株式会社輸送経済新聞社【物流専門新聞「輸送経済」の発行】/物流専門紙の編集記者 ☆支社長候補募集☆(1030295) の求人情報

  • 株式会社輸送経済新聞社【物流専門新聞「輸送経済」の発行】
  • 物流専門紙の編集記者 ☆支社長候補募集☆
  • この求人に応募する
  • 検討リストに保存
閉じる
検討リストに保存しました。

株式会社輸送経済新聞社【物流専門新聞「輸送経済」の発行】

物流専門紙の編集記者 ☆支社長候補募集☆正社員

業種 : 新聞・出版・印刷/広告
従業員数:18名 設立:1948年3月 資本金:1,000万円 本社所在地:東京都

情報更新日:
2017/10/31
掲載終了予定日:
2017/12/04
  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • 完全週休2日制完全週休2日制
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎
  • 転勤なし転勤なし
  • 急募急募

女性のおしごと 掲載中

『輸送経済』の企画からトータルで関わるので、作り上げる楽しさがあります♪

ここがポイント!

  • 【創業約70年】他紙と一線を画す安定基盤が強み!
  • 【未経験者OK】編集記者のノウハウをモノにできる!
  • 【人脈形成】有名上場企業のトップ取材も可能!
  • 【キャリアアップ】中部支社の支社長も目指せる!

募集要項

募集の背景

昭和23年、まだ「物流」という言葉さえなかった時代に、当社は、運輸省の中央道路運送委員会の機関紙を発行したことからその歴史をスタートさせました。
以来、物流の専門報道機関として業界の発展と歩を共にし、その動向を真摯に伝えてきました。
当社の揺るがぬ姿勢は、全国8万人の読者から高く評価されています。
これからも読者の期待と信頼に応え続けるため、中部エリアの活動拡大・強化を担う新たな人材を募集します。

仕事内容

「輸送経済」など当社媒体の編集記者として、取材・執筆・広告営業を担当◎中部支社を担う将来の支社長候補!◎手厚い本社研修から安心のスタート!


【仕事の流れ】
1)取材
 ・アポイントをとり、インタビューや撮影を行います。
 ・有名上場企業の社長や幹部クラスの方からお話を聞けることも!
2)執筆
 ・取材やニュースリリースなどをもとに、原稿を起こします。
 ・読者が読み易い文章を書くことが大事。
3)ゲラ校正
 ・原稿に間違いがないかチェックをします。
4)入稿
 ・完成した原稿を組版業者に送ります。

☆制作工程のうち、ほとんどを自社で担当。新聞作りの醍醐味を体験できます!
◆ 広告企画の営業 ◆
既に取引のあるお客様に対し、広告の出稿をお願いするお仕事もお任せします。※飛び込み営業はありません。
当社の地盤を生かし、人脈を広げることができます!

◆ 中部エリアの支社長候補 ◆
勤務地は中部支社。
将来の支社長候補として活躍してください。
入社後半年〜1年間は、本社研修を通して新聞制作のノウハウを丁寧に伝えます。

求める人材

【人物重視】新聞制作に熱意があり、知識の吸収に積極的な方 ◎大卒以上(40歳迄) ◎文理不問 ◎業界・職種未経験者OK


◎経験不問
◎大卒以上
◎40歳迄(※若年層の長期キャリア形成を図るため「例外事由3号イ」)
◎PCスキル(ワード・エクセル)

【こんな方を歓迎】
◎文章を書くのが得意な方
◎新聞制作に熱意がある方
◎物流業界に興味がある方
◎知識の吸収に意欲的な方
◎コミュニケーションが得意な方

【活かせる経験・スキル】
◎記者・ライター・編集の実務経験
◎物流業界の実務経験

人物重視の積極採用です!

勤務地

中部支社:愛知県名古屋市中村区則武1-9-9 側島第二ノリタケビル6F

※東京本社にて半年〜1年間の研修があります。
 その後、中部支社へ配属となります。

マイナビ転職の勤務地区分では…
愛知県
勤務時間 9:30〜18:30(実働8時間・休憩1時間)
※月平均30時間の時間外あり。
給与

月給220,000円〜300,000円
※年齢・経験・能力を考慮の上、優遇いたします。

昇給・賞与 ◎昇給あり
◎賞与あり/年2回
諸手当 ◎交通費規定支給(50,000円迄/月額)
休日・休暇 ◎完全週休2日制(土曜日・日曜日)
◎祝日
◎有給休暇、夏季休暇(3日) 他
福利厚生 ◎社会保険完備
◎厚生年金基金
◎退職金制度有
採用予定人数 2名

この求人の特色

  • 急募
  • 第二新卒歓迎
  • U・Iターン歓迎
  • 「女性のおしごと」掲載中
  • 転勤なし
  • 年間休日120日以上
  • 完全週休2日制

会社・仕事の魅力

新聞の編集者としてのキャリアを当社でスタートしませんか?私たちが応援します!

