公益財団法人佐賀県地域産業支援センター【働きやすさ◎】年間休日121日以上/残業少なめ/◎県内企業支援で活躍できる!【経営課題相談・支援・指導】(1066600) の求人情報

  • 公益財団法人佐賀県地域産業支援センター【働きやすさ◎】年間休日121日以上/残業少なめ
  • ◎県内企業支援で活躍できる!【経営課題相談・支援・指導】
  • この求人に応募する
  • 気になる
閉じる
気になるに保存しました。

公益財団法人佐賀県地域産業支援センター【働きやすさ◎】年間休日121日以上/残業少なめ

◎県内企業支援で活躍できる!【経営課題相談・支援・指導】正社員

業種 : 公益・特殊・独立行政法人/専門コンサルタント/サービス(その他)/シンクタンク・マーケティング・調査
従業員数:94名 設立:1957年10月 資本金:800万円 本社所在地:佐賀県

情報更新日:
2018/02/08
掲載終了予定日:
2018/02/26
  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK
  • 完全週休2日制完全週休2日制
  • 第二新卒歓迎第二新卒歓迎

女性のおしごと 掲載中

当公益法人では、県内産業振興に向けた、中小企業への多様な支援業務を担う人材を求めています。

ここがポイント!

  • 【安定基盤】中小企業から信頼を集める公益財団法人
  • 【転勤なし】U・Iターン歓迎!佐賀県に根ざして働ける
  • 【働きやすさ◎】年間休日121日以上!充実の手当アリ
  • 【未経験OK】県内産業の振興へ、熱意がある方を歓迎

募集要項

募集の背景

私たちは、県内の中小企業や創業を目指す方々を対象に
経営課題(経営改善・取引拡大・新製品の開発など)の解決支援や
ベンチャー支援、県産品の生鮮食品・加工食品の販路開拓支援を行う
佐賀県の【公益財団法人】です。

今回は、体制強化に向けた増員募集を実施します。
あなたの”県内産業振興”への熱意とやる気を
私たちと一緒に形にしていきませんか?
地域に根ざして長く活躍できる好環境です。

仕事内容

◎佐賀県における中小企業や創業を目指す方々を対象に、経営改善・新商品開発・販路拡大などの各種支援を行います。▼完全週休2日制


【具体的には?】
◆経営課題の解決支援
◆新製品開発・研究開発・ベンチャーへの支援
◆県産品の販路開拓
◆その他管理・総務・経理業務

――「公益財団法人とは?」

財団法人の中でも、公益目的事業を行い、
行政庁により公益認定された財団法人です。
当公益法人では、中小企業の支援を中心に
公共性の高い事業を展開しています。


□■佐賀県を元気にする”やりがい”を■□

あなたにお任せしたいのは、
県内中小企業と信頼関係を結び、
”企業を元気”にすることで、
地域の振興をはかる重要な仕事です。

「新商品の開発をしたいが資金が…」
「大丈夫。便利な助成金制度がありますよ!」

そういった風に
まずは企業の実情をしっかり把握し、
行政や大学の研究機関、金融機関との
十分な連携を取りながら、
問題解決を進めていきましょう!

もちろん、必要な知識は入社後
しっかりと学ぶ機会があります。

求める人材

【未経験者歓迎】※昭和63年4月2日以降に生まれた人(若年層の長期キャリア形成のため) ※大学卒以上 ※要普通自動車運転免許(AT可)


◎基本的なPCスキル(Word・Excel・PowerPoint)が
 あれば大丈夫です!

【こんな方は大歓迎】
◆佐賀県の発展に熱意を持って取り組める方
◆コミュニケーション能力に自信のある方
◆チームワークを大切にできる方

【下記の経験・スキルは活かせます】
◆業種を問わず財務・総務、企画・広報の経験
◆事業の計画立案・実施・管理運営 の経験
※上記は必須ではありません。

勤務地

◎マイカー通勤OK
◎UIターン歓迎

◆希望を考慮し佐賀県内下記いずれかへ配属


【佐賀県地域産業支援センター】
◎佐賀県佐賀市鍋島町八戸溝114
 アクセス:「鍋島駅」より車で5分

【九州シンクロトロン光研究センター】
◎佐賀県鳥栖市弥生が丘8-7
 アクセス:「弥生が丘駅」より車で5分

 【さが県産品流通デザイン公社】
◎佐賀県佐賀市城内1-1-59
 アクセス:「佐賀駅」より車で9分

マイナビ転職の勤務地区分では…
佐賀県
勤務時間 8:30〜17:15(休憩時間あり)
給与

月給179,800円〜 + 諸手当

※上記はあくまで最低保証額です。経験を考慮の上、優遇します。
※最長6ヶ月間の試用期間あり(待遇同一)
※待遇条件の詳細については、面接などでご相談ください。

昇給・賞与 ◇昇給/年1回(1月)
◇賞与/年2回(6月・12月)
諸手当 ◇通勤交通費
◇扶養手当
◇住宅手当
◇期末・勤勉手当
◇残業手当
休日・休暇 【年間休日121日以上】
◇完全週休2日制(土・日・祝)
◇夏季休暇
◇年末年始休暇
◇有給休暇
◇慶弔休暇
福利厚生 ◇社会保険完備
◇健康診断あり
◇産休・育休制度あり
◇退職金制度あり
◇職員互助会制度あり

