キープしました。
辞退しました。

官公庁向け情報誌の【編集記者】★未経験歓迎 ★完全週休2日制 有限会社 社会保険実務研究所 創業67年の安定基盤/人柄重視の採用/若手活躍中

  • 正社員
  • 350万~480万円
  • 職種・業種未経験OK
  • 第二新卒歓迎
  • 転勤なし
  • 完全週休2日制
情報更新日:2024/05/31
掲載終了予定日:2024/07/25

この求人のポイント

【自治体の実務に役立つ情報を発信】未経験でも安心のOJT研修で入社後スキルアップが可能です!
■社会保障制度全般に関する専門誌を発行する出版社 ■未経験OK!編集記者として確かな力をつけるチャンス ■厚労省記者クラブに所属し最新情報や政策を取材! ■未経験スタートの先輩社員も多数在籍 ■記事を通して自治体等に貢献!当社ならではの醍醐味 ■有休・代休取得を奨励!メリハリつけて働ける環境◎
中央官庁と地方の架け橋となる専門誌をつくる仕事!未経験から編集記者にチャレンジしてみませんか?
有限会社 社会保険実務研究所のPRイメージ
1958年(昭和33年)2月、国民健康保険の新法施行に先駆けて、地方自治体向けの専門誌「週刊 国保実務」を創刊した当社。

以降も「週刊 年金実務」「週刊 保健衛生ニュース」を創刊し、社会保障制度全般にわたって、実務者の立場に立った専門的な誌面づくりを続けています。

今回は、さらなる体制強化を図るため、編集記者として活躍してくれる仲間を募集!未経験から記者にチャレンジしたい方、大歓迎です。

仕事内容

【専門知識は入社後でOK!】厚労省等の記者クラブに所属し、保健・医療・福祉などの専門誌「週刊 保健衛生ニュース」を担当していただきます。

具体的には

厚労省をはじめ国会などの記者クラブに所属し、誌面の企画から取材、写真撮影、原稿執筆、編集、入稿、校正まで一連の流れをお任せします。

〈主な一週間のスケジュール〉
[月] 午前:本社で編集会議 午後:取材・原稿執筆 
[火]  印刷工場で出張校正または取材・原稿執筆
[水~金] 取材・原稿執筆

入社後の流れ

未経験の方も安心して仕事に慣れていただけるよう、丁寧な教育体制を整えています。まずは社内にて1週間程度の研修を実施。社会保障・公衆衛生などの基礎知識、取材・原稿執筆の仕方などを学んでから記者クラブへ先輩方と一緒に所属します。先輩記者の仕事を手伝いながらOJTを通して少しずつ実務を覚えていきましょう。

配属先の編成

社員数11名のうち9名が編集記者。代表も自ら記者としてクラブに所属し、最前線で活躍しています。現在のメンバーは30代~40代が中心に活躍中。未経験で入社した社員が多いこともあり、教えあう文化も根付いています。見出しの作り方など記者としてのコツやノウハウもしっかり伝授するのでご安心ください!

最新の情報や政策を、正しくスピーディーに発信

「週刊 保健衛生ニュース」は公衆衛生に関する情報を発信する専門誌。主に地方自治体の保健師など保健・医療・福祉の担当者が読者です。大切なのは、常に先を見通しながら最新情報や政策の取り組みを素早くキャッチし、正しく発信すること。普段から官僚や有識者と関係性を築くことで、有益な情報を得ることができます!

記者として確かなスキルが身につきます

一般的な出版社は分業制が敷かれていますが、当社では一人の記者が記事の企画から取材・執筆、撮影、編集、校正まで全ての流れを担当します。自分が捉え、考えたテーマを自分で記事にし発信できる、やりがいのある仕事です。また、全行程に携わる事で記者として確かな実力がつくため、自身の成長を感じることができます!

対象となる方

【未経験・第二新卒歓迎!意欲と人柄重視の採用です】◆大卒以上◆39歳までの方 ★人と話すことが好きな方、文章を書くことが好きな方を歓迎します!
★編集記者の仕事に興味があれば、経験・知識は一切不問!
★社会保障・公衆衛生などの専門知識は入社後に覚えられます。

【応募条件】
◆大卒以上
◆39歳までの方(若年層の長期キャリア形成を図るため)
◆基本的なPCスキル(Word、Excel)

【こんな方を求めています】
◎人と話すことが好きな方 
◎記者・編集の仕事に興味がある、やってみたいという方
◎人と仲良くなること、人脈を広げることが得意な方
◎積極的に行動ができる方

★活躍中の先輩はほとんどが未経験からのスタート!
30~40代の社員が多く、質問や相談もしやすい雰囲気です。

代休や有給取得も奨励!メリハリつけて働けます

締切り日などは多少遅くなることもありますが、その他の日では自分のペース配分で仕事を早く終えて定時に帰ることも十分可能です。また、稀にある休日出勤や国会期間の早朝出勤が発生した場合は、代休をきっちり取得。有給休暇の取得も奨励し、メリハリある働き方を実現しています。
取材担当者からみた「向いている人」「向いていない人」をお伝えします!