ペンの力で物流業界の発展をリード!

当社は物流新聞のパイオニアであり、物流事業者やメーカーをはじめ、行政からも大きな信頼を寄せられています。

確固とした基盤の上、安定的に働きながら有力な人脈を築いていくことは、あなたにとって、きっと生涯の財産になるでしょう。

記事にした問題提起が、「物流」という社会の要に影響を与えるー。
その手応えは何事にも変え難いものです。
あなたのペンで、物流業界を豊かな未来へと導いてください。

会社情報

設立 1948年3月(昭和23年)
代表者 代表取締役代表/小平 亨
従業員数 18名
資本金 1,000万円
事業内容 ◎物流専門新聞「輸送経済」の発行(週刊誌・年刊誌)
◎出版事業
◎セミナー等の開催
本社所在地 東京都中央区新川2-22-4 新共立ビル3F
支社・加盟協会 ◎関西支社:大阪府大阪市西区土佐堀1-6-20 新栄ビル11F
◎中部支社:愛知県名古屋市中村区則武1-9-9 側島第二ノリタケビル6F
◎公益社団法人「日本専門新聞協会」加盟
「輸送経済」とは・・・ 「輸送経済」の前身は、戦後間もない昭和23年に運輸省(現国土交通省)中央道路運送委員会の機関紙「道路運送新聞」でございます。翌年、同委員会の機構改正を機に貨物輸送の専門紙「陸運新聞」として独立、昭和35年に「輸送経済」と改題し、今日に至っております。
企業ホームページ http://www.yuso.co.jp

取材後記(マイナビ転職編集部から)

編集者として手に職をつけたい人に、ぜひチャレンジしてほしい。

今、ひときわ大きな注目を浴びる物流業界。
最新動向を的確に伝え、業界の発展という大きなテーマに真っ向から取り組んでいるのが輸送経済新聞社だ。

70年の歴史の「輸送経済新聞」を主体に、「物流のすべて」「日本の物流事業」「ことば教えて!」などの出版物も手がけ、業界を網羅する情報を送り出している。

同新聞で10年以上続くユニークな企画を紹介する。
物流業界とつながりのない著名人を取り上げ、物流に関するインタビューを行うというものだ。
このような尖った紙面も同社の魅力。
若手・中堅が多く、風通しのよい環境が多彩なアイディアを生むのだろう。

会社としても、働き方改革への意識も持ち、会社全体でワークライフバランスの向上に取り組んでいる。
「歴史」と「最先端」が見事に融合した会社だと感じた。

安定的に働き、業界の専門家としてのキャリア形成を望む方には、チャンスではないだろうか。

応募方法

応募方法 募集にあたり多くの皆様とお会いしたいと思っています。
当社に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にご応募ください!

「応募フォーム」よりご応募の後、履歴書(カラー写真貼付)と職務経歴書を郵送して下さい。

書類選考の上、こちらからご連絡いたします。

≪応募書類の取り扱いに関して≫
ご応募いただく個人情報は採用業務にのみ利用し、他の目的での利用や第三者へ譲渡・開示することはございません。
応募受付後の連絡 書類選考の結果は、合否に関わらず応募受付後1週間以内にメールもしくはお電話にてご連絡いたします。
採用プロセス 【 書類選考 】
   ↓
【 筆記試験+面接 】
※面接は2回を予定しています。
※面接日時はご希望を考慮しますのでご相談ください。
   ↓
【 内定 】
※入社日などはご相談の上、決定いたします。
※在職中で今すぐ転職できないという方もお気軽にご相談ください。
面接地 東京本社にて行います。

〒104-0033
東京都中央区新川2-22-4 新共立ビル3F
【交通アクセス】
JR京葉線・東京メトロ日比谷線「八丁堀駅・茅場町」東西線「茅場町」より徒歩5分
選考の特徴
面接日程応相談 入社時期応相談

問い合わせ先

株式会社輸送経済新聞社【物流専門新聞「輸送経済」の発行】

ホームページを見る
住所

〒 104-0033
東京都中央区新川2-22-4 新共立ビル3F 【地図を見る】

採用担当 総務経理部/採用担当
電話番号 03-3206-0711(代表)

応募を悩んでる方にオススメ

企業に質問する

この求人について「気になる点がある」「もっと詳しく知りたい」という場合は、企業に質問することができます。質問が集中した場合など企業の状況によっては、すべての質問に回答できないこともあります。その点ご了承の上、ご利用ください。締切間近の求人に関して応募をお悩みの場合は、応募フォームに質問内容を記載して、応募することをオススメします。

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。