キープしました。
辞退しました。
株式会社北日本新聞社の企業ロゴ

☆U・Iターン歓迎【総合職(Web推進、記者、営業)】 株式会社北日本新聞社 平均勤続年数19年/中途入社者も多数活躍しています

  • 正社員
  • 400万~700万円
  • 職種・業種未経験OK
  • 第二新卒歓迎
情報更新日:2020/09/04
掲載終了予定日:2020/11/02

この求人のポイント

地域密着の新聞社で活躍!富山に根差しながら、あなたのキャリアをもっと輝かせませんか?
次世代のニュース発信を担う人材を募集 発行部数22万部超!圧倒的普及率 Webにも注力 人との出会いを通じて自身の成長を実感できます 転居を伴う転勤が少なく、富山に根付いて働けます
見つめる、伝えるを面白く! 富山県内シェア随一の総合メディア企業で新時代の情報発信を
株式会社北日本新聞社のPRイメージ
 県内で圧倒的シェアを誇る北日本新聞は、1世紀以上にわたり情報インフラとして富山県民の暮らしを支えてきました。新聞とWebサイトを軸に、フリーペーパーの発行やイベント企画なども多彩に展開しています。
 社会が変わっても、確かな情報へのニーズは変わりません。「富山のことを知りたい」という声に応えるため、時代を読み、新しい技術を駆使して、これからのメディアを一緒に創っていきませんか。

仕事内容

■総合職/記者、営業、Web推進:自社Webメディアの制作(ディレクター/エンジニア/デザイナー/コーダー)

具体的には

■記者

さまざまなニュースを取材し、記事を執筆。取材活動をする外勤記者とレイアウトや見出しを担当する内勤記者に分かれ、担当エリアの動きを伝えます。

■Web推進

自社メディア(webun・conocoto等)の企画・制作のほか、開発リーダーとして新しいサイト立ち上げへの参画も可能です。

■営業

クライアントを訪問したり、広告会社と連携したりして新聞広告の営業をします。北日本新聞納涼花火など各種イベントを担当するほか、フリーマガジンも発行しています。
県内の販売店と連携して新たな読者を獲得する仕事や、地域の文化・スポーツ振興、地域活性化に寄与するイベントを支援する仕事もあります。

対象となる方

【Uターン、Iターン、第二新卒者歓迎】 ◎大卒以上 ◎要普通自動車免許 ◎新聞社で働きたい方 ◎Web制作経験のある方は優遇します!

☆次のような方は優遇します

・新聞社、テレビ局等で取材経験のある方
・Web制作やサイト運営・調整の経験のある方
・広告デザインの経験のある方
・イベント等を企画運営した経験のある方

未経験でも、学生時代にマスコミ業界を目指して勉強していた方や、前々から新聞社で働きたいと思っていた方など大歓迎です。

Uターン・Iターン歓迎!腰を据えて働きたい方歓迎です。
取材担当者からみた「向いている人」「向いていない人」をお伝えします!

この仕事に向いている人

最初に配属される可能性がある拠点はすべて県内です。生活基盤を固め、地に足のついた環境でご自身の想いを世界に発信できます。刺激ある仕事を探している方にピッタリです。

この仕事に向いていない人

情報発信のカタチは年々変化しており、常にベストな方法を肩書や年齢問わずチームで模索するスタイルの同社。そのため従来の慣習だけに固執してしまう方には向いてないと感じました。

マイナビ転職
編集部より

募集要項

雇用形態
正社員
勤務時間
※実働8時間

■9:00~18:00(休憩1時間)
※上記時間帯を基本として配属先により異なります
勤務地
富山県内(富山市・高岡市・魚津市・砺波市)の拠点
※初任地が県外になることはありません。生活基盤をしっかり築いてもらえます。

【いずれかへ配属】
■本社/富山市安住町2-14
■西部本社/富山県高岡市あわら町13-50
■新川支社/富山県魚津市吉島582-1
■砺波支社/富山県砺波市太郎丸2丁目129

UIターン歓迎!