この仕事に向いている人

情報を得るために、厚労省の官僚や国会議員など様々な人とお話をする機会が多いです。取材を申し込む際もさっと行動を起こせる方や、人と仲良くなることが得意な方にはとても向いています。

この仕事に向いていない人

デスクに向かって記事を作るだけではなく、フットワークを軽く、取材をすることも多い仕事です。黙々と作業をしたい方や、人と話すことが苦手な方には向いていないでしょう。

マイナビ転職
編集部より

募集要項

雇用形態
正社員
勤務時間
10:00~18:00
勤務地
☆転勤なし☆
【 神田駅・淡路町駅から徒歩4分 】
東京都千代田区神田須田町1-32 NSビル6階

〈アクセス〉
◇各線「神田駅」から徒歩4分
◇丸の内線「淡路町駅」から徒歩4分

マイナビ転職の勤務地区分では…


東京都
給与
月給:21.7万円~ 
※別途残業代支給
※交通費全額支給
※これまでの経験・年齢を考慮の上、当社規定により決定します

初年度の年収

初年度年収は、入社後向こう一年間に支給される予定の金額で、基本給に諸手当と前年度の標準的な査定ベースの賞与額を加えたものです。 諸手当には、採用対象者に一律支給される予定の固定手当、平均残業時間を基準とした想定される時間外勤務手当を含みます。歩合給やインセンティブは含みません。 初年度年収は、入社される方のスキルや経験によって必ずしも一定ではありませんので、検索した年収額と実際に入社した際の金額は異なる場合があります。
350万円~480万円

モデル年収例

年収370万円 / 23歳 経験1年
年収480万円 / 29歳 経験7年
昇給・賞与
昇給年1回
賞与年2回 (前年実績2回)
休日・休暇
完全週休2日制(土日祝休み)
◇夏季休暇
◇年末年始休暇
◇慶弔休暇
福利厚生
◇社会保険完備(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
この求人の特徴
  • 第二新卒歓迎
  • U・Iターン歓迎
  • 転勤なし
  • 年間休日120日以上
  • 完全週休2日制
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 交通費全額支給

会社情報

設立
昭和32年2月28日
代表者
代表取締役 奥家良介
従業員数
11名
資本金
1,000万円
事業内容
週刊専門誌の出版
本社所在地
東京都千代田区神田須田町1-32 NSビル6階
企業ホームページ https://www.shahojitumu.co.jp/

応募方法

選考の特徴
  • 面接日程応相談
  • 入社時期応相談
  • 応募から内定まで1カ月以内
応募方法
◆◇マイナビ転職の「この求人に応募する」よりご応募ください◆◇

できるだけ多くの方とお会いしたいと考えております。
当社に少しでも興味をお持ちの方は、ぜひご応募ください!

※応募の秘密は厳守いたします。
※応募頂く個人情報は採用業務のみに利用し、
 他の目的での利用や第三者への譲渡・開示することはありません。
応募受付後の連絡
選考の上、メールまたはお電話でご連絡いたします。

※複数回ご応募された方に関しましては、
 最初にご応募されたデータにて選考を進めさせていただきます。
採用プロセス
  1. STEP
    1

書類選考

ご応募いただいた書類をもとに書類選考を行います。
  1. STEP
    2

面接

※面接日時につきましてはお気軽にご相談ください。
  1. STEP
    3

内定

応募から採用内定まで、約1ヶ月を予定しております。
面接回数
2回
問い合わせ
有限会社 社会保険実務研究所

住所
〒 101-0041 東京都千代田区神田須田町1-32 NSビル6階
地図を見る

採用担当
採用担当

E-mail

会社・仕事の魅力

有限会社 社会保険実務研究所の魅力イメージ1
有限会社 社会保険実務研究所の魅力イメージ2

国と地方の架け橋として、正しい情報を発信!

★創業67年!歴史ある出版社

■国民健康保険をはじめとする医療制度全般の専門誌「週刊 国保実務」
■国民年金、厚生年金など年金制度全般の専門誌「週刊 年金実務」
■地域保健をはじめとする保健、医療、福祉全般の専門誌「週刊 保健衛生ニュース」

3つの専門誌を発行している社会保険実務研究所。昭和32年の創業以来60年以上にわたり、国と地方をつなぐパイプ役として中央官庁の発信する情報を各市町村や都道府県に伝えてきました。

★情報発信を通して、地域に貢献!

例えば「週刊 保健衛生ニュース」の場合、
◇予防・健康づくり
◇がんなどの疾病対策
◇医療提供体制
◇介護保険
◇障害保健福祉
◇感染症対策など健康危機管理
◇児童虐待問題
など幅広いテーマを取材・執筆します。

取材対象者は、官僚や政治家に市町村・都道府県の保健師、医師まで様々。
国の政策が市民の生活にどう反映されているのか、全体を俯瞰して理解しながら地方行政の実務に役立つ情報を発信していきます。購読者から「あの情報が役立った」「出典を知りたい」といった反響が寄せられるなど、社会貢献度の高さを実感できる仕事です。

★高い定着率!長くキャリアを築けます

週刊誌なので一週間のスケジュールは明確。働きやすく安定していることから、社員の定着率が高いことも自慢です。
また、将来は編集長へのステップアップをめざすことも十分可能です。
「週刊 国保実務」「週刊 年金実務」「週刊 保健衛生ニュース」の3誌を発行し、市町村・都道府県や研究者、関係団体から広く購読され、業界で高い認知度を誇る社会保険実務研究所。同社が出版する専門誌は、自治体にとっては実務を行う上で必要不可欠な情報源であり、まさに影の立役者。専門的で難しいイメージがありますが知識は入社後に学べるのでご安心を。記者として成長したいという意欲ある方はぜひ挑戦してみてください。

マイナビ転職
編集部より

インタビュー

社長・役員にお話を伺いました

代表取締役社長/奥家良介のプロフィールフォト
代表取締役社長/奥家良介 さん
Q

会社の魅力はどこだと思いますか?

新聞やテレビでの報道では足りない、第一線実務者が本当に欲しい情報を発信していくことで、実務担当者から信頼を得ています。当社の情報がないと、実務の本当のことが分からないと言われるほどだと思っています。
Q

スキルアップはできますか?

必要な知識は入社後に学べるので安心してください。実際に、ほとんどの社員が未経験から入社し、今では記者として第一線で活躍しています。当社で経験を積めば報道する力がつき、そのスキルは一生ものです。
Q

新しい仲間に期待することはなんですか?

自身が発信したいと思う情報を記事にすることで社会問題を体現すること。そして成長していくことを期待します。乗り越えるべき課題は多いですが、記事を書くことの充足感が大きいため、はっきり言って楽しいです。
Q

あなたの感じる職場の雰囲気は?

個人主義 チーム主義
個人の裁量が大きい ルールに従う
成果主義 プロセス重視
オフタイムの交流が少なめ 多め
トップダウン ボトムアップ
※個人の感想です。

配属先上司にお話を伺いました

週刊 保健衛生ニュース 編集長/山口貴史のプロフィールフォト
週刊 保健衛生ニュース 編集長/山口貴史 さん
Q

未経験でも本当に大丈夫?

私も入社時は社会保障や公衆衛生のことを全く知らなかったのですが、先輩や上司に教わったり、取材で様々な情報をいただく中で自然と覚えていきました。興味を持って学ぶ姿勢があれば未経験でも全く問題ありません。
Q

仕事のおもしろさはなんですか?

取材をして記事にまとめ、読者に伝えることですね。記者クラブに入れば、取材を通して全国の様々な人とのネットワークも広げられます。人と仲良くなることが得意な方なら、とても楽しいと思いますよ。
Q

新しい仲間に期待することはなんですか?

当社は少数精鋭の組織ですので、記者一人ひとりが主役です。その中で情報収集が最も大事で、いくら感性だといっても、情報を収集し分析しないとうまくいきません。前向きに挑戦をしながら、一緒に頑張りましょう。
Q

あなたの感じる職場の雰囲気は?

個人主義 チーム主義
個人の裁量が大きい ルールに従う
成果主義 プロセス重視
オフタイムの交流が少なめ 多め
トップダウン ボトムアップ
※個人の感想です。
  • この求人に応募する
  • 気になる
    気になるとは?

    ・気になる求人を保存できる
    ・求人を保存すると企業から応募や面接の依頼メッセージが届く可能性があります!

この求人に応募した人はこちらも検討しています

注目のキーワード

有限会社 社会保険実務研究所 創業67年の安定基盤/人柄重視の採用/若手活躍中

官公庁向け情報誌の【編集記者】★未経験歓迎 ★完全週休2日制