株式会社明石書店 ★創業以来、約4500点もの書籍を刊行!まもなく40周年を迎える出版社/人文・社会科学系の【書籍編集者】 ★未経験歓迎!(1038555) の求人情報

  • 株式会社明石書店 ★創業以来、約4500点もの書籍を刊行!まもなく40周年を迎える出版社
  • 人文・社会科学系の【書籍編集者】 ★未経験歓迎!
  • この求人に応募する
  • 検討リストに保存
閉じる
検討リストに保存しました。

株式会社明石書店 ★創業以来、約4500点もの書籍を刊行!まもなく40周年を迎える出版社

人文・社会科学系の【書籍編集者】 ★未経験歓迎!正社員

残り3

業種 : 新聞・出版・印刷/放送・映像・音響/広告/教育
設立:1978年8月 資本金:1,000万円 本社所在地:東京都

情報更新日:
2017/11/22
掲載終了予定日:
2017/12/14

当社で出版した書籍の一例。日々新しいアイデアを出し合い、より魅力的な書籍を発信していきましょう!

ここがポイント!

  • 約4500点の書籍を刊行!まもなく40周年を迎える出版社
  • 未経験歓迎!専門知識は、入社後に学べます
  • 残業少なめ・年間休日120日以上など、働きやすさも◎
  • 産休育休実績有など、男女問わず長く働きやすい環境

募集要項

募集の背景

世の中の大きな流れに迎合するのではなく、違う視点で捉えていく。
社会にある問題を、きちんと考えていく。
明石書店の10年後、20年後を見据えた編集部員の増員募集です。

業界経験や編集スキルよりも、出版物に対する「想い」を重視した選考を実施します。
私たちの出版ジャンルに興味があり、当社の理念に共感していただける方は、ぜひご応募ください。
お会いできるのを、とても楽しみにしています!

仕事内容

書籍の企画・編集業務をお任せ。自分の関心があるテーマを深く掘り下げ、想いを込めた本づくりに携われます。 ★専門知識は入社後に学べます


<具体的には?>
■企画立案
■原稿整理・割付
■校正
■進行管理
■著者とのやり取り など

人権・格差・貧困・子どもの教育など、社会の問題に焦点を当てた書籍を中心に、年間約150冊を刊行。
あなたの視点・切り口を企画にし、世の中が抱える課題について、考えるきっかけをつくっていきます。

編集会議は週1回。
部長・社長のアドバイスを受けながら、煮詰めていきます。
著者の選定や執筆依頼・原稿チェック・割付・校正と、全ての工程に携われ、下版まで行っていただけます。


――★売上よりも、訴えたいテーマに焦点を当てる

売上は意識すべきことではあるものの、「売れれば、それで良い」という考え方はしていません。
大勢に流されることなく、批判的精神を持つ。
小さくても見過ごすことのできない事柄に、しっかり焦点を当てていく。
そんなお仕事を、あなたにお任せします。

求める人材

未経験・第二新卒歓迎!<応募条件>大卒以上、明石書店の出版物に興味がある方 ★残業少なめ・年間休日120日以上。長く働きやすい環境も魅力です


<こんな方なら大歓迎!>
○社会問題への関心が高い方
○世の中の「当たり前」に疑問を感じられる方
○想いを込めた仕事をして、充実感を味わいたい方

<現場の先輩は?>
「貧困・格差に関する本をつくりたい」と転職してきた経験者や
ソーシャルワーカーの資格保有者など、様々な背景を持つ先輩が活躍中。
編集部員は、現在11名。
30代を中心に、幅広い世代が活躍しており、産休育休の取得実績もあります。

勤務地

本社/東京都千代田区外神田6-9-5

<アクセス>
各線「湯島」駅 徒歩2分
東京メトロ銀座線「末広町」駅 徒歩3分
各線「御徒町」「上野御徒町」駅 徒歩4分

マイナビ転職の勤務地区分では…
東京都
勤務時間 9:30〜18:00(休憩1時間)
給与

月給20〜40万円

※経験・年齢を考慮の上、当社規定により優遇します。
※試用期間(6ヶ月)中は契約社員として雇用し、期間満了後、正社員となります。
 給与などの待遇面に変化はありません。

初年度年収

250万〜500万円

昇給・賞与 昇給/年1回
賞与/年2回
諸手当 交通費全額支給
住宅手当
家族手当
残業手当
休日・休暇 ☆★☆ 年間休日120日以上 ☆★☆

完全週休2日制(土日)
祝日
夏季休暇
年末年始休暇
有給休暇
産前産後・育児休暇 ★取得実績有!
介護休暇
慶弔休暇
福利厚生 各種社会保険完備(健康・厚生年金・雇用・労災)

会社・仕事の魅力

分からないことがあれば、何でも聞いてください。私たちがしっかりサポートします!