富山の家賃は全国的にも安価で、会社の近くに住み、通勤に時間を取られずに働くスタッフが多数。また、満員電車とは無縁なエリアなため、通勤ストレスなく快適に働けます!

マイナビ転職の勤務地区分では…


富山県
給与
■月給23万4,500円以上
※経験・年齢・能力を考慮のうえ決定します。

初年度の年収

初年度年収は、入社後向こう一年間に支給される予定の金額で、基本給に諸手当と前年度の標準的な査定ベースの賞与額を加えたものです。 諸手当には、採用対象者に一律支給される予定の固定手当、平均残業時間を基準とした想定される時間外勤務手当を含みます。歩合給やインセンティブは含みません。 初年度年収は、入社される方のスキルや経験によって必ずしも一定ではありませんので、検索した年収額と実際に入社した際の金額は異なる場合があります。
400万円~700万円

モデル年収例

年収580万円 / 30歳 総合職
昇給・賞与
■昇給/年1回(4月)
■賞与/年2回(7月、12月)
諸手当
■役職手当
■資格手当
■住宅手当
■家族手当
■厚生手当
■時間外手当
休日・休暇
■週休2日制(年間休日数112日)
■年次有給休暇(最大23日)
■特別休暇(リフレッシュ・メモリアル など)
■産前産後休暇・育児休暇制度、介護休暇制度
福利厚生
■各種社会保険完備
■退職金制度
■県外出身者向けの家賃補助制度
■定期健康診断
■契約スポーツクラブ・プールなどの施設利用
■各種教育制度あり
新人研修、職種やテーマに応じた局別研修、管理職研修など
この求人の特徴
  • 業界経験者優遇
  • 第二新卒歓迎
  • U・Iターン歓迎
  • 海外勤務・出張あり
  • 5日以上連続休暇取得可能
  • マイカー通勤可
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 社宅・家賃補助制度
  • 交通費全額支給

会社情報

この企業の特徴
  • 産休・育休取得実績あり
  • 育児中の社員在籍中
設立
明治17年1月 創刊136年
代表者
代表取締役社長 駒澤 信雄
従業員数
288名(2020年6月現在)
資本金
4億9500万円
売上高
108億5588万円(2020年3月期)
事業内容
■北日本新聞の印刷・発行
■各種イベントの企画運営
■書籍の刊行
■ウェブ新聞「webun」等による情報配信

【発行部数】
22万部

1884年(明治17年)創刊の「中越新聞」を源流とする北日本新聞社は、1世紀以上にわたって富山県民とともに歩んできました。現在、朝刊の発行部数は約22万部と、県内世帯数に対して圧倒的な普及率を誇り、県紙としての地位を不動のものとしています。
本社所在地
富山県富山市安住町2-14
事業所
本社/富山
西部本社/高岡
支社/新川(魚津)、砺波、東京、大阪、金沢
総局・支局/県内19ヵ所
印刷拠点/富山
企業ホームページ http://www.webun-saiyo.jp/

応募方法

選考の特徴
  • 面接日程応相談
  • 入社時期応相談
応募方法
マイナビ転職の「応募フォーム」に必要事項をご記入の上、エントリーください。

【第2回応募〆切】2020年9月30日(水)

追って履歴書等のご郵送のご連絡をいたします。
※応募の秘密は厳守します
※ご応募いただく個人情報は採用業務のみにご利用いたします
※応募書類はご返却できませんので、ご了承ください
応募受付後の連絡
エントリー後、応募書類の到着をもって応募完了と致します。
書類選考合格者の方のみに、10月上旬をめどにメールないし電話にてご連絡いたします。
採用プロセス
  1. STEP
    1

