東京消防庁/東京消防庁消防官【専門系・I類・II類・III類】(1035361) の求人情報

  • 東京消防庁
  • 東京消防庁消防官【専門系・I類・II類・III類】
  • この求人に応募する
  • 検討リストに保存
閉じる
検討リストに保存しました。

東京消防庁

東京消防庁消防官【専門系・I類・II類・III類】正社員

業種 : 警察・消防・自衛隊
設立:1948年3月 資本金:− 本社所在地:東京都

情報更新日:
2017/11/10
掲載終了予定日:
2017/12/07
  • 職種・業種未経験OK職種・業種未経験OK

災害現場にいち早く駆けつけることはもちろん、災害を予防することも重要な任務です。

ここがポイント!

  • 東京都民の安心・安全を守る消防官
  • これまでの経験や知識を生かした活躍が可能
  • 約半年にわたる初任教育で、必要な知識・技術を習得
  • 一般企業から転身して活躍している先輩も多数

募集要項

募集の背景

都民生活の安心、安全の確保及び高度防災都市づくりを推進するため、
幅広い知識をもった方を募集します。

多岐にわたる業務があるため、これまで身につけてきた
知識や経験を活かすことができます。

仕事内容

東京で暮らす人々の生命、身体及び財産をあらゆる災害から守り、東京の街を守る仕事です。


まずは消防学校で半年間学び、知識や技術を学んでいきます。その後、消防署への配属となります。

【管轄する地域】
東京消防庁の管轄は、高層ビルや複雑な交通網、繁華街、過密な住宅地から、東京湾や山間部まで幅広く、多種多様な災害に対応しています。また、隣接する市町村や国内外からの救助要請にも対応していきます。

【手がける業務】
◎消火や救急、救助などの「災害対応」
◎建物への立入検査や火災の原因調査を行う「火災予防」
◎震災時の出火防止対策や初期消火活動を考察する「震災対策」
◎都民生活の安全確保や防災訓練等を行う「防火防災対策」
◎火災に関わる物件の検証を行う「技術改良・安全検証」
◎消防官の教育や専門性を高めるための教育を行う「教育・研修」

現在、約18,000名の職員が、それぞれのフィールドのなかプロフェッショナルとして活躍中。それぞれの部署が連携を図り、東京の安心・安全を守っています。

求める人材

日本国籍を有し、以下に該当する方  (年齢制限理由)雇用対策法 37条による


【平成29年度】実績
■専門系
昭和63年4月2日以降生まれの方で、大学(短大除く)卒業の方

■I類
昭和63年4月2日〜平成8年4月1日までに生まれた方/平成8年4月2日以降に生まれた方で、大学(短大除く)卒業の方

■II類
昭和63年4月2日〜平成10年4月1日までに生まれた方

■III類
平成8年4月2日〜平成12年4月1日までに生まれた方

※当庁HPまたは採用試験案内をご確認ください。

勤務地

東京都内(稲城市、島しょ地区を除く)

マイナビ転職の勤務地区分では…
東京都
勤務時間 ■毎日勤務 8時30分~17時15分 週38時間45分勤務で週休2日制
■交替制勤務 8時30分~翌8時40分 三部制勤務で、部ごとに勤務日と休みを交替。
3週間で1サイクル、1週間の平均勤務時間は38時間45分
給与

■消防官(専門系)
月給/約260,100円
■消防官(I・II類)
《I類》 月給/約252,100円
《II類》 月給/約231,700円
《III類》 月給/約212,700円

※この初任給は、平成29年1月1日現在の給料月額に、地域手当を加えたものです。
※学校卒業後に職歴等がある方は、一定の基準により加算される場合があります。

諸手当 期末・期勉手当、扶養手当、住居手当、通勤手当などの各種手当が条件に応じて支給されます。
休日・休暇 ■休日
・毎日勤務:週休2日制(土曜、日曜)及び祝日、年末年始
・交替制勤務:原則4週間で8日の週休
■休暇
年間20日の年次有給休暇
慶弔休暇、夏季休暇、妊娠出産休暇などもあります。
福利厚生 職員とその家族のため、クラブ活動等の福利厚生を充実させ、心身ともに健康な状態で毎日の仕事に従事できるようサポートしています。
また、消防学校での初任基礎教育課程を修了した単身職員が入居する単身待機宿舎は都内70ヵ所、家族を有する職員が入居する家族待機宿舎は都内160ヵ所に整備され、多くの職員が入居しています。

会社・仕事の魅力

消防施設や機械器具、財産の管理など総務全般の業務も行います。災害予防のための重要な役割を担います。

これまでの経験や知識を活かして、仕事ができます。

東京消防庁には、ご経験や学んできた知識を活かせる様々な業務があります。

例えば、建築の専門知識を活かして、
東京都内にある建造物の安全対策を推進し火災等の災害による被害を防ぐことや、
災害に強い消防庁舎の建設など、東京の安心・安全な街づくりに貢献できます。

ほかにも、法律、電気、通信、化学、物理、土木、機械など、
さまざまな専門知識や技術を活かすことができる幅広い業務があります。

会社情報

設立 1948(昭和23)年3月7日
資本金
事業内容 本庁及び各消防署で、都民の生命、身体及び財産を災害から守るため、主に次の業務を行います。

(1)火災等の防除・鎮圧、救助、救急等
 ※女性消防官については、毒劇物等に係る特殊な災害活動業務への従事制限があります。
(2)建物の安全指導、火災予防のための建物立入検査、危険物施設の安全対策、防火管理者の指導育成、火災原因調査等
(3)都民生活の安全確保、高齢者・障害者の安全確保、消防広報等
(4)消防車両・機器の整備等
(5)震災対策、防災訓練指導、消防水利の整備等
(6)その他消防行政に関する業務
本社所在地 東京都千代田区大手町1-3-5
消防で活かせる専門分野 大学等で専攻した専門分野を次のような業務に生かすことができます。

法律…消防行政にかかる訴訟関係事務
建築…防災都市の計画、消防庁舎の設計・施工監理
電気…電気関係設備の設計・施工監理、電気に起因した火災原因調査
電子・通信…優先・無線ネットワークシステムの企画・立案・設計、通信機器の保守、ICT関連業務
  化学…特殊災害における警防計画の作成、火災性状・燃焼現象の検証、危険物にかかる災害の検証
物理…特殊災害における警防計画の作成、火災性状・燃焼現象の検証
土木…震災対策の推進、防火水槽等の設計・施工監理、消防水利の整備
機械…消防車両の設計、機械設備の設計、消防装備に関する技術改良・検証
企業ホームページ http://www.tfd.metro.tokyo.jp/

取材後記(マイナビ転職編集部から)

 東京都民を守るという大きなやりがいを実感できる、またとないチャンス。ぜひチャレンジしてほしい。

“消防官の仕事”というと、消火、救急、救助のイメージが大きい。しかし、それ以外にもさまざまな業務があり、専門知識を生かす場面が多い。たとえば、新築物件の審査や指導を行うためには、建築などの専門知識が必要になる。また、担当する業務によっては、災害現場で安全を確保しながら効果的に活動していくために科学的見地に立った検証を実施。化学や物理の理論をベースに、さまざまな分析装置を活用した火災鑑定なども行っている。ほかにも電気、通信、土木、機械等の専門性が生かせる場面があり、これまで学んできた知識や経験を生かすことが可能だ。それ以外にも、消防技術安全所での技術改良や検証業務、本庁での施策立案業務など、活躍するための幅広いフィールドが整っている。一般企業から転身してチャレンジしている方も多く、昇任試験や選抜試験等の機会は全員に平等。消防官の任務は、あなたの財産ともいえる経験へとつながっていくはずだ。

応募方法

応募方法 ◆◇【インターネット】、【郵送】、【持参】にて受付をします。

※受付期間・採用試験(選考)に関する詳細は、東京消防庁のホームページをご確認ください。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/bsy/index.html

*応募の秘密厳守いたします。
*応募頂く個人情報は採用業務のみに利用し、他の目的での利用や第三者への譲渡・開示することはありません。
応募受付後の連絡 当庁ホームページまたは採用案内をご確認ください。

採用プロセス 2017(平成29)年度東京消防庁職員採用試験(選考)日程(実績)
■消防官
区分   一次試験日  /         二次試験日(体力検査、口述試験)          /合格発表
専門系  5月14日(日)/6月26日(月)、6月27日(火)                    /8月9日(水)
I類1回目 5月28日(日)/7月5日(水)〜7月7日(金)、10日(月)〜13日(木)の指定日       /8月4日(金)
I類2回目 8月27日(日)/10月10日(火)・10月11日(水)、10月12日(木)・10月13日(金)の指定日/11月28日(火)
II類       8月27日(日)/10月10日(火)・10月11日(水)、10月12日(木)・10月13日(金)の指定日/11月28日(火)
III類    9月10日(日)/11月14日(火)・11月15日(水)、11月16日(木)、11月17日(金)   /12月7日(木) 

各種情報を「東京消防庁採用情報サイト」で公開中です。併せてご確認願います。

問い合わせ先

東京消防庁

ホームページを見る
住所

〒 100-8119
東京都千代田区大手町1-3-5 【地図を見る】

採用担当  東京消防庁人事部人事課採用係
電話番号 0120-119-882
備考 【アクセス】
東京メトロ東西線『竹橋駅』4番出口より徒歩2分
東京メトロ東西線・半蔵門線・丸ノ内線・千代田線『大手町駅』C5番出口より徒歩4分
都営三田線『大手町駅』C5番出口より徒歩4分

※採用試験に関する質問は、当庁の採用フリーダイヤルにて受け付けています。
 採用フリーダイヤル:0120-119-882(平日の午前8時30分から午後5時15分まで)

応募を悩んでる方にオススメ

履歴書添削を申し込む

応募にあたり、プロフィールや職務経歴書を作る自信のない人にオススメのサービスです。
専任の転職MYコーチが、あなたのWEB履歴書を添削します。一度作成したWEB履歴書のデータは、求人に応募する際に呼び出して活用することができます!アドバイスをお届けするまで通常2〜5営業日(土日祝日を除く)をいただきます。ご利用回数は1回です。

応募に関するよくある質問

他の人は何社くらい応募していますか?
人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
なんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。また応募する際に気になることを企業へのメッセージ欄に記入するのもひとつの方法です。