本にするのは、多数の意見ではなく、あなたの想いです

何が正解か。間違いか。
決められないことも多いはず。
多数の意見だから正しい。
そうとは限りません。

大きな流れに迎合しない。
疑問を持ち、違う視点の考えを、世の中に投げかけてみる。
そんな試みに挑戦しませんか?

明石書店で、編集者として本をつくる。
想いを込めた企画を、実現してください。

社会とは?人間とは?
最終的に行き着くテーマは、そこかもしれません。

会社情報

設立 1978年8月
代表者 代表取締役社長/大江 道雅
資本金 1,000万円
事業内容 書籍の発行および販売

<加盟団体>
日本書籍出版協会、出版梓会、歴史書懇話会、アジアの本の会、日本ライブラリー出版会
版元ドットコム、教育図書出版会、心理学書販売研究会、特別支援教育関連図書出版の会
本社所在地 東京都千代田区外神田6-9-5
企業ホームページ http://www.akashi.co.jp/

取材後記(マイナビ転職編集部から)

こちらは同社HP。最新書籍やトピックなど、日々様々な情報が発信されている。

株式会社明石書店は、これまでに幅広い分野で約4500点もの書籍を刊行。
1978年の設立から、間もなく40周年を迎える。
新聞の書評欄でも高い評価を受けており、最近話題となっている『福岡伸一、西田哲学を読む』の版元。
大学生協での取り扱いや図書館の蔵書も多い出版社であるため、馴染みのある方も多いだろう。

今回取材の中で感じたことは、明石書店らしさを理解している方なら
企画が通りやすく、自分の想いをカタチにしやすいということ。
本とはいわば、読者へのメッセージを投げかけるツールであり
それが実現しやすい環境は、編集者として理想的だといえる。

編集者一人あたり、年8冊前後を手がけているが
特にノルマが課せられる訳ではないとのこと。
「自分が出したいと思える本を手がけたい」
「編集者として納得できる仕事がしたい」
そんな想いを、同社でなら叶えられる。
この絶好のチャンスを、ぜひ掴みとっていただきたい。

応募方法

応募方法 ☆★☆ マイナビ転職「応募フォーム」よりご応募ください ☆★☆

下記の「この求人に応募する」ボタンをクリックしてください。

※ご応募いただく個人情報は採用業務にのみ利用し、
 他の目的での利用や第三者へ譲渡、開示することはございません。
※応募データや履歴書および職務経歴書は返却いたしかねます。
応募受付後の連絡 書類選考の結果は、応募から1週間程度を目安に、
応募者全員に、メールにて連絡させていただきます。
採用プロセス ▼WEB書類選考
お送りいただいた「応募フォーム」の内容をもとに、選考を行います。
※選考後、今後の面接日程などについてこちらからご連絡いたします。

▼面接
面接当日は、履歴書(写真貼)・職務経歴書をお持ちください。
当社での展望や意欲などを、積極的にアピールしてください!

▼内定
面接終了後、こちらからご連絡させていただきます。

<備考> ────────────────────────────
※採用決定まで、なるべくスピーディな対応を予定しています。
※面接日・入社日は相談に応じます。
※在職中の方も、お気軽にご相談ください。
面接回数 2回を予定しています。
選考の特徴
夜間面接OK 面接日程応相談 入社時期応相談

問い合わせ先

株式会社明石書店 ★創業以来、約4500点もの書籍を刊行!まもなく40周年を迎える出版社

ホームページを見る
住所

〒 101-0021
東京都千代田区外神田6-9-5 【地図を見る】

応募を悩んでる方にオススメ

企業に質問する

この求人について「気になる点がある」「もっと詳しく知りたい」という場合は、企業に質問することができます。質問が集中した場合など企業の状況によっては、すべての質問に回答できないこともあります。その点ご了承の上、ご利用ください。締切間近の求人に関して応募をお悩みの場合は、応募フォームに質問内容を記載して、応募することをオススメします。

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。