自由度もあり、自ら「こんな授業があれば学生の英語力がもっと身につく」「英語科のフィールドワークを取り入れよう」など、様々な意見提案を行い、実現に向けたチャレンジも可能だ。
英語教育の経験を生かせる場として、同グループの安定したフィールドで次のキャリアを目指してみてほしい。

応募方法

応募方法 ■マイナビ転職の「応募フォーム」よりエントリーして下さい。

※面接日・入社日は相談に応じます。
※お問い合わせは、マイナビ転職の「質問フォーム」をご利用下さい。
※応募の秘密は厳守いたします。

≪応募書類の取り扱いに関して≫
ご応募いただく個人情報は採用業務にのみ利用し、
当社の個人情報保護方針に基づき、適切な利用、管理、保護に努めます。
他の目的で第三者へ譲渡・開示することはありません。
応募受付後の連絡 書類選考後、お電話もしくはメールにてご連絡差し上げます。
採用プロセス ◇書類選考
お送り頂きました内容をもとに書類選考を行います。  

◇面接
面接を実施します。
これまでの職歴だけでなく、あなたの意欲や可能性を重視します。当校での展望や意欲などを、ぜひアピールしてください。

◇業務開始
面接後なるべく早急に結果のご連絡を差し上げます。本人の意思確認を経て業務開始となります。業務開始日については考慮致します。ご相談ください。
面接回数 2〜3回
面接地 ◆専門学校 東京観光専門学校/東京都新宿区市谷田町3-21
選考の特徴
面接日程応相談 入社時期応相談

問い合わせ先

学校法人Adachi学園

住所

〒 162-0843
東京都新宿区市谷田町3-21 【地図を見る】

採用担当 採用担当
備考 【アクセス】
○JR中央線・総武線、東京メトロ南北線・有楽町線、都営大江戸線「飯田橋駅」より徒歩10分
○東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷駅」より徒歩6分
○JR中央線・総武線・都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩10分

応募を悩んでる方にオススメ

企業に質問する

この求人について「気になる点がある」「もっと詳しく知りたい」という場合は、企業に質問することができます。質問が集中した場合など企業の状況によっては、すべての質問に回答できないこともあります。その点ご了承の上、ご利用ください。締切間近の求人に関して応募をお悩みの場合は、応募フォームに質問内容を記載して、応募することをオススメします。

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。