応募フォームによるエントリー

「応募フォーム」からエントリーください。選考の上、応募書類の提出をお願いする方にはご連絡します。
  1. STEP
    2

応募書類提出※9月30日(水)まで

・写真貼付履歴書
・職務経歴書
・作文「入社動機」(800字)
下記問い合わせ先までご郵送ください。
  1. STEP
    3

応募書類による選考

応募書類締め切り後に、書類選考を行い、10月上旬をめどに合格者のみメールないし電話にて通知いたします。
  1. STEP
    4

面接、適性検査

面接は2回を予定しております。
じっくりお話を聞かせていただきます。
  1. STEP
    5

内定

2020年10月下旬~11月上旬を予定しております。
  1. STEP
    6

入社

入社日は相談に応じます。
面接回数
2回を予定しています
面接地
本社(富山市)にて実施します
問い合わせ
株式会社北日本新聞社

住所
〒 930-0094 富山県富山市安住町2-14
地図を見る

採用担当
経営企画局人事部 担当・稲垣

E-mail

電話番号
076-445-3522(直通)

会社・仕事の魅力

富山のため 県民のために 頑張れる

富山県内での圧倒的な媒体力を生かし、様々なことに挑戦できる環境があります。記者として、営業として、Web推進として自分が手掛けた仕事に対する反響の大きさは、新聞社ならではと言えます。

近年では富山県議会、市議会の政務活動費の不正追及の報道により、議会改革が一気に動き出しました。

富山のため、県民のために働けること、頑張れることは大きなモチベーションになります。

平均勤続19年は、働きやすさの証

地域に根付いた新聞社であり、生活基盤を富山に置きながら、情報発信者として魅力的なコンテンツを発信する刺激ある仕事に末永く携わることができます。

また激務というイメージを持たれがちな業界ですが、そのイメージを覆す無理のない労働環境を整えています。残業もできるだけ削減し、有休や連続休暇の取得を会社が促進。仕事に追われてプライベートが充実できない、なんてことはありません。
2007年「高校必修科目未履修の特報」のスクープで業界で非常に栄誉となる日本新聞協会賞を受賞。17年には議会の不正を追及したキャンペーン報道「民意と歩む」で、再び協会賞を受けた。

またインターネットメディアを中心とした環境にも対応し、フリーマガジンの発行、ケーブルテレビ、コミュニティーエフエムとの連携、ネット新聞「webun」の発信など、新聞を核とした総合メディア企業として日々進化している。

マイナビ転職
編集部より

インタビュー

配属先上司にお話を伺いました

ビジネス開発室 次長 西嶋のプロフィールフォト
ビジネス開発室 次長 西嶋 さん(新卒入社30年目)
Web推進
Q

仕事のおもしろさはなんですか?

”紙”という媒体にとらわれることなく、世の中の情報を伝える仕組みを常に模索しています。今まで誰もやってこなかったことにも取り組み、新時代を自分の手で切り拓けるところにおもしろさと刺激があります。
Q

家庭との両立は可能ですか?

もちろんです。満員電車とは無縁で通勤に体力や時間を奪われることがないので、夜は子どもの勉強を見ています。さらに当社は休みがしっかりと確保されており、休日は家族とアウトドアを楽しんでいますよ!
Q

新しい仲間に期待することはなんですか?

特にWeb推進の部門で言えば、自分の意見だけを押し通すのではなく、社内の意見をくみ取り、ユーザー目線に立って制作すること。Web担当として様々な部署から相談を受けると思いますが、柔軟に対応してほしいですね。
Q

あなたの感じる職場の雰囲気は?

個人主義 チーム主義
個人の裁量が大きい ルールに従う
成果主義 プロセス重視
オフタイムの交流が少なめ 多め
トップダウン ボトムアップ
※個人の感想です。
  • この求人に応募する
  • 気になる
    気になるとは?

    ・気になる求人を保存できる
    ・求人を保存すると企業から応募や面接の依頼メッセージが届く可能性があります!

応募を悩んでる方にオススメ
企業に質問する

この求人について「気になる点がある」「もっと詳しく知りたい」という場合は、企業に質問することができます。質問が集中した場合など企業の状況によっては、すべての質問に回答できないこともあります。その点ご了承の上、ご利用ください。締切間近の求人に関して応募をお悩みの場合は、応募フォームに質問内容を記載して、応募することをオススメします。

この求人に応募した人はこちらも検討しています

注目のキーワード

株式会社北日本新聞社 平均勤続年数19年/中途入社者も多数活躍しています

☆U・Iターン歓迎【総合職(Web推進、記者、営業)】