キープしました。
辞退しました。
独立行政法人 自動車技術総合機構 交通安全環境研究所の企業ロゴ

新型車の安全、環境基準の適合性審査を行う【自動車認証審査官】 独立行政法人 自動車技術総合機構 交通安全環境研究所 国内で唯一の国交省指定認証審査機関

情報更新日:2020/08/28
掲載終了予定日:2020/10/22

この求人のポイント

自動車メーカーや研究機関等での経験・スキルを安定した環境で活かす。国家公務員に準拠した待遇も魅力。
最新先端技術やメーカー独自の技術に触れるチャンス 年間休日125日!家族との時間も大切にできる環境 国家公務員に準じた待遇。安定した人生設計が可能 国際会議への出席など、ワールドワイドな活躍も 日本の車社会を支える社会貢献度の高い仕事 多彩な経験を積んで、研究所を代表する審査官へ
次世代の自動車づくりの最前線で活躍。国内唯一の審査機関だから携われる社会貢献度の高い仕事
独立行政法人 自動車技術総合機構 交通安全環境研究所のPRイメージ
交通安全環境研究所は、1950年に運輸省(現・国土交通省)の総合研究所として発足。
国内唯一の認証審査機関として自動車などの型式指定審査、
国の施策立案・基準策定のための試験研究などを担っています。
近年では、ADASや「レベル3」の自動運転技術などの発展・実用化へ向け、当研究所に求められる社会的役割が大きくなっています。
安全で環境の優しい交通社会の実現へ向けて取り組んで下さる方をお待ちしています。

仕事内容

日本国内で販売を予定している国内外自動車メーカーの新型車(乗用車、トラック、二輪車など)に対し、国が定めた安全・環境基準への適合性審査業務

具体的には

自動車メーカー等からの提出データによる書類審査、
サンプル車を使用した各種認証試験(実車試験)の審査を実施。

【担当領域】
■定地・自動運転担当
ABS/BAS/ESCを含む制動試験、定常・加速走行などの騒音試験、自動運転、AEBS、LKAS、LDP等のADASの性能試験など走行に関する性能評価

■燃費・ガス担当
原動機・電動機の出力測定、排出される規制物質の排出量・燃料消費率・電気自動車の電力消費率の測定、性能評価

■灯火・一般安全担当
灯火器の照度などの測定ほか、車両の外装部品・装置の性能評価

★出張あり
研究所の自動車試験場(熊谷)や各メーカーの開発拠点などでの認証試験に伴い、出張が発生します。
・国内出張…月数回程度(日帰り~1週間程度)
・海外出張…年1~2回程度

★1週間の流れ(例)
月 メーカーとの打ち合わせ/書面審査/チーム会議
火 書面審査/技術会議
水 認証試験(出張)
木   〃
金 書面審査

自動車の最新技術と触れ合える刺激的な環境

国内外の各自動車メーカーから発売前の自動車について審査の申請がされます。
自動運転システムなどの最新技術や、各自動車メーカーの設計に係る哲学を元に開発された技術が結集された新車と触れ合えるのは、貴重な経験となるはずです。

審査官として海を越えた活躍も

自動車の安全・環境基準の多くは国際基準と整合化されており、これら基準調和を図るべく国際会議へ参加する場合もあります。また、これら業務等の現地支援のため、スイス・ジュネーブの事務所への転勤(2~3年程度)の可能性もあり、海外でも広くご活躍いただけるチャンスもあります。

対象となる方

【高専卒・短大卒以上】自動車メーカー、部品メーカーにおいて設計・開発・評価に従事した者、自動車技術に関する研究機関、認証機関での勤務経験者
【応募条件】 ■高専卒、短大卒以上
■自動車関連(乗用車、トラック、バス、トレーラー、二輪車、自動車関連部品等)の下記業務 の経験者 (研究や認証業務の経験でも可能。) 

〇自動運転、ADASシステム、電子制御システム、ステアリング、制動装置、排出ガス低減装置、EV・HV、一般安全装置(灯火器等)の設計・開発 ・評価
〇燃費・電費性能や排出ガス性能の評価

【活かせるスキル】
■ビジネスレベルの英語力
■社内外との連携によるプロジェクト推進経験
■応募条件にある専門的知識

【求める人物像】
■コミュニケーション力、調整能力に長けた方
■社会貢献度の高い仕事をしたい方
■問題解決能力をお持ちの方

当研究所を代表する人材への成長を期待します

将来、組織の中心的な役割を担っていただきたいと考えています。ジョブローテーションや関係官庁への出向などを通じ、多彩な業務領域を経験するチャンスもご用意しています。適性を踏まえ先任審査官(各担当領域のリーダー(管理職ポスト))として、 組織マネジメントにもチャレンジしていただきたいと考えています。
取材担当者からみた「向いている人」「向いていない人」をお伝えします!

この仕事に向いている人

【◎幅広い視野を持って成長できる方】
自身の担当分野の専門性を高めるだけでなく、自動車全体の技術・知識を吸収できる方だと、活躍のフィールドはさらに広がります。

この仕事に向いていない人

【×信頼関係構築が苦手な方】
社内はもちろん、国土交通省、自動車メーカーなどの担当者との連携が求められます。コミュニケーションを通じて信頼関係が築けないと、苦労することが多いかもしれません。

マイナビ転職
編集部より

募集要項

雇用形態
正社員
採用予定人数
3名程
勤務時間
9:00~17:45(実働7時間45分)
勤務地
東京都調布市深大寺東町7-42-27

マイナビ転職の勤務地区分では…


東京都
交通アクセス
JR「吉祥寺駅」・JR「三鷹駅」・京王線「調布駅」からバス
「三鷹農協前」下車、正門まで徒歩約10分
給与
大学院修士課程修了:月給226,000円以上
大学学部卒:月給211,000円以上
短大卒:月給189,000円以上
高専卒:月給185,000円以上

※上記は新卒の場合の最低月給です(令和2年4月時点)。
※実務経験年数などを考慮し調整します。
※国家公務員給与に準拠しています。

モデル年収例

年収690万円 / 36歳 自動車認証審査官職 /基本給+残業代+賞与+諸手当
昇給・賞与
昇給年1回
賞与年2回
休日・休暇
■完全週休2日制
(土日)
■祝日休み
■年末年始休暇(12/29~1/6)
■夏季休暇(5日間)
■慶弔休暇
■有給休暇
■産前・産後休暇
※取得実績あり
■育児休暇
福利厚生
■社会保険完備
■国土交通省共済組合
■退職金制度
■超過勤務手当
■扶養手当
■住居手当
■通勤手当(上限1カ月55,000円迄)
など
※国家公務員給与に準拠
研修制度
入社後は、調布本所、熊谷の自動車試験場などで研修を実施。
その他、定期的に外部講師による研修などもおこなっています。
また、海外で活躍する人材育成へ向けて、
ビジネス英語研修などもご用意しています。
この求人の特徴
  • U・Iターン歓迎
  • 「女性のおしごと」掲載中
  • 海外勤務・出張あり
  • 英語を使う仕事
  • 年間休日120日以上
  • 5日以上連続休暇取得可能
  • 完全週休2日制
  • マイカー通勤可
  • オフィス内禁煙・分煙
  • 交通費全額支給

会社情報

この企業の特徴
  • 産休・育休取得実績あり
設立
昭和25年4月(旧・運輸技術研究所設立)
代表者
交通安全環境研究所 所長 平井隆志
資本金
-
事業内容
◎自動車に関する総合的な取組
・安全・環境に係る基準案の策定
・形式指定による基準不適合車の流通の未然防止
・自動車の登録内容に関する確認調査
・使用過程での自動車検査時審査を通じた基準適合性の確保
・リコール制度による基準不適合車の排除

◎国際的な連携確保の取組
・国際標準化の推進
・海外展開支援

◎地域交通などに関する取り組み
・鉄道等の安全・安全輸送の確保
・新システムの導入促進
・地域交通の活性化
本社所在地
◎調布本所
東京都調布市深大寺東町7-42-27
企業ホームページ https://www.ntsel.go.jp/

応募方法

応募方法
ご応募の際は、「この求人に応募する」より必要事項をご記入の上、ご応募ください。

ご不明な点は、「質問する」よりお問い合わせください。

※応募書類は返却いたしません。
※応募の秘密は厳守いたします。
※個人情報は採用業務のみに利用し、他目的での使用や第三者へ譲渡・開示することはありません。
応募受付後の連絡
Web履歴書による書類選考の結果は、一次締切(9月末)以降に、次の選考に進んでいただく方のみにメールにてご連絡いたします。
採用プロセス
  1. STEP
    1

書類選考

  1. STEP
    2

面接

  1. STEP
    3

内定

書類選考のポイント
※面接日までに、履歴書と職務経歴書、当研究所での職務に対する抱負(A4用紙1枚程度を郵送またはメールにてお送りください。
面接地
◎調布本所
東京都調布市深大寺東町7-42-27
問い合わせ
独立行政法人 自動車技術総合機構 交通安全環境研究所

住所
〒 182-0012 東京都調布市深大寺東町7-42-27
地図を見る

採用担当
採用担当

E-mail

電話番号
0422-41-3204

会社・仕事の魅力

独立行政法人 自動車技術総合機構 交通安全環境研究所の魅力イメージ1

自動車業界と共に歩み、健全な車社会の発展に貢献

私たちのミッションは、自動車認証審査を通じて、
自動車の安全確保と環境保全に貢献すること。
厳格かつ正確な審査が求められる一方で、
自動車メーカー、国土交通省、海外関係機関と連携を取りながら、
日本の健全な車社会の発展に寄与することも大切な業務です。

自動車メーカーへの試験方法のアドバイス、
法規改正による新基準への対応検討(自動運転システムなどの先進技術の審査項目の追加 等)など、
自動車業界の発展のために様々な取り組みに携わることもできます。

そんな社会的使命を帯びる私たちは、
日本の未来の車社会を創り上げる一員といっても過言ではありません。
今回ご入職いただく方も、そのメンバーの一員として、
自動車メーカーや研究機関等で培ってこられた経験を存分に発揮していただければと思います。
高齢者の事故防止や安全な移動手段の確保などの解決策として注目を集めているのが自動運転車。同研究所では、自動運転車がスムーズかつ安全に国内に普及するための基準作成・検討などにも取り組んでおり、自動車技術の更なる発展へ向けて担う役割も非常に大きくなっているという。その最前線にたつのが、今回募集する自動車認証審査官。新たな時代の自動車が生まれる瞬間に立ち会えるのはこの仕事ならではだろう。

マイナビ転職
編集部より

インタビュー

先輩社員にお話を伺いました

霜田のプロフィールフォト
霜田 さん(中途入社11年目)
自動車認証審査官
前職の経験 自動車メーカーの設計開発
当研究所は国内唯一の認証審査機関なので、国内外の新型車に触れる機会が多くあります。自動車の設計思想、基準に適合させるアプローチ方法など、メーカー毎の違いを間近で見るのは非常に興味深いですし、自動車全体に関する知見を広げられるのはこの仕事の魅力です。

法規には解釈が難しいものもあるため
お問い合わせをいただくことも多くあります。
立場上、回答には慎重な言葉選びを求められますが、
その分、対応や調整能力を養うことができます。
経験を積むうちに、メーカーや官庁から信頼される人材へ成長しているはずです。

先輩社員にお話を伺いました

浦手のプロフィールフォト
浦手 さん(中途入社12年目)
自動車認証審査官
前職の経験 自動車メーカーの開発
近年の自動車に関する技術の進化は目を見張るものがあり、自動車の適合基準に関する法規も定期的に改正されています。審査を担う私たちも、法規を理解することはもちろん、技術的な内容を理解することが必要不可欠です。私が自動車メーカーにいた10年以上前と比較して技術が複雑化しているので、専門知識などに関する知識を積極的に吸収するように心がけています。日々の業務を通じて得られる知識はもちろん、OJTや実車を使用した研修等を行っているので、最新技術に触れながら幅広い知識を吸収したい方にとっては最適な環境だと思います。
  • この求人に応募する
  • 気になる
    気になるとは?

    ・気になる求人を保存できる
    ・求人を保存すると企業から応募や面接の依頼メッセージが届く可能性があります!

応募を悩んでる方にオススメ
企業に質問する

この求人について「気になる点がある」「もっと詳しく知りたい」という場合は、企業に質問することができます。質問が集中した場合など企業の状況によっては、すべての質問に回答できないこともあります。その点ご了承の上、ご利用ください。締切間近の求人に関して応募をお悩みの場合は、応募フォームに質問内容を記載して、応募することをオススメします。

この求人に応募した人はこちらも検討しています

注目のキーワード

独立行政法人 自動車技術総合機構 交通安全環境研究所 国内で唯一の国交省指定認証審査機関

新型車の安全、環境基準の適合性審査を行う【自動車認証審査官】