キープしました。
辞退しました。

【広報・PR】スポーツの振興を担うやりがい◎完全週休2日制 独立行政法人日本スポーツ振興センター スポーツの振興を通じてSDGsに貢献

情報更新日:2022/07/29
掲載終了予定日:2022/09/01

この求人のポイント

スポーツを通じた国際貢献・交流事業であるSFT(スポーツ・フォー・トゥモロー)の取組を推進!
スポーツを通じた国際貢献・交流を担う独立行政法人 自身のアイデアで様々なスポーツの取組の認知を高める 【経験者歓迎!】今までのスキル・実績を活かせる環境 【昇給・賞与】実績をきちんと評価します! 【完全週休2日制】プライベートともしっかり両立◎ 【正社員登用あり】腰を据えて活躍したい方も歓迎!
スポーツを通じた国際交流や社会課題の解決へ!あなたの"発信力"が社会を動かす。
独立行政法人日本スポーツ振興センター のPRイメージ
「日本スポーツ振興センター」は日本で唯一スポーツに関する独立行政法人として、スポーツが育てる豊かな未来の創出のため、様々な役割を果たしています。

その中でもSFTはスポーツを通じた国際交流・協力、SDGsの目標達成、社会課題の解決を目的に様々な取組を行ってきました。今回はSFTの促進、情報発信の拡大に向けた募集となります。

あなたの経験やスキルをスポーツを通じた社会貢献に繋げてみませんか?

仕事内容

スポーツを通じた国際交流・協力の推進に係る国内外スポーツ界などへの成果発信、広報・PR業務をお任せします。

具体的には

■国内における各種媒体への定常的・効果的な成果発信
■国内主要メディアに対するニュースリリースの作成・配信
■SNS及びインフルエンサーを活用した効果的な広報・PRの検討・実施

入社後の流れ

入社後に取組んでいただく業務は

SFTの推進に係る、総合的なメディア戦略の考案及び実行です。
SNSを活用した情報発信を中心にお任せしていきます。
その他も戦略的に情報発信ができるメディア選定から、発信内容、協力会社の選定・各種やりとりをお任せしていきます。

教育研修制度

入社後の研修として、まずは当組織やSFTについてなど基本的な理解を深めていただきます。その後、配属となる「情報・国際部」にて、実績や進行中のプロジェクトを参考に、新規プロジェクトの広報を先輩たちと進めていただきます。(※経験・スキルによって異なります)

配属先の編成

本部署では、週に1回程度定例ミーティングを行っており、進行中のプロジェクトの進捗報告や今後のプランの発表・意見交換などを行いながら進めています。周りの意見も取り入れながら広報を進めていける環境です。

SFT(スポーツ・フォー・トゥモロー)とは

日本国政府が官民協働で推進するスポーツを通じた国際貢献・交流事業。スポーツを通じた国際協力及び交流、国際スポーツ人材育成、国際的なアンチ・ドーピング推進体制強化支援を目的に取組が2014年に開始されました。2022年4月からは、スポーツを通じたSDGsへの貢献といった新たな目標を目指すプロジェクトです。

対象となる方

各種媒体(主にSNS)を活用した広報・PRの実務経験及び日本語での取材及び記事作成スキルをお持ちの方 ◆高卒以上

【応募条件】高卒以上

■各種媒体(主にSNS)を活用した広報・PRの実務経験及び
 日本語での取材及び記事作成スキルをお持ちの方

【あれば望ましい経験・知識】

■スポーツ分野に関する記事作成の実務経験
■スポーツを通じた国際協力分野に関する記事作成の実務経験
■語学(英語)力(目安: TOEIC スコア 700点程度)

メディアコミュニケーションのあり方を考える存在

「広報・PR担当」として活躍いただく、あなたには
既に決まった方法やルールに従って、広報を行っていただくのではなく、広報のやり方から更新頻度、どういった内容を発信するのかなど、積極的に提案していただきたいと考えています。
だからこそ主体的に考え、行動できる方を求めています。
取材担当者からみた「向いている人」「向いていない人」をお伝えします!

この仕事に向いている人

トレンドなどにも興味を持って、情報のアップデートをし続けられる方。広報活動において自由度が高いからこそ、トレンドや社会の動きを読みながら、新しいツールに積極的に挑戦していける方は活躍しやすいでしょう。

この仕事に向いていない人

決まった題材やルールに従って業務を進めるのではないため、自発性はもちろん、柔軟性や臨機応変に対応できる行動力も必要となります。広い視野を持ち業務に取組める方のほうが活躍しやすい環境です。

マイナビ転職
編集部より

募集要項

雇用形態
契約社員
勤務時間
■8:30~17:15(実働7時間45分)
※勤務時間選択制度あり
※平均残業時間は、月20時間程度です。

【雇用期間について】

雇用の開始の日から、その日の属する年度の末日まで
※当該事業をセンターが受託した場合を前提に、職務の状況等により契約を更新する場合があります。更新の場合は、1年以内の契約(年度ごとの契約)とし、最長4年を限度とする。
勤務地
【本部事務所】東京都港区北青山 2-8-35

■銀座線/外苑前駅より徒歩5分
■JR総武線/千駄ヶ谷駅・信濃町駅より徒歩15分

マイナビ転職の勤務地区分では…


東京都
給与
■月給19万9000円~45万5300円+諸手当+賞与
※経験やスキルを考慮し、当センターの規定により決定します。

【月収例】
モデル月収25万5,000円(基準月額+受託事業契約職員手当)
※大卒、職歴5年
昇給・賞与
■昇給
■賞与(令和3年度実績4.45ヶ月)
諸手当
■受託事業契約職員手当
■通勤手当
■超過勤務手当
休日・休暇
■完全週休2日制(土・日)
■祝日
■年末年始
■年次有給休暇(通年度勤務の場合20日)
■特別有給休暇
■病気休暇あり
福利厚生
■社会保険完備
■契約更新時昇給制度あり
■在宅勤務応相談
■正社員(一般事務職員)登用試験制度あり
この求人の特徴
  • 急募
  • 業界経験者優遇
  • 第二新卒歓迎
  • U・Iターン歓迎
  • 「女性のおしごと」掲載中
  • 残業月30時間以内
  • 英語を使う仕事
  • 年間休日120日以上
  • 5日以上連続休暇取得可能
  • 完全週休2日制
  • オフィス内禁煙・分煙

会社情報

この企業の特徴
  • 女性管理職登用実績あり
  • 産休・育休取得実績あり
  • 育児中の社員在籍中
設立
2003年10月1日
代表者
理事長 芦立 訓
従業員数
805名(2022年4月現在)
資本金
2573億55百万円
事業内容
■スポーツ施設の運営及びスポーツの振興に関する業務
■災害共済給付及び学校安全支援業務
■国際競技力向上のための研究・支援等に関する業務
■スポーツ・インテグリティの保護・強化に関する業務
■スポーツ振興のための助成業務及びスポーツくじの実施
■日本のスポーツ情報機能の強化に関する業務
■登山に関する指導者養成及び調査研究業務
■スポーツ博物館・図書館の管理運営業務
■関係機関との連携・協働に関する取組
■関係行政機関からの受託業務
本社所在地
【日本スポーツ振興センター 本部事務所】
〒107-0061 東京都港区北青山2-8-35
企業ホームページ https://www.jpnsport.go.jp/

応募方法

選考の特徴
  • WEB面接OK
応募方法
「マイナビ転職」の応募フォームより、エントリーください。
■申込期限:令和4年8月19日(金)まで
できるだけ多くの方とお会いしたいと考えています。
当センターに少しでも興味をお持ちの方は、ぜひご応募ください。

ご提出いただいた個人情報については、採用選考・入職手続きでのみ利用いたします。
応募書類の返却はしませんので、あらかじめご了承ください。
応募受付後の連絡
応募受付後、追って提出書類のご案内をさせていただきます。
※選考において過去に執筆した日本語(及び英語)の記事(それぞれ最大5点まで。媒体名を明記)の提出をお願い致します。
採用プロセス
  1. STEP
    1

一次選考:書類選考

通過者には令和4年8月26日(金)頃までに通知します
  1. STEP
    2

二次選考:面接

二次選考は令和4年9月上旬ごろに実施予定。
※Web面接の可能性あり。
  1. STEP
    3

内定

合格通知は二次選考に合格された方のみにご連絡いたします。
面接地

日本スポーツ振興センター 本部事務所

〒107-0061 東京都港区北青山2-8-35

【アクセス】
銀座線/外苑前駅より徒歩5分
JR総武線/千駄ヶ谷駅・信濃町駅より徒歩15分
大江戸線/青山一丁目駅より徒歩10分
問い合わせ
独立行政法人日本スポーツ振興センター

住所
〒 107-0061 東京都港区北青山2-8-35
地図を見る

採用担当
総務部人事課

電話番号
03-5410-9126(直通)

会社・仕事の魅力

独立行政法人日本スポーツ振興センター の魅力イメージ1
独立行政法人日本スポーツ振興センター の魅力イメージ2

あなたなら、どんな風にPRしますか?――

―認知度の低いスポーツの認知度を上げる、多くの人に興味を持ってもらう為に、あなたはどんな広報・PRを行いますか?

使用メディアや情報発信の方法、更新頻度などはあなた次第!
国内外問わず、あなたのアイディアでスポーツ人口の増加やスポーツを通じたSDGsへの貢献に繋げてみませんか?

今回は当プロジェクトの継続、そして新たな目標である『スポーツを通じたSDGsへの貢献』『社会課題の解決』の実現を目指し、私たちの活動における"広報"ポジションを募集します。

【具体例】
「ボッチャ」というスポーツの認知度や、住民の交流を促進するボッチャというスポーツの社会的な効果への理解度を広める
「ボッチャ」が普及していない国や途上国へ、講師を派遣。「ボッチャ」を紹介、実際に体験することで認知度や理解度を高めました。

<広報としての取組>
「ボッチャ」自体の紹介、認知度や理解度を高めるための取組の紹介を実施。競技そのものや、ボッチャを通じた共生社会の実現に向けた取組の増加につながるPRを行う。
「未来を育てよう、スポーツの力で。」というコーポレート・メッセージのもと、スポーツが持つ価値が最大限発揮できるよう多角的な取組を行っている同法人。特に今回の配属となる情報・国際部はスポーツを通じて国内外を結ぶ役割を果たすだけではなく、今注目されているSDGsやジェンダー問題などにも取組む非常にやりがいのあるポジションだ。広報としても新たなキャリアに挑戦できるこの機会をどうか逃さないでほしい。

マイナビ転職
編集部より

インタビュー

配属先上司にお話を伺いました

Aのプロフィールフォト
A さん
SFTは世界的なスポーツの祭典に合わせ、政府が官民協働で推進するスポーツを通じた国際貢献・交流を目的に、2014年立ち上げた事業であり、私たちはその事務局として様々な情報の発信を行ってきました。以前は日本から海外への発信が中心でしたが、今回からはこれまでのSFTの実績を土台に国内での発信も積極的に行っていきます。そのため昨今の日本における、誰もが簡単に情報を受発信できる"SNS"を活用した成果・情報発信に注力していく予定です。
今回入社される方には、ぜひこれまでの経験やスキルを活かし、SFTの広報部門を牽引していく存在として活躍してほしいと期待しています。
Q

あなたの感じる職場の雰囲気は?

個人主義 チーム主義
個人の裁量が大きい ルールに従う
成果主義 プロセス重視
オフタイムの交流が少なめ 多め
トップダウン ボトムアップ
※個人の感想です。

先輩社員にお話を伺いました

I さん
今回募集する"広報"は、SFTの取組に賛同いただいている団体をはじめ、同じような取組を行っているNPO、そしてスポーツの将来を担う存在とも言える高校生や大学生に向けて発信を行います。
今までもTwitterを活用した発信は行っていましたが、媒体や手段に制限はありません。比較的自由度の高い環境だからこそ、あなたのアイデアが最適な広報に繋がると思っています。時には自身で取材・ライティングを行うこともあるかもしれません。
"広報"として採用を行うのは初めてですが、土台となる実績やサポートできる先輩たちがいますので、安心して挑戦してください!
Q

あなたの感じる職場の雰囲気は?

個人主義 チーム主義
個人の裁量が大きい ルールに従う
成果主義 プロセス重視
オフタイムの交流が少なめ 多め
トップダウン ボトムアップ
※個人の感想です。
  • この求人に応募する
  • 気になる
    気になるとは?

    ・気になる求人を保存できる
    ・求人を保存すると企業から応募や面接の依頼メッセージが届く可能性があります!

応募を悩んでる方にオススメ
企業に質問する

この求人について「気になる点がある」「もっと詳しく知りたい」という場合は、企業に質問することができます。質問が集中した場合など企業の状況によっては、すべての質問に回答できないこともあります。その点ご了承の上、ご利用ください。締切間近の求人に関して応募をお悩みの場合は、応募フォームに質問内容を記載して、応募することをオススメします。

その他の募集要項

【事務職】未経験OK!完全週休2日制/福利厚生充実 契約社員

  • 職種・業種未経験OK
  • 転勤なし
  • 完全週休2日制
  • 第二新卒歓迎
  • 女性のおしごと掲載中

この求人に応募した人はこちらも検討しています

注目のキーワード

独立行政法人日本スポーツ振興センター スポーツの振興を通じてSDGsに貢献

【広報・PR】スポーツの振興を担うやりがい◎完全週休2日制