株式会社 日刊建設工業新聞社/企画提案営業 ◆未経験歓迎!◆創業90年を迎える新聞社です!(1030168) の求人情報

  • 株式会社 日刊建設工業新聞社
  • 企画提案営業 ◆未経験歓迎!◆創業90年を迎える新聞社です!
  • この求人に応募する
  • 検討リストに保存
閉じる
検討リストに保存しました。

株式会社 日刊建設工業新聞社

企画提案営業 ◆未経験歓迎!◆創業90年を迎える新聞社です!正社員

業種 : 新聞・出版・印刷/広告
従業員数:120名 設立:1928年10月 資本金:2,000万円  本社所在地:東京都

情報更新日:
2017/11/03
掲載終了予定日:
2017/12/07
  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • 完全週休2日制完全週休2日制
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎
  • 急募急募

女性のおしごと 掲載中

「新聞制作に携わりたい」事業本部一人ひとりの積み重ねが会社の長い歴史を創り上げてきました。

ここがポイント!

  • 来年には創業90周年を迎える歴史ある業界新聞社です!
  • 長く信頼を築いてきた企業様とのやり取りが中心です!
  • 今後入社する方が弊社100周年を支えると考えています
  • 国際事業に目を向けています!英語力を活かせる機会も

募集要項

募集の背景

昨今の風潮として新聞を購読する読者は減少傾向にあると言われています。
しかし、業界紙は全くの別の立場にあると考えております。
業界の動向をいち早く掴み、業界紙には珍しい「日刊」にて、常に洗練された情報を発信してるからこそ多くの企業様に長年に渡ってご信頼いただき継続購読いただいております。
今回、国際事業も含め事業拡大を実現するにあたり、創業100周年を見据えて会社を支えていく方を増員募集いたします。

仕事内容

既存のお取引先とのやり取り、スポンサー企業との交渉、その他営業サポート業務をお願いします。


■新聞掲載広告の営業業務
■特集紙面の企画、立案業務
■イベント・セミナーの企画、運営業務

基本的に既存のお客様に提案等をしていただきます。
特に厳しいノルマ等もありませんので、安心して下さい。
コツコツと真面目に仕事をしていただければあなたの成長も早いと思います。
色々な企業様と仕事が出来るので、様々なことが覚えられると思います。
(礼儀・仕事の進め方・交渉力)
先輩も優しい方が多いので最初はわからなくても心配はいりません。

仕事に慣れてきたら、あなたのやりたい方向を自由な発想で見つけてやらせてあげたいと思っています。

求める人材

◎未経験者歓迎します。 ◎第二新卒歓迎! ◎大卒以上の方 コツコツ・真面目に仕事が出来る方 ※英語力のある方は国際事業部への登用も。 


◇営業経験の有無や経験年数など問いません!未経験の方歓迎です!

◇40歳以下の方 
 ※年齢制限の理由:長期勤続によるキャリア形成のため(省令3号のイ)

【必須ではありませんが、あれば活躍の幅が広がります!】
★英語力(TOEIC700点以上)がある方は本人の希望に応じて、今後
 国際事業部の業務(海外のスポンサーとのやり取り、イベント企画、海外 出張など)をお任せすることもあります。

勤務地

本社勤務となります。
所在地:東京都港区東新橋2-2-10 村松ビル

〈交通アクセス〉
JR・各線「新橋」駅下車 徒歩約7分
都営大江戸線「汐留」駅下車 徒歩約5分


マイナビ転職の勤務地区分では…
東京都
勤務時間 9:00〜17:00(実働7時間/休憩時間60分)
給与

月給202,000円〜
※試用期間2か月あり(給与に変動はありません。)
※年齢・経験・能力に応じて社内規定により決定いたします。

昇給・賞与 昇給年1回
賞与年2回(勤務実績・業績などによる)
諸手当 交通費支給(毎月100,000円まで)
住宅手当(15,500円〜)
休日・休暇 完全週休2日制(土日)
祝日
年末年始休暇
夏期休暇
有給休暇(入社6ヶ月経過後)
福利厚生 各種社会保険完備
退職金制度あり(勤続3年以上)
業界紙で日刊。読者数約35万人 普通の業界紙で日刊ベースの発行はめずらしいことだと思います。しかしながら弊社は歴史に胡坐をかかずに日々真面目に仕事に取組み、更に記事のクオリティにも評価を得た結果、現在の部数、お客様の数を頂くまでになりました。

