転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

「退社」は誤解を生みやすい? 退職、帰社、退勤との使い分け方を解説【例文あり】

電話応対イメージ画像

「オフィスの電話を取り次ごうとしたら、担当者がすでに帰宅していた」というのはよくある状況です。この場合「帰宅したこと」を伝えるのは「退社」でよいのでしょうか?

この記事では「退社」や「退勤」「帰社」など、似た言葉や使い方について、例文を添えてご紹介します。

電話応対に不安がある人や、転職活動を始めるにあたり「退社」「退職」など用語の使い方を確認しておきたい人は、ぜひ参考にしてください。

<INDEX>

「退社」の意味は2つある

会社を辞める

退社には「勤務している会社を退職する」という意味があります。この場合の「退社」の対義語は「入社」です。

業務を終え、会社を出た

退社には「その日の仕事を終えて会社から退出する」という意味もあります。この場合の「退社」の対義語は「出社」です。

自分で「退社」を使う場合、2つの意味のうちどちらを伝えたいのか分かりづらい言葉であることを踏まえて、言葉を補足する配慮が大切です。

意を決して上司などに「退社したい」と声を掛けたにもかかわらず「今日は退社する=帰宅する」と誤解されて「了解! 1日お疲れさま!」と言われてしまっては困ります。

「実は転職を考えていて、新しい勤務先から内定をもらっています。つきましては、急なお願いとなり大変恐縮ですが、●月末日をもって退社できますでしょうか」のように、事情をはっきり伝えることが重要です。

「退社」と紛らわしい言葉まとめ

「退社」には似た意味の言葉が多く、電話応対や転職活動を始める際、どのように使い分ければよいか不安に感じる場合があります。ここでは、「退社」と似た5つの用語の意味を解説します。

退職

退職は勤めている会社を辞めることであり、人事用語では「会社と従業員の雇用関係が終了する」という意味があります。自分の意思で会社を退職する場合は「退社」ではなく、「退職」を使うのが一般的です。

「定年退職」や「契約期間の終了」についても「退職」ですが、会社側から雇用契約を解除された場合は「解雇」という表現を使います。

離職

離職は退職や失業などで「職務から離れる」という意味ですが、「離職中は、資格試験の勉強をしていた」「家庭の事情により離職中です」など、仕事を辞めているという意味でも使われます。

辞職

「辞職願い(辞表)」のように、自分が就いていた仕事を自分の意思で辞めるという意味があります。「辞職」は「内閣総辞職」「社長が責任をとって辞職する」のように役員以上など一定以上の職責を持った人が仕事を辞める場合に使われる傾向があります。

一般の会社員が会社を辞める場合は「辞職」ではなく「退職」を使うことが一般的です。

帰社

「外回りの営業から帰社する」「外出中ですので、帰社次第折り返します」のように、外出先から会社に戻ることを意味する言葉です。「帰社」の対義語は「出社」であり家から会社に向かうことですが、帰社は会社から家に帰る場合には用いません。会社に戻る表現であることに注意しましょう。

退勤

「本日の退勤時間は17時でした」「退勤時間を勤怠管理システムに入力する」のように、「退勤」は仕事が終わって、勤め先から退出する意味で使われます。「退勤」の対義語は「出勤」であり勤怠に関わる用語として使われるケースが多くみられます。

「退社」「退職」などの紛らわしい言葉の使い方【例文】

ここまでご紹介した紛らわしい「退社」「退職」などの表現をビジネスシーンでどのように使うのか、例文でご紹介します。

(1)電話で同僚が「帰宅」したことを伝えたい場合

電話応対をする際は「今日は帰ったけれど、明日は出社する」ことが分かるような表現を添えると「仕事を辞めてしまった」という誤解が生じにくいです。

  1. :「本日はすでに退社しております。明日は●●時に出社の予定です。」
  2. :「恐れ入りますが、本日●●は失礼させていただきました。」
  3. :「本日は退勤いたしましたので、明日●●が出勤次第、折り返しご連絡差し上げてもよろしいでしょうか。」

「退社」は「失礼しております」「退勤いたしました」のように、別の表現に言い換えが可能です。また、ビジネスマナーとして、不在を告げた後に折り返して構わないか確認しておくと、より親切だと言えます。

なお、「●●はすでに帰宅しております。」も正しい表現ですが、家に帰るという私的な様子が強調されてしまうため、前に紹介した例文に比べるとあまりビジネス向きではない表現です。

(2)電話で同僚が「会社を辞めた」ことを伝えたい場合

会社を辞める際は取引先にあいさつをするのがマナーです。連絡の行き違いの可能性もありますが、同僚が会社を辞めたことが取引先に伝わっていない場合は、自社の不備と捉えて応答する姿勢が大切です。

  1. :「お知らせが行き届かず申し訳ございません。●●はすでに退社しております。」
  2. :「大変恐縮ではございますが、●●は先月をもって退職いたしました。」

仕事で使える! シチュエーション別使い分け表

この記事で説明した「退社」に関連した紛らわしい言葉の使い方を、シチュエーションごとに表にしてご紹介します。電話応対時の言い回しに困ったら、下記の表でチェックしましょう。

シチュエーション用語例文
帰宅を伝えたい退社本日は退社いたしました。
---本日はすでに失礼させていただきました。
退勤本日は退勤いたしました。
辞めたことを伝えたい退社●月末で退社いたしました。
退職●●は●月●日付けで退職しております。
外出先から戻ることを伝えたい帰社●時に帰社予定です。
帰宅予定を伝えたい退勤本日は●時に退勤予定です。
退社本日は●時に退社予定です。

転職活動では「退社」「退職」どちらを使うべき?

転職活動では履歴書や職務経歴書を書いたり面接をしたりと、仕事を辞めたことを表現する場面が複数あります。

「退社」「転職」はどちらを使用しても間違いではありませんが、履歴書や面接では「退職」を使うことが多い傾向があります。ここまでご紹介したとおり「退社」には「(今日の)業務を終えた」という意味もあるので、混同しないように使い分けが必要です。

なお、公務員が辞める時は「会社を辞める」わけではないため、「退社」は使わず、「退職」などを使う必要があります。

転職の際は、正しい言葉を使いこなすのはもちろん、履歴書の書き方や面接についての進め方を知っておくことも大切です。以下の記事もぜひ参考にしてください。

≫履歴書の書き方マニュアル完全版! 履歴書の見本(サンプル)・作成方法
≫面接でよくある質問の回答50例

マイナビ転職 編集部

あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド