株式会社北日本新聞社/【U・Iターン歓迎】総合職(記者、営業、技術)(993686) の求人情報

  • 株式会社北日本新聞社
  • 【U・Iターン歓迎】総合職(記者、営業、技術)
  • この求人に応募する
  • 検討リストに保存
閉じる
検討リストに保存しました。

株式会社北日本新聞社

【U・Iターン歓迎】総合職(記者、営業、技術)正社員

業種 : 新聞・出版・印刷/広告
従業員数:286名 設立:1884年1月 資本金:4億9500万円 売上高:105億5883万円(2017年3月期) 本社所在地:富山県

情報更新日:
2017/08/08
掲載終了予定日:
2017/09/11
  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎

富山県で抜群の知名度を誇る新聞紙を発行しています。

ここがポイント!

  • 【安定経営】富山県で知名度抜群の新聞社
  • 【記者】県内ジャーナリズムの中核を担う
  • 【営業】媒体力を生かし企画を実現
  • 【技術】ネット、ITなど新分野へ果敢に挑戦

募集要項

募集の背景

1世紀以上にわたり富山県民とともに歩んできた北日本新聞社。
「新聞社で働きたい」「富山で活躍したい」という意欲的な人材を確保するため、昨年度から本格的な社会人採用を行うこととなりました。

読者に最新の情報をお届けする仕事を通じて、地域に貢献していきましょう!

仕事内容

■総合職/記者、営業、技術(ウェブ事業・システム開発・印刷)


■記者
 さまざまなニュースを取材し、記事を執筆します。取材活動をする外勤記者とレイアウトや見出しを担当する内勤記者に分かれます。支社、総支局の記者は担当市町村内の動きを伝えます。

■営業
 クライアントを訪問したり、広告会社と連携して営業活動を行います。キャンペーンや北日本新聞納涼花火など各種イベントを担当するほか、特定の年齢層にターゲットを絞ったフリーマガジンを毎月発行しています。
   県内の販売店と連携して新たな読者を獲得する仕事や、地域の文化・スポーツ振興、地域活性化に寄与するイベントを支援する仕事もあります。

■技術(ウェブ事業・システム開発・印刷)
 ネット、ウェブを活用した新事業の開発などを手掛ける仕事です。新聞の製作システムやウェブ新聞「webun」の管理運用を行います。最大48ページ、カラー40ページの輪転機を備える最新鋭の設備で新聞の印刷を担当してもらう仕事もあります。

求める人材

【Uターン、Iターン、第二新卒者歓迎】 ◎大卒以上 ◎要普通自動車免許 ◎新聞社で働きたい方 


☆次のような方は優遇します
・新聞社、テレビ局等で取材経験のある方
・イベント等を企画運営した経験のある方
・ウェブ事業を手掛けた経験がある方
・広告デザインの経験のある方

未経験の方でも、学生時代にマスコミ業界を目指して勉強していた方や前々から新聞社で働きたいと思っていた方など大歓迎します。

Uターン・Iターン歓迎!腰を据えて働きたい方歓迎です。

勤務地

■本社/富山市安住町2-14
■高岡支社/富山県高岡市あわら町13-50
■新川支社/富山県魚津市吉島582-1
■砺波支社/富山県砺波市太郎丸2丁目129

※いずれかの勤務地への配属となります。

マイナビ転職の勤務地区分では…
富山県
勤務時間 ※実働7時間

■9:00〜17:00(休憩1時間)
※上記時間帯を基本として配属先により異なります
給与

■月給234,500円以上
※上記は大卒初任給(2017年4月実績)です。経験や年齢を考慮のうえ決定します。

昇給・賞与 ■昇給/年1回(4月)
■賞与/年2回(7月、12月)
諸手当 ■役職手当
■資格手当
■住宅手当
■家族手当
■厚生手当
■時間外手当
休日・休暇 ■週休2日制(年間休日数112日)
■年次有給休暇(最大23日)
■特別休暇(結婚、夏季、正月)
■産前産後休暇・育児休暇制度、介護休暇制度
福利厚生 ■各種社会保険完備
■退職金制度
■借上社宅制度

この求人の特色

  • 業界経験者優遇
  • 第二新卒歓迎
  • U・Iターン歓迎
  • 産休・育休取得実績あり
  • 育児中の社員在籍中
  • 5日以上連続休暇取得可能
  • マイカー通勤可
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 社宅・家賃補助制度
  • 交通費全額支給

会社・仕事の魅力

富山県で知名度抜群の弊社で働きませんか!

富山のため 県民のために 頑張れる

富山県内での圧倒的な媒体力を生かし、
さまざまなことにチャレンジできる環境があります。

記者として、営業として自分が手掛けた仕事に対し、
その反響の大きさは新聞社ならではのものです。

最近では、富山県議会、市議会の政務活動費不正追及が県民の大きな反響を呼び、議会改革が一気に動き出しました。

富山のために、県民のために働ける、頑張れることが大きなモチベーションです。

会社情報

設立 明治17年1月 創刊133年
代表者 社長 板倉 均
従業員数 286名(2017年7月現在)
資本金 4億9500万円
売上高 105億5883万円(2017年3月期)
事業内容 ■北日本新聞の印刷・発行
■各種イベントの企画運営
■書籍の刊行
■ウェブ新聞「webun」による情報配信

【発行部数】
23万2483部(2016年4月 日本ABC協会調査)

【事業所】
本社/富山
支社/高岡、新川(魚津)、砺波、東京、大阪、金沢
総局・支局/県内19ヵ所
印刷拠点/富山
本社所在地 富山県富山市安住町2-14
企業ホームページ http://www.webun-saiyo.jp/

取材後記(マイナビ転職編集部から)

利便性の高い富山市中心部に弊社の本社社屋があります。

1884年(明治17年)創刊の「中越新聞」を源流とする北日本新聞社は、1世紀以上にわたって富山県民とともに歩んできた。現在、朝刊の発行部数は約23万5,000部と、県内世帯数に対して圧倒的な普及率を誇り、県紙としての地位を不動のものとしている。

そんな同社では、「高校必修科目未履修の特報」(2007年)のスクープで、新聞業界にとって非常に栄誉となる日本新聞協会賞を受賞したほか、16年に端を発した富山県議会、富山市議会などの政活費不正問題を追及し全国から脚光を浴びている。
また、インターネットメディアを中心とした新たな環境にも対応し、「02(ゼロニィ)」や「まんまる」などフリーマガジンの発行、ケーブルテレビ、コミュニティーエフエムとの連携、ネット新聞「webun」の発信など、新聞を核とした総合メディア企業として日々進化している。今回このような同社が門戸を広げた採用を開始するので、ぜひ注目していただきたい。

応募方法

応募方法 マイナビ転職の「応募フォーム」に必要事項をご記入の上ご応募ください。

【応募締切】2017年9月11日(月)

追って履歴書等のご郵送のご連絡をいたします。
※応募の秘密は厳守します
※ご応募いただく個人情報は採用業務のみにご利用いたします
※応募書類はご返却できませんので、ご了承ください
応募受付後の連絡 エントリー後、応募書類の到着をもって応募完了と致します。
書類選考合格者の方のみに、9月中旬をめどにメールないし電話にてご連絡いたします。
採用プロセス 【応募フォームによるエントリー】
マイナビ転職の「応募フォーム」からエントリーください。
  ↓

【応募書類の提出】
連絡のあった方は、
履歴書(写真貼付)、職務経歴書、作文「入社動機」(800字)
を9月11日(月)までに下記の住所までご郵送ください。

〒930-0094 富山市安住町2-14 北日本新聞社経営企画室人事部
  ↓

【応募書類による選考】
応募書類締め切り後、書類選考を行い、9月中旬をめどに合格者のみメールないし電話にて通知いたします。
  ↓

【面接、適性検査】
面接は2回を予定しております。
じっくりお話を聞かせていただきます。
  ↓

【内定】
2017年10月中旬を予定
  ↓
【入社】
入社日は応相談させて頂きます。
面接回数 2回を予定しています
面接地 本社(富山市)にて実施します
選考の特徴
面接日程応相談 入社時期応相談

問い合わせ先

株式会社北日本新聞社

ホームページを見る
住所

〒 930-0094
富山県富山市安住町2-14 【地図を見る】

採用担当 経営企画室人事部 担当・尾山
E-mail
電話番号 076-445-3522(直通)

応募を悩んでる方にオススメ

企業に質問する

この求人について「気になる点がある」「もっと詳しく知りたい」という場合は、企業に質問することができます。質問が集中した場合など企業の状況によっては、すべての質問に回答できないこともあります。その点ご了承の上、ご利用ください。締切間近の求人に関して応募をお悩みの場合は、応募フォームに質問内容を記載して、応募することをオススメします。

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。