この求人の特色

  • 急募
  • 業界経験者優遇
  • 第二新卒歓迎
  • U・Iターン歓迎
  • 「女性のおしごと」掲載中
  • 残業月30時間以内
  • 原則定時退社
  • 海外勤務・出張あり
  • 英語を使う仕事
  • 産休・育休取得実績あり
  • 年間休日120日以上
  • 完全週休2日制
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 社宅・家賃補助制度
  • 交通費全額支給

会社・仕事の魅力

なんでも教えますよ!真面目な方なら加速度的な成長を遂げるかもしれませんね。

コツコツ、真面目に仕事をしていただければOKです。

弊社の営業スタイルは、大きい仕事を取ればいいというものではありません。

89年の歴史の中で数多くのお客様からお取引を頂くようになり、その信頼感を損なうことなくお客様に接していただきたいのです。

ゆえに毎日コツコツ、真面目にお客様に挨拶をするのと同時に的確に様々な提案をしていただきます。

会社情報

設立 昭和3年(1928年)10月
代表者 代表取締役社長 飯塚 秀樹
従業員数 120名
資本金 2,000万円
事業内容 ■建設業界の全国統合紙である日刊建設工業新聞の発行
■月刊工事情報など定期刊行物並びに建設産業関係の多種多様な出版物の発行
■セミナー、シンポジウムの開催など
本社所在地 東京都港区東新橋2-2-10 村松ビル
出版事業も行っています。 「月刊工事情報」などの雑誌・要覧・便覧・書籍の出版もしています。
建設関連業界の発展に寄与出来ればという思いです。
社内の雰囲気は・・・ 20代30代のスタッフも多く、割合と和やかな雰囲気です。新聞社というとそれこそカリカリしていると感じる方もいるかと思いますが、弊社は昔ながらの良さを活かしつつ現在のビジネスに対応出来るやり方を取り入れています。
なので残業も少なめです。
企業ホームページ http://www.decn.co.jp/

取材後記(マイナビ転職編集部から)

これからの歴史を作るのはあなた方です。チャレンジをお待ちしています。

日刊建設工業新聞は、創刊1928年10月、今年89年を迎えた中央官庁、建設・電気・設備業界、地方自治体などの関係者を主な読者とする業界専門紙だ。

業界専門紙でありながら日刊ということはそれだけで畏敬の念を持つほど偉大なことだと思う。それは読者数が35万人ということでも納得が出来る。

高度情報化社会が一層進む中で、専門的な視点で情報量の増加・提供方法の多様化に的確に対応しながら信頼できる情報を迅速かつ正確に発信する姿勢を貫くとのこと。

企業側としては、入札の情報等を見れるニュースソースとしてだけではなく、そこに書かれた記事から今後の経営方針の一つの判断材料にする企業もあると聞く。

多くのマスメディアが色々と言われる昨今、日刊建設工業新聞社の地に足がついた生真面目な経営は更に信頼感の醸成を加速し、ゆるぎないものになることだろう。

応募方法

応募方法 マイナビ転職の専用応募フォームからご応募ください。
■面接日時・入社日ご相談に応じます。
■お電話でのお問い合わせもお待ちしております。
※ご応募いただく個人情報は採用業務にのみ利用し、
 他の目的での利用や第三者へ譲渡・開示することはありません。
応募受付後の連絡 WEB書類選考後、通過された方には面接のご連絡をいたします。
採用プロセス 【STEP1】応募
 ▼
【STEP2】書類選考
ご応募いただいた内容をもとに書類選考を実施します。
通過者には応募後10日以内に面接の日時をご連絡いたします。
※面接日はご相談に応じます。
 ▼
【STEP3】面接(1〜2回)
 ▼
【STEP4】内定


◆あなたが新たな仲間になる日を楽しみにしております!
選考の特徴
面接日程応相談 入社時期応相談

問い合わせ先

株式会社 日刊建設工業新聞社

ホームページを見る
住所

〒 105-0021
東京都港区東新橋2-2-10 村松ビル 【地図を見る】

採用担当 採用担当
電話番号 03-3437-0841(直通)

応募を悩んでる方にオススメ

企業に質問する

この求人について「気になる点がある」「もっと詳しく知りたい」という場合は、企業に質問することができます。質問が集中した場合など企業の状況によっては、すべての質問に回答できないこともあります。その点ご了承の上、ご利用ください。締切間近の求人に関して応募をお悩みの場合は、応募フォームに質問内容を記載して、応募することをオススメします。

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。