この求人の特色

  • 第二新卒歓迎
  • U・Iターン歓迎
  • 「女性のおしごと」掲載中
  • 残業月30時間以内
  • 中途入社5割以上
  • 産休・育休取得実績あり
  • 年間休日120日以上
  • 5日以上連続休暇取得可能
  • 完全週休2日制
  • マイカー通勤可
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 社宅・家賃補助制度

会社・仕事の魅力

安定した環境のもと、やりがいある仕事で活躍いただけます。

長く、安定して働ける好環境――。

当公益財団法人は、設立以来
県内雇用の多数を占める中小企業の支援を柱として
佐賀県の発展とともに成長を遂げてきました。

抜群の安定基盤のもと、
職員一人ひとりの”働きやすさ”が整う当公益財団法人。

完全週休2日(年休121日以上)という
メリハリを持って働ける環境に加え、
月の残業も少なめのため
プライベートも充実できます。

安心して活躍できる当公益財団法人で
新しいスタートを切りませんか?

会社情報

設立 1967年(昭和42年)10月
代表者 理事長 吉田 哲雄
従業員数 94名
資本金 800万円
事業内容 ■中小企業の経営革新・経営基盤強化支援・相談業務
■ベンチャー支援業務
■県産品(生鮮品・加工食品)の販路開拓
■九州シンクロトロン光研究センターの利用企画業務、総務・経理業務など
本社所在地 佐賀県佐賀市鍋島町八戸溝114
企業ホームページ http://www.infosaga.or.jp/

取材後記(マイナビ転職編集部から)

安定性、やりがい、人間関係――。すべてが揃うこの環境で、新しい一歩を踏み出していただきたい!

会社・事業の将来性


「県内中小企業などの経営基盤の強化」「経営の革新」「研究開発の推進」などを行う佐賀県地域産業支援センター。相談対応のみではなく、研究・商品開発に係る助成金事業など数多くの支援分野を網羅し、県内企業より絶大な信頼を集めている。
地域産業の発展が重要視される昨今、同公益財団法人の社会的重要性はますます高まっていくことは間違いない。長年蓄積されたノウハウを学びながら、キャリアアップを目指せるチャンスがここにある。

取材こぼれ話


1967年創立。歴史ある同公益財団法人であるが、財団内は和やかで風通しの良い雰囲気だ。業務においては、チームワークとコミュニケーションが重要視され、一丸となって企業の問題解決に取り組む。きっと誰でもすぐに馴染み、活躍していくことができるだろう。働く条件において、人間関係を重視する方も、安心してこの求人にご応募いただきたい!

応募方法

応募方法  □■ 必要書類を下記までご送付ください ■□

当財団(http://www.infosaga.or.jp/main/458.html)より、受験申込書・職務経験、アピールシートをダウンロードいただき、ご記入の上、総務企画課宛に郵送、またはご持参ください。

【連絡先】
公益財団法人佐賀県地域産業支援センター
佐賀県佐賀市鍋島町八戸溝114
0952-34-4411/総務企画課 採用担当
応募受付後の連絡 書類選考の結果は、応募受付後1週間を目処に、
応募者全員にメールもしくはお電話にてご連絡差し上げます。
採用プロセス ▼応募申込
 受付期間(平成30年2月28日まで必着)

▼一次試験(基本的知識試験、適性試験)
 平成30年3月11日(日):佐賀県地域産業支援センター

▼二次試験(面接)
 平成30年4月中旬予定

▼三次試験(面接)
 平成30年5月中旬予定

▼採用決定
 平成30年5月末予定

▼採用
 平成30年7月1日
面接地 佐賀県鍋島町八戸溝114

問い合わせ先

公益財団法人佐賀県地域産業支援センター【働きやすさ◎】年間休日121日以上/残業少なめ

ホームページを見る
住所

〒 849-0932
佐賀県佐賀市鍋島町八戸溝114  【地図を見る】

採用担当 総務企画課 採用担当
電話番号 0952-34-4411

応募を悩んでる方にオススメ

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。