転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

有限会社と株式会社の違いをやさしく解説! 働く人にとって差はあるの?

会社イメージ画像

「有限会社と株式会社って何が違うの?」「有限会社に転職しても大丈夫?」など、求人情報を見ていて疑問に思ったことはありませんか? 今回は有限会社とは何なのか、ほかの会社形態とどんな違いがあるのか、有限会社について分かりやすく解説します。

<INDEX>

有限会社とは?

「有限会社」とは、会社形態の1つで、「株式会社」や「合同会社」などと同様に法人格として使われます。

2006年5月の会社法施行以降、有限会社の新規設立ができなくなりました。それまでに設立された有限会社は、手続きをして株式会社に変更する、もしくは有限会社の性質を残した「特例有限会社」として存続する、のどちらかを選ぶこととなりました。

そのため、現在「有限会社」を名乗っているのは、2006年以前に設立され、会社法が施行されてからも「特例有限会社」として存続することを選択した企業となります。

もともとは有限会社だった「特例有限会社」ですが、現在の法律上は、株式会社の一種として扱われます。ただし、社名には「有限会社」を用いなければならない、株式会社では必須の決算公告の義務がないなど、有限会社としての特性を一部残しています。

有限会社と株式会社の違い

現在は、実質的に株式会社と同等と見なされている有限会社ですが、以前はそれぞれに明確な違いがありました。会社法施行以前の有限会社と株式会社、それぞれの特徴を見てみましょう。

●会社法施行以前の有限会社の特徴

  • 資本金:300万円以上
  • 社員数:50人以下
  • 役員の人数:取締役1名以上(任期は無制限)
  • 決算の公告義務:なし

●会社法施行以前の株式会社の特徴

  • 資本金:1,000万円以上
  • 社員数:制限なし
  • 役員の人数:取締役3名以上(任期は原則2年)、監査役1名以上
  • 決算の公告義務:あり(株主総会)

会社法施行以前、株式会社の設立には「資本金1,000万円以上」「取締役3名以上」など高いハードルがありました。その分、社員数の制限がないことで、事業を拡大し企業を大きく成長させていくことが可能というメリットも。

一方、有限会社は「資本金300万円以上」「取締役1名」で設立ができ、小規模に事業を始めやすいという特徴がありつつ、社員数は50人以下という制約から、企業規模を大きくしにくいというデメリットも存在していました。

そんななか、2006年に会社法が施行され、株式会社・有限会社を取り巻く状況が大きく変わることに。

●会社法施行による主な変更点

  • 最低資本金制度の撤廃
  • 会社設立に必要な役員の人数が「取締役1名以上」に改定
  • 株式会社と有限会社を統合し、1つの会社形態(株式会社)に

会社法の施行により、株式会社・有限会社共に定められていた最低資本金制度が撤廃され、「資本金1円」からの会社設立が可能に。同時に、会社設立時に必要な役員の人数は、企業規模にかかわらず「取締役1名以上」と定められました。

起業のハードルが格段に低くなったことで、もともと小規模企業向けに設けられていた有限会社の形態は不要となり、株式会社と有限会社が統合し、有限会社の新規設立はできなくなりました。

働くうえでの違いはある?

会社形態としての差が実質的になくなったとはいえ、有限会社と株式会社には決算公告義務、取締役の任期など、細かい制度に違いがあります。働く人にとっても、どのような違いがあるのか気になるところでしょう。

結論から言うと、制度上有限会社、株式会社どちらに転職しても、働くうえでの大きな違いはありません。

有限会社はもともと小規模組織を意識した会社形態でしたが、当時のまま家族経営や少人数経営をしている会社もあれば、特例有限会社への移行を機に、社員数の上限がなくなり企業規模を拡大した会社もあります。

一方、株式会社にもいわゆる大企業もあれば、代表取締役が1人のみの小さな会社も存在します。

転職するにあたっては、有限会社か株式会社かといった会社形態を気にするよりも、個々の企業で異なる社風や事業内容、労働条件などが自分に合っているか、という基準で会社選びをすることが大切です。

≫プロ直伝! 自分に合う社風の会社に転職するための見極め方8つと自己分析法

そのほかの会社形態にはどんなものがある?

株式会社、有限会社(現在は株式会社の一種)について紹介してきましたが、そのほかの会社形態として「持分会社」と総称されるものがあります。株式会社と持分会社の大きな違いは、「資金調達の方法」や「経営方法」です。

株式会社は、投資家(=株主)から資金を調達し、会社規模を大きくしていく会社形態です。会社自体は株主のものですが、実際の経営は役員が行います。

一方、持分会社は、特定の出資者から資金を集め、会社を運営します。出資者は利益配分や経営についての決定権を持ち、実際の業務にも携わります。

更に、持分会社には「合同会社」「合名会社」「合資会社」の3つの形態があり、それぞれ特徴が異なります。なかでも、出資者が「有限責任社員」か「無限責任社員」というのは明確な違いです。

有限責任とは、万が一会社が負債を抱えても、出資した額の範囲内でのみ債権者への支払い責任を負うことを示します。対して無限責任は、出資額にかかわらず、上限なく支払い責任を負うため、個人の資産を用いてでも返済を行なう必要があります。

持分会社それぞれの主な特徴は次のとおりです。

●合同会社の特徴

  • 設立コストが低い(資本金1円~
  • 出資者1名から設立可能
  • 原則社員全員が出資者兼経営者となる
  • 会社運営の自由度が高い
  • 有限責任社員のみで構成

●合名会社の特徴

  • 設立がコストが低い(資本金0円~
  • 出資者1名から設立可能
  • 原則社員全員が出資者兼経営者となる
  • 会社運営の自由度が高い
  • 株式会社や合同会社と比べメリットが少なく、知名度があまり高くない
  • 無限責任社員のみで構成

●合資会社の特徴

  • 設立がコストが低い(資本金0円~
  • 出資者2名から設立可能
  • 原則社員全員が出資者兼経営者となる
  • 会社運営の自由度が高い
  • 株式会社や合同会社と比べメリットが少なく、知名度があまり高くない
  • 有限責任社員と無限責任社員が最低1名ずつ必要

▼持分会社の違い

 合同会社合名会社合資会社
必要出資者数1人以上1人以上2人以上
資本金1円~0円~0円~
出資者構成有限責任社員のみ無限責任社員のみ有限責任社員と
無限責任社員

持分会社の社員とは出資者のことで、従業員として働く場合責任を負う必要はありません。そのため、無限責任社員のみの合名会社で「従業員として働く」場合は、負債の支払い責任を負いません。

まとめ

特例有限会社、株式会社の間に大きな違いはなくなっています。社名や会社形態にこだわるよりも、会社ごとの特色を見極め、どの会社が自分に適しているかを判断して転職する会社を選びましょう。

マイナビ転職 編集部

関連キーワード

あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド