転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

MR(医薬情報担当者)の仕事内容や年収は? 未経験からなれる? 仕事の魅力や厳しさとは?

会社イメージ画像

「製薬会社の営業職というイメージが強いMRですが、具体的にどんな仕事をしているのでしょうか? MRへの転職を考えるのであれば、MRの仕事について正しく理解しておくことは必要不可欠です。

そこで、実際に転職する前に知っておきたい仕事内容や求人募集のポイントなどについてご紹介します。

<INDEX>

MRとは? どんな仕事をする人?

MRとは

MRとは、Medical Representative(メディカル・リプレゼンタティブ)の略で、日本語では「医薬情報担当者」と呼ばれています。

MRは大きく2種類に分類されます。製薬会社に勤務し自社の医薬品を扱うMRと、MRを派遣する企業(CSO:医薬品販売業務受託機関)に所属して、複数の製薬会社の医薬品を扱うコントラクトMRです。

どちらも「医薬情報担当者」という言葉のとおり、医薬品そのものではなく「医薬品の情報」を扱うのですが、これがMRの最大の特徴です。

MRは一般的な営業職とは異なり、商品である医薬品を直接顧客(病院や薬局)に販売することはありません。また、医薬品の価格は「薬価」として国に定められているため、導入の便宜を図るために値引きをすることもできません。

医師や薬剤師などの医療関係者への情報提供を通して自社の医薬品の有用性を理解してもらい、採択を増やすことこそがMRの仕事なのです。

MRが情報提供を行った医薬品を医師が実際に処方したい場合は、MS(医薬品卸販売担当者)と呼ばれる医薬品専門の卸業者が各医療施設や調剤薬局へ医薬品を販売・流通します。MRが医療施設へ情報提供し、MSが販売することで、患者さんの手元に薬が届く仕組みになっています。

MRの仕事内容

医師をはじめとした医療従事者が求める医薬品の情報を正しく伝えることで、実際の処方につなげるのが、MRの仕事です。

しかし、たくさん処方してもらいたいからといって、効果など医薬品のいいところだけをアピールすればいいというわけではありません。

医薬品は人の命に関わるものであるため、医薬品の有効性はもちろんのこと、安全性や副作用情報、疾病に関わる最新情報など多岐にわたる情報を適切に提供する必要があります。

一方で、MRは営業職のため会社から一定の売り上げ目標を課せられているのも事実です。

目標を達成するためには、より多くの医療従事者に自社の医薬品の良さを理解してもらう必要があります。

そこで、MRは担当施設を一軒ずつ回り、医師らと頻繁にコミュニケーションを取りながら適切な情報提供を行います。これが最も基本的な仕事内容です。

そのほか、担当施設で自社の医薬品に関する説明会をしたり、担当地域の医療従事者を対象にした講演会を開催したりして、自社の医薬品を知ってもらう機会を企画することもあります。

MRになるために必要な条件は?

ここまでMRの役割や仕事内容について触れてきましたが、実際に転職するにあたって「どうすればMRになれるのか」は気になるところ。

ここからはMRになるために必要な条件についてご紹介します。

文系・理系関係なく、大卒以上の募集が多い傾向

医薬品を扱うというと、理系出身者が求められるイメージがありますが、実はMRとして働いている人の多くは文系出身です。したがって、MRに転職する際には文系理系を特に気にする必要ありません。

しかし、大卒以上の学歴が求められることが多いため、応募する際には注意して条件をチェックしましょう。

必要な資格

MRに転職するために必須である資格はありませんが、入社後はほとんどのMRが「MR認定試験」を受験します。MR認定試験は厚生労働省が認可する「MR認定センター」が毎年12月に実施しています。

厳密には資格がなくてもMRとして業務を行うことは可能ですが、MR認定試験の合格証を有していることは医師らとの信頼関係にも繋がるため、入社後は必ずと言っていいほど認定試験の勉強が必要になります。

薬理学などを学ぶため、文系出身の人は不安になるかもしれませんが、会社側も合格できるよう試験勉強の指導やフォローをしてくれるところが多いです。

また、MRは日常の営業活動において、車で病院などを訪問することが多いため、入社に伴って普通自動車免許が必須になる場合がほとんど。免許を持っていない人は、転職活動前に取得しておくほうがいいでしょう。

MRの求人への応募条件や待遇などの特徴

具体的にMRへの転職を考える場合は、転職サイトなどに掲載されているMRの求人情報の特徴をしっかりと確認しておく必要があります。

以下に、主なMRの求人情報から読み取れる応募条件や待遇などの特徴をまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

MR経験の有無
  • MR実務経験2年以上、MR認定資格保有者を求める企業が多い
  • MR未経験でも資格があれば応募可能の企業もある
初年度平均年収
  • 経験年数や学歴、スキルなどによって大きく異なるが20代で450~550万円程度、30代で700~800万円程度
  • 基本給に加えて、賞与、非課税の営業日当などがある場合が多い
  • 各社賞与の回数や計算方法、日当の金額が異なるため、平均年収にも幅がある
年間休日日数
  • 120日以上が多い
  • 土日・祝日休暇、年末年始や夏季休暇、年次有給休暇が充実している
第二新卒可否
  • 第二新卒歓迎の求人がある
  • 第二新卒歓迎でもMR認定資格やMR経験を求める会社が多いのでチェックが必要
学歴
  • 大卒以上が求められることが多い
  • 修士卒の場合は更に基本給が上乗せなど、優遇される傾向に
求められる人物像
  • 何事にも挑戦し、成長したいという意思のある人
  • 今よりもキャリアアップ、収入をアップしたいという上昇志向のある人

≫MR・MSなどメディカル営業の転職・求人情報はこちら

経験者が教えるMRという職種のやりがいや厳しさ

MRは営業職の中でも、非常に自由度の高い職業であるため、具体的な1日のスケジュールなどをイメージしづらいかもしれません。

そこで、MR経験者にMRのモデルスケジュールや仕事のやりがい・厳しさ、MRが向いている人の特徴などについて聞きました。

ある1日の流れ

時間業務内容
8:00~9:00卸業者であるMSを訪問し、担当施設の採用状況や処方動向について情報交換
9:00~12:00会社、もしくは外出先でメールチェック、社内書類の処理、会議など
12:00~14:00担当医療施設を訪問
14:00~15:00昼食
15:00~19:00担当医療施設を訪問
19:00~20:00帰社して社員や上司に活動報告と情報共有、もしくは直帰

担当施設の訪問可能時間や、直行直帰が可能な会社かによってスケジュールは変わってきますが、MRの1日の流れはだいたいこのようになっています。

医療施設を訪問して情報提供を行うだけがMRの仕事ではなく、最新の医療情報をチェックしたり、医師らから質問をもらえばその回答を調べて用意したりするなど、やるべき業務はさまざまです。

MRという仕事のやりがい

MRの顧客は、国家資格である医師国家試験や薬剤師国家試験などを突破した医療のプロフェッショナルです。

知識も経験も豊富な相手と、いかに信頼関係を構築して自社の医薬品を処方したいと思ってもらえるか、というところがMRのやりがいの一つであると言えます。

また、MRは直接患者さんからお礼を言われることはありませんが、自分が頑張ることにより病気で苦しむ患者さんが救われ、最終的には担当する地域の医療に貢献できる仕事です。

「自分達の仕事が、誰かの役に立っている」と感じることができるのも、MRという仕事のやりがいと言えるでしょう。

MRの仕事の厳しさ

MRは個人の裁量が大きい仕事である一方、営業として売り上げ目標を達成することが求められる仕事でもあります。

つまり、どれだけ頑張っていても数字として成果が見えなければ、「仕事をしているのか?」と思われてしまう厳しさがあります。自分の頑張りを正確に評価してもらうためにも、常日頃から活動報告や担当施設の課題などについて、上司と共有しておくことが重要と言えるでしょう。

また、医療は日々進歩しており、新しい薬もどんどん開発されていくため、MRは常に最新情報にアンテナを張っておく必要があります。

自ら貪欲に知識や情報を求める姿勢が無くては、医療のプロからは相手にされない可能性もあるため、注意しましょう。

MRとして活躍しやすい人の特徴

成果を出した分だけ報酬を得ることができるというのがMRという職業です。

できるだけ多くの施設を訪問したり、情報収集をしたりするなど行動力がある人は、MRに向いていると言えるでしょう。

しかし、単に売り上げを達成するために医療施設を訪問しているだけでは、長期的な成果を上げることは難しいです。

「あの先生にはどんな話題を提供したらお役に立てるか?」「担当施設が抱える課題は何だろう?」というように、自社の医薬品が医師や医療施設、ひいては地域医療に対してどんな役に立てるだろうか、と多角的な視点で物事を考えられる人であるほうが、MRとして成功しやすい傾向があります。

また、ほとんどの製薬会社では個人の営業成績を順位付けし、優秀なMRを表彰したり、インセンティブを与えたりすることも。

そのため、順位や数字にこだわりがある負けず嫌いな人も、仕事を頑張るモチベーションになるので、MRとして活躍しやすいと言えるでしょう。

未経験からMRになるための転職活動のポイント

MRが扱う医薬情報は専門性の高い領域であるため、なかなか未経験からの入社は難しいと言えます。しかし、可能性がゼロというわけではありません。

MRという仕事には、医療や疾病、医薬品に関する専門知識と、医療に貢献するという強い使命感が必要です。

同時に、営業としての強い目標達成意識や行動力、そして、医師や医療関係者と信頼関係を構築できる高いコミュニケーションスキルなど幅広い能力も求められます。前職が医療とは関係ない分野であっても、例えば営業の経験があるのであれば、ぜひ面接や履歴書でアピールしましょう。

その際、具体的にどのような成果を上げたのか、当時の経験をどのようにMRに生かせるのかを明確にしておくと、採用側もイメージしやすいのでおすすめです。もちろん、薬剤師など医療関連の資格を持っている場合は、基礎知識があるのでMRへの転職については有利と言えるでしょう。

大手製薬会社はMR経験や認定資格を必須としているところが多いですが、後発品メーカーや中小の製薬会社の場合は時期によって未経験を受け入れていることもあります。

ご自身の資格や経験、そしてMRになりたいという強い意志を武器にして、MRへの転職に挑戦してみてはいかがでしょうか?

≫メディカル営業(MR・MS・その他)の職務経歴書の書き方マニュアル

マイナビ転職 編集